ストレッチコードを使ったキックのトレーニング | 今井亮介でよかろうもん!!Ryosuke Imai's Blog

今井亮介でよかろうもん!!Ryosuke Imai's Blog

Ryosuke Imai expresses in English and Japanese 株式会社ワンダーイヤーズ代表のブログ 英語/日本語


テーマ:
オフ中の練習、木曜日はこんな感じの練習をしました。

swim 1 x 300 on 4'00 choice
swim 2 x (25 + 50 + 75 + 100) on 0'30 base 25 = fly 50 = back 75 =
breast 100 = IM

kick 4 x 30 sec. breast w/ techboard tubing resisted
kick 4 x 100 on 2'00 breast 50 3kicks1pull/ 50 2kicks1pull

pull 4 x 50 on 1'00 breast w/ fins & paddles &snorkel pull w/ dolphin kick
pull 4 x 50 on 1'00 breast w/ fins & paddles pull w/ dolphin kick
pull 4 x 25 on 0'30 breast w/ fins & paddles pull w/ flutter kick

swim 1 x 50 on 2'00 free easy

swim 8 x 25 on 0'45 breast variable sprint
1 & 5 = build to fast 2 & 6 = first 3 cycles fast 3 & 7 easy 4 & 8 all out

tubing 4 x 25 breast assisted
1 & 2 = streamlining 3 = 2kicks1pull 4 = swim

total 2050 + tubing

キックをロングベルトスライダーを使ってトレーニングをしましたが、後ろから引っ張られる分、脚が水を捉える感覚を得やすいです。

また、無理して25mに到達しようとして、テンポを上げたり膝を折ったり、必要以上に開いて抵抗を作ってゴムの張力による後退を止めてしまうと、スイムの時は推進の妨げになる、実践で使えないキックになってしまうので、

キックを打ってグライド局面になるまではしっかり推進力を得て、グライド局面から脚の引き付けまでは引っ張られて後退する(=無駄な抵抗がない)を意識して蹴ってます。




こういったキックの練習では抵抗を作って楽をすることができる分、本人の自覚がすごく大事になりますよね。

水の中で効率の良いトレーニングするってことは、奥が深いなとつくづくと思います。


セラロールのお問い合わせは: スイムファステストまでお願い致します!!

今井亮介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります