調理師メンタルヘルスプロ・片山晃希

日本推進カウンセラー協会認定

認知行動療法士

メンタルトレーナー

心理カウンセラー

脳活性トレーナー片山晃希です。


食パンについてお悩みの方はご相談下さい。


メッセージでご連絡くださいお待ちしています。


相談は認知行動療法・脳活性トレーニングを活用しています。


認知行動療法は、

考え方に働きかけて気持ちを楽にする療法であり、

2010年に厚生労働省が効果を認めた精神療法です。


考え方に働きかけ、気持ちを楽にしていきます。


東京新宿のハートフルライフカウンセラー学院 で学びました。

  • 23Dec
    • 脳活性料理「マグロの3種盛り」 produced by KATAYAMA

      ・材料・左のマグロ炙り・マグロ・オリーブオイル・ブラックペッパー・真ん中マグロのタルタル・マグロ・アボカド・わさび・醤油・右マグロのロール・マグロ・豆苗・マヨネーズ・醤油・ごま油・作り方①マグロ炙りはフライパンにマグロをかるくやいてスライスしてオリーブ油、塩、ブラックペッパーでもりつける。②マグロのタルタルはマグロとアボカドは5ミリかくに切り、わさびと醤油であじをつけセルクルに詰めて最後にディルを飾る。③マグロロールはまぐろを薄く切り三枚横に並べ豆苗とマグロを巻いていく。マヨネーズと醤油を合わせて一緒にもり上からごま油をかけて完成。※今回はマグロ料理です。脳活性に必要な成分が含まれているマグロ、アボカド、醤油、マヨネーズを使用しています。お刺身だけで食べるだけでなくちょっとだけひとくふうに仕上げました。

      6
      テーマ:
  • 18Nov
    • 食事療法トレーナー養成講座・講師デビュー

      11月3日に食事療法トレーナー養成講座の講師を担当させていただきました。内容は、脳活性に必要な栄養素や食材の説明、脳活性運動、脳活性に必要な食材を使った一品料理のクッキング。今回は、ご自宅で手軽に出来るトマトとアボカドの冷製パスタを作りました。受講生の皆さんからは、「美味しい」「キレイ」「野菜が沢山とれる」「家でも作ってみたい」などの感想をいただきました。デビューだったので緊張しましたが、とてもいい経験になり、今後も講師の仕事をしていきたいと思います。ブログも更新していきますので応援宜しくお願いします。食事療法トレーナー養成講座はこちらをクリックしてご覧いただけます。

      5
      テーマ:
  • 04Oct
    • 脳活性料理「ラムチョップマスタードソース」produced by KATAYA

      ・材料・ラムチョップ・じゃがいも・ベビーリーフ「ソース」・赤ワイン150CC・市販フォンドヴォー30㌘・マスタード・塩.黒胡椒・作り方①ラムチョップを塩胡椒で強めに下味オリーブオイルとローズマリーで8時間つけて両面に弱火で焼いていく。②じゃがいもは一口サイズに切りフライパンで焼き色をつける。③①の肉だけ取りだし赤ワインを入れるアルコールを飛ばしフォンドボーを入れるマスタードはお好みと塩、強めに黒胡椒で味をつけてベビーリーフと②をお皿に盛る。※今回は羊です。くせが強いですがとても美味しいです。市販のフォンドヴォーに脳活性に効果があるニンニクや肉が入っています実際にメインで肉も使っており炭水化物ではじゃがいも使用しています。お肉の下味塩は強めに、ソースは黒胡椒を強めにピリッとしたソースにしあげます。

      1
      テーマ:
  • 31Aug
    • 脳活性料理「洋風天ぷら」produced by KATAYA

      ・材料・赤.黄パプリカ2分の①・じゃがいも 1個・イタリアンパセリ・白ごま・天ぷら粉・作りかた①パプリカ.じゃがいもは棒状にスライスパセリは2㎝角にきる②天ぷら粉を水でといたら①とごまを入れて170度の油で天ぷらリングにいれて揚げていく。※今回はオリジナル天ぷらです。脳活性に必要成分を含んでる、ごま、パプリカ、じゃがいもを使用しました。パプリカの甘味にじゃがいもの、ホクホクかんに、イタリアンパセリの風味がたのしめます!

      1
      テーマ:
  • 29Jun
    • 脳活性料理「鰹とアボカドのカルパッチョ」produced by KATAYAMA

      ・材料・鰹・アボカド・ネギ・大葉・みょうが・作り方①鰹とアボカドは一口サイズにきり交互に並べる②ネギと大葉とみょうがは千切りにして混ぜてもる。※鰹とアボカドには脳活性に必要な成分が含まれています。今暑くなってきてますのでさっぱり食べれる一品にしてみました。

      2
      テーマ:
  • 02Jun
    • 脳活性料理「さつまいものニョッキ」 produced by KATAYAMA

      ・材料・さつまいも250㌘・小麦粉 70㌘・卵黄 1個・しめじ 4分の①・マッシュルーム 3個・生クリーム・バター ・作り方①さつまいもを皮をむきレンジに入れる。潰せるくらいまで。小麦粉.卵黄.さつまいも.塩を少々いれよく混ぜる固さは耳たぶくらいの固さにする。食べやすい大きさに丸めてフォークで押す。②①を沸騰したお湯にいれ浮いてきたらお好みの固さに1から2分茹でる。③ソースはバターとオリーブオイルをいれスライスしたマッシュルームとしめじをよく炒め生クリームをかるく浸る程度いれる。塩こしょうで味を整えて盛りつけて完成です。※脳活性の食材を使いニョッキを作りました。さつまいもの甘さとキノコのクリームがとてもあいます。手軽に作れるので食べるだけではなくお子さんなどと一緒に作るのも楽しいとおもいます!

      1
      テーマ:
  • 04May
    • 脳活性料理「じゃがいもの春巻き」produced by KATAYAMA

      ・材料・春巻の皮・じゃがいも 1個・たまねぎ 4分の1・アンチョビチューブ・ニンニク ・作り方①じゃがいもを茹でて潰す。フライパンを温め油でみじん切りにしたニンニクを香りがでるまで炒めみじん切りにしたたまねぎを加える塩こしょうで味を整える。じゃがいもと炒めたたまねぎを混ぜてそこにアンチョビを加える。②①を春巻の皮の中心に広げて巻いていくフライパンに油を加え色がつくまで焼いていく。※今回も春巻の皮を使った料理です。脳活性に良い食材を使いとてもシンプルですが食べがいのある1品です。中にパセリやパプリカなどいれても美味しいと思います。

      3
      テーマ:
  • 27Apr
    • 脳活性料理「スモークサーモンのパスタ」produced by KATAYAMA

      ・材料・パスタ 100㌘・牛乳 100ミリリットル・スモークサーモン60㌘・しめじ・バター・たまねぎ4分の1・ニンニク 1欠片 ・作り方①オリーブオイルにニンニクをいれ香りがでるまで炒める次にスライスした、たまねぎと.しめじをいれ塩を少々してしんなりするまで炒める②たっぷりのお湯に大さじ1の塩をいれパスタを茹でる。この間に①にスモークサーモンを30㌘いれほぐし牛乳を入れる。このときにパスタの茹でじるを少し入れ5分くらい煮詰める。③バターをいれ茹であがったパスタを入れ塩こしょうで味を整える。残りのスモークサーモンを飾り完成。※今回はパスタです生クリームは値段が、高いので余った牛乳で手軽にに出来る脳活性料理にしました。

      1
      テーマ:
  • 16Mar
    • 脳活性料理「マグロとアボカドのサラダ」 produced by KATAYAMA

      ・材料・マグロ ・アボカド 2分の1・たまねぎ 4分の1・作り方①たまねぎはスライスして水にさらす。②アボカドは一口サイズにスライスマグロは両面中に火が入らないように色をつける。一口サイズに切る。③たまねぎの水をきり皿の上に盛り交互にアボカドとマグロを盛り付ける。※アボカドとマグロにはそれぞれ脳活性の働きに必要な成分が含まれています。今回は手軽に出来て食材をあまり使わずに出来るシンプルな料理にしました。味付けではマヨネーズとクレームバルサミコを使いました。

      テーマ:
  • 04Mar
    • 脳活性料理「マチェドニア」produced by KATAYAMA

      ・材料・バナナ 2分の1本・リンゴ 4分の1個・キウイ 1個・イチゴ 4個 ・オレンジ 1個・ブルーベリー 6個・レモン・ミント ・作り方①バナナ.リンゴ「皮のまま」.キウイ.イチゴ.1㌢の角切りにする。オレンジは周りの皮を切り果肉を取り出す。オレンジの汁は搾って上記の果物と一緒にボールに入れる。②①とブルーベリーをあわせたらレモンを搾り皮はみじん切りにする。③全てあわせたら入れ物に盛りミントなどで飾りをする。粉糖なども入れてもよい。※今回はフルーツを使った1品です。バナナには脳活性に良い成分が全て含まれており、リンゴには炭水化物、他のフルーツにもビタミンなどはいっています。少し白ワインやライムの皮などいれるのもオススメです。私のこの1品ではサイダーがはいっており学生の時に食べたフルーツポンチをイメージしてみました。

      3
      テーマ:
  • 17Feb
    • 脳活性料理 <魚介とトマトのパスタ> produced by KATAYAMA

      ・材料・パスタ 200㌘・トマト 1個 ・タコ・マグロ・ベビーリーフ・白ワイン1・ニンニク 1つ・フレッシュタイム 1本・とうがらし 1本・オリーブオイル ・作り方まず2㍑の水を大さじ2塩を入れ沸騰させてパスタを入れる。①オリーブオイルにニンニクとうがらしタイムをいれる香りがでてきたらマグロ。両面いろをつけて取り出す。今回はタコはさっと炒めてから①に、はいりました。②①にトマトを一口サイズにきりいれるパスタの湯で汁も入れ5分煮込むパスタは湯で時間の2分前くらいまえにとりだし絡めて完成。※タコはさっと炒めないとかたくなってしまいます。今回はパスタ料理にしました。マグロには脳活性に必要なトリプトファンビタミンB6がはいっており炭水化物ではパスタを使用しました。今日紹介したパスタはハーブを使っており鼻から抜ける香りも楽しめると思います。また、タイムが余ったらオリーブオイルとニンニクを入れ加熱し保存しとくと便利なオイルになるので是非作ってみてください!

      6
      テーマ:
topbanner

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス