昨日23日、ねとらぼより【 パイロットは化物か……!? 予想外すぎる場所に着陸した「ドクターヘリ」が目撃される 「神業」「変態テク」と話題に 】との報道がありました!/( ̄へ ̄)




パイロットは化物か……!? 予想外すぎる場所に着陸した「ドクターヘリ」が目撃される 「神業」「変態テク」と話題に


素人が見てもわかるすごさ。


2019年5月23日


ねとらぼ


予想外すぎる場所に着陸した「ドクターヘリ」が目撃され、現場の様子を捉えた写真がTwitter上で大きな注目を集めていました。


ドクターヘリは交通アクセスの悪い地域などで活躍する医療設備を搭載したヘリコプター。通常はヘリポートなど、十分なスペースと強度がある場所で離発着するものですが、このドクターヘリが着陸している場所はなんと橋の上。それも車が行き交えるような広い橋ではなく、普通車1台が通れる程度の幅しかない橋です。


左右にスペースを残しつつ、しっかりと橋の中央に着陸しているドクターヘリ。この素人が見てもすごいとわかる光景はTwitterに投稿されると大きな注目を集めることになり、1万7000回以上もリツイートされ、4万件以上のいいねを獲得。「脱帽ものの操縦テクニック」「良い腕だ」「合成された画像かと思った」と、パイロットの操縦技術に対する称賛や驚きの声が寄せられています。


写真を公開したTwitterユーザーの長月ぽっぷ(@a_brave_club501)さんによると、撮影した場所は山梨県甲府市の某所。私用で通りがかった時に偶然見かけたそうで、しばらく様子を見ていたそうです。





数分後には離陸していったそうで、飛び立っていく様子を捉えた写真も公開しています。


多くのドクターヘリには傷病者をストレッチャーに寝かせたまま乗せるために、キャビン後方に観音開き式のハッチが設置されています。今回のような左右のスペースが限られている場所でも、着陸時の向きを間違えなければ問題なく対応できるように設計されています。


また、この橋は各都道府県が定めた要綱を元に、ドクターヘリを円滑に運用するために設置される運航調整委員会で、関係機関の話し合いによって決められる「ランデブーポイント」の1つで、山梨県内には約400カ所のランデブーポイントが設定されているそうです。



との事です。


なを、詳しくは下記のURLから各自で確認をお願いします↓


https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1905/23/news124.html