絵本を読みましょう

テーマ:
9月音譜は、長男が生まれた月で、この夏の暑さと秋の清々しさが、1日のうちに交互に感じる季節は、初めての子育てが始まって、オロオロしていた新米ママの頃を思い出します

不定期に、なんの理由かわからずに泣く赤ちゃんを、どうしようか
と、日々、途方に暮れていました

手伝いに来てくれていた母が、『とりあえず、暑くないか、寒くないか、オムツは大丈夫か、おなかがすいてないかを考えたらいいのよ』と、アドバイスしてくれましたが、理論と実践はなかなか、一致しない、、、

と、いうことで、なんだかよくわからないけど、絵本を読んであげようと思い立ちました

《絵本を読む》ことの学習的効果は、なかなかのものです。今回、絵本のことをまとめて、『週刊朝日』に載せていただきました

オススメの100冊も載せております‼️

ぜひ参考にしていただけたらと、思います。
本日発売のようです。

表紙はこれです
{36E0FFE2-D7DC-447B-B3E5-6396195C669C}

松潤、、かっこいいですね
まっ、それは、おいといて

中の記事です
{2BA6DCE1-4AE5-4C38-A4ED-33D14B2B27BE}



私は、一人につき一万冊を読んだのですが、そこで皆さん、思いっきり、引いてしまわないでください


絵本を読むことには、お母さんにもすごくいいことがあります

①読むだけなので、動かなくてもいい。
お腹の大きい時などは、ラク

②雨の日に、公園に行かなくていい。
《お外で遊ぶー!》とか、言われたら、しんどいでしょ?

③子供たちがみんな、静かになる

④子供が走り回らないので、危なくない

⑤やはり、文学に触れるので賢くなります

とにかく、下の小さな子を抱えて、お兄ちゃんを遊ばせるのは、大変
絵本を読みまくって、おやつをあげたら、すぐ、お昼寝して、少しお母さんは休める

ねっ、いいことだらけでしょ?!