巷のフリー雀荘では、ポン・チー、リーチなどをしようと発声したけど、取り消すことが出来るルールがある。

大体の店は、発声して打牌する前であれば1000点で取り消せるというのが多いと思う。

さて、題名の話に入る前に、ポンやチーの取り消しについても考えてみたい。

ポンやチー、発声→晒す→打牌→取牌という順序でやるとして、発声だけならほとんどの所が取り消せると思うのだけど、晒した後に取り消すことは出来るのだろうか?

チーはともかく、ポンなんて晒したら1つの種類の牌のありかがわかってしまうから、他者に対してそれなりに影響がある気がする。全部で4枚見えてノーチャンスになりうることもある。まぁ、ポンしても見えるので変わらないと言えば変わらないのかもしれないけど。

 

で、本題に入ろう。手牌に槓子が出来て、カンと発声したら取り消すことは出来るのだろうか?そして、発声して晒した後も取り消すことは出来るのだろうか?

もっと言えば、4枚晒した時にカンドラがめくられて、その時に嶺上牌をツモる前なら取り消せるのだろうか?

打牌前なら取り消せるというルールであれば、カンドラがめくられた時点でも取り消すことが出来てもおかしくない気がする。

けど、それが出来てしまうと、他者のポンしてる牌がもろ乗りした時などに取り消せてしまうので、それはおかしなことになってしまう。

そもそも、ルール説明の時にポンやチー、リーチの取り消しについては書いてあるところが多いけど、カンについては書いてないよね。

カンも、ポンやチーに準ずるのだろうか?

 

どこまでなら取り消せるんだろうね。