麻雀プロの定義とは?

テーマ:

某福地さんのブログにあったので、自分なりの考えなどをちょっと書いてみようかなと。

 

プロ、正しく言うとプロフェッショナル。意味としては専門家・本職みたいなことらしい。

では、今いる麻雀プロで専門家と言えるほどの知識を持っていて麻雀で生活している人ってどれくらいいるのだろうか?

麻雀を打ってるだけのプロだったら結構な数はいるだろう。ただ、知識を持ってるプロはどれくらいいるのだろうか?

まぁ、知識があると言ってもなにをもって知識があるというのかの線引きが難しいけどね。

まぁ、点数計算の仕組みくらいは知ってないとダメかなぁ。

 

と、まずはプロの意味みたいなことを書いたけど、実際のイメージとしては素人(アマチュア)と対戦してもほとんど負けないのがプロであるとも言えると思う。

(ほとんどと言うのは、プロに近いアマチュアとプロの中でもレベルが低い人と対戦するとアマチュアが勝つこともあるので)

だけど、麻雀に関してはこれが本当に厄介な所である。麻雀という競技の性質上、運の要素の方が多いから、アマチュアでもプロに勝つことが普通にある。それと、4人で打つ競技なので、AさんがBさんとCさんには放銃するのだけど、Dさんには放銃しないで、Aさんが親番の時に高い手をツモりあがってDさんが不運のラスとかも普通にあったりする。

だから、強いと言われる人でも普通に負けることもある。

極端な話、自分が多井p、村上p、たろうpと半荘4回勝負くらいだったら勝つこともあるのだ。

 

なので、結論を言うと、麻雀プロに定義などないのだと自分は思う。いや、ないと言うか曖昧だと言った方が正解かもしれない。

プロ団体と言われるところに所属してる人、Mリーガー、雀荘でメンバーをやってる人、麻雀教室で教えてる講師、どれもプロと言えばプロだし、プロでないと言えばプロでないのかなと。

 

そして、他の競技と違って、プロであるならアマチュアよりも強くなければいけないというのも違うしね。

これもまた、麻雀の強さっていうのも人によって考え方が違うしね。

素人以下なのにプロと名乗ってるのもいるしね・・・・。

おっと、誰か来たようだ