強打はそんなに悪なのか?

テーマ:

ここ最近というか、定期的に放送対局での文句に強打をやめろ、強打をやめさせろみたいなコメントを見る。Twitterでも強打はダメだみたいなことを言ってる人も見かける。

自分はどうしてもこれが許せないというか納得いかない。

 

そもそも、巷のフリー雀荘で強打がダメな理由とはなんだろう?

まずは、不快に思う人がいるということ。自分なんかはあまり気にならないけど、嫌だって人もいる。フリー雀荘はいろんなお客さんが打つため、少しでも不快と思われる行為はできるだけ排除しようとする。これは当然の行為だろう。

次に、牌にひびが入ったり、卓の故障を防ぐためにというのもあると思う。

 

で、牌が割れたり卓が故障してもかまわくて、強打がOKという場があった場合、それでも強打はダメなのだろうか?自分はそうは思わない。

自分は放送対局での強打は戦ってる感じがして好きな方だ。とはいえ、強打が嫌いという人の気持ちもわからなくはない。

 

問題は、認められてる場所に対してダメだと決めつけてやめろというのがどうかと思う。

巷のフリー雀荘の価値観を特別な場所の放送対局に押し付けるなって思う。

フランス料理店に通う客が、ラーメン屋でラーメン食べてる人を見て、「音を立ててスープを飲むな」って言ってるのと同じようなものだと自分は思う。フランス料理に限らず、洋食のスープを飲む時に音を立てて飲むのはマナーが悪い、行儀が良くないとされている。

でも、ラーメン屋ではそれが普通で当たり前なのだ。

 

麻雀は各行為にたいして、気になる人、気にならない人がいる。例えば、自分なんかは(全自動配牌で)親以外の人が勝手にスタートボタンを押して山を上げるという行為が本当に嫌いだ。でも、それを気にしない人も多数いるだろう。むしろ、スピードアップで良いと思ってる人もいるかもしれない。

牌を倒す前や、倒しながら点数を言う人もあまり好きになれない。

だからといって、それをやめろとは絶対に言わない。前者のスタートボタンに対しては店のメンバーが率先してやるような所だったらもう二度と行かないだけだしね。

 

もうだいぶ前だが、都内の高島平というところの雀荘に行った時、ルール説明の時に「先ツモがありです。ただし、先ツモした時はロン、ポン、チー、カンなどができません」と言われた。実際に卓につくと先ツモするもいた。

先ツモ、自分はあまり好きではないけど、場が認めてる以上はやめろとは絶対に言えない。言ったらお前が帰れと言われるだけだろう。

 

全自動配牌での放送対局なんて全く見る気がしない。でも、だからといって「サイコロ振ってやれ」みたいなことは言わない。嫌だから見ないだけだ。

 

自分の気に入らないものは排除するっていう考えって、すごく危険なんだけどね。これは麻雀に限ったはなしではないけど。

 

最後にもう一度言うけど、別に好き嫌いはあっても良いと思う。強打が見苦しくて嫌いでもそれは構わない。ただ、それが認められてる場所にやめろと言う価値観の押し付けは良くないと自分は思う。

 

あ、ただ一つだけ大事なのは、放送対局で打ってるプロが見てる人達に、「巷の雀荘での強打はトラブルの元になるのでやめましょう」というアナウンスはするべきだと思う。