ツール・ド・三陸 2017 | 日向涼子オフィシャルブログ Powered by Ameba

日向涼子オフィシャルブログ Powered by Ameba

日向涼子オフィシャルブログ Powered by Ameba

おはようございます。

台湾の翌日は岩手県陸前高田市へ!

前日は試走と前夜祭。

いろんな人から、
「台湾の疲れが残ってないですか?」と聞かれましたが、
ツールド三陸は私にとって特別だし、参加者を迎えるホスト役だし、
気合の問題なのか何なのか、

自分でもビックリするくらい元気!

毎年、地元の人達から元気をいただいちゃってるから、
「今年こそ、私が元気をお返しするぞ!」が密かな目標。

「被災地の今を見て、伝えるぞ!」という、同じ志を持った参加者も大集合!



今年は美女2人もゲストとして参加してくれました。

左から、日向涼子、杏寿沙ちゃん、福田萌子ちゃん。

杏寿沙ちゃんは以前にサイクルモードで会って以来、
萌子ちゃんは富士ヒルで、
「なんか、おっきくて美人さんがいる!」と思いながらも、
すぐに壇上で挨拶しなきゃ→そのままスタートしちゃったので、
ちゃんとお話したのは初めてでした。


杏寿沙ちゃんは、

「初めて訪れるから、ゆっくり被災地を見たいです」ということで健脚Bコースを選択。
(とはいえ、「力強い走りしてた!」という情報が…)

「森が大好き!」という萌子ちゃんは、

豪脚もののけコースを希望。
(男性も辛いという激坂を「そうでもない」と言っていた豪脚さん)

石井雅史さんはお子さんと一緒に健脚Bへ。

片山右京さんは言うまでもなく?豪脚もののけコースへ。

私は、ゲストがいない

健脚マウンテン→ファミリーコース
の変則で2コース走ることとなりました。

私の先導をしてくれたのは、

大会実行委員の吉田会長(中央)

2コースは時間がないということで、
健脚マウンテンは鬼牽きされ(山はいいけど平坦はついていけない!)、
ヒーヒーと、命からがら、写真撮る間もなく会場へ戻りました。

このあとは、のんびりファミリーコース。

奥様の和子さんがいらしたので、
「ここからはそれぞれで走りましょう」ということに。
 

ファミリーコースはスタートがゆっくりなので、のんびり・まったり。

もう、頑張って走れる気がしない~(*´ω`*)
 

ファミリーコースの皆さんを見送って、

奇跡の一本松が見えるあたりまで、
震災の爪痕と復興の様子を写真に撮り、心の目に焼き付けながら走ります。

その先は、再び頑張りどころ!

最後尾からスタートして、先頭においつき、

エイドステーションで皆さんをお出迎え。

健脚マウンテンではエイドステーションに寄ることがなかったので、

おなかすいたあ!

 

豪脚もののけ・健脚マウンテン・健脚ABコースは海の幸が中心ですが、
ファミリーコースは地元のオネエサマ方が前日から仕込んでくれた手料理。

夏の部活を終えて、
「おなかすいたー!」「お母さん、なんかない?」という時に出されたような。

懐かしくて、あったかい。

天気も良くて、ほんわかした気持ちになりました。


ツールド三陸と聞くと、
「自転車に乗っていないと参加できない」というイメージがありますが、
ファミリーコースは、
「被災地を訪れたいけれど体力に自信がない」という方にもオススメ。

レンタサイクルという手段もあるので、
手ぶらで来ていただいて、観光ついでに…くらいの気持ちで参加が可能です。

お子さんの参加者もいっぱいいましたし、

「うちの子はまだ自転車に乗れないの」という方は、
お父さんだけ走りに行って、お母さんとお子さんは子ども自転車教室へ。

いっぱいの子ども達を教えてきた人たちの力で自転車に乗れるようになって、
翌年、家族みんなで参加というプランだって出来ちゃいます。
 


車では気づかないけれど、
徒歩より遠くに行ける自転車で巡る三陸の景色を見て・感じていただけたらと思います。
 

 

 

今年ご参加いただけなかった方も、来年はお待ちしております!

 


───────────────────────────
10月26日「日向涼子のヒルクライムナビ」発売決定!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日向涼子のヒルクライムナビ
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/30時点)

ただいま予約受付中!

───────────────────────────

初の書籍
<坂バカ>式 知識ゼロからのロードバイク入門』絶賛発売中!
 

───────────────────────────

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2017年 11月号 [雑誌]
価格:889円(税込、送料無料) (2017/9/20時点)

バイシクルクラブ11月号では、
連載「やっぱり坂が好き」に登場しています。

───────────────────────────
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BICYCLE NAVI (バイシクル ナビ) 2017年 08月号 [雑誌]
価格:1199円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

バイシクルナビ8月号では、
牧野ステテコさんと対談しています。


───────────────────────────

「人と国土21」2017年7月号
道だよりを寄稿しています。

───────────────────────────
共同通信社の配信で加盟社発行新聞にて
スポーツ随想を寄稿しています。

───────────────────────────

ファンライドWEBにて、
イラスト連載「銀輪レディの窓」その㉚掲載中→こちら

───────────────────────────
コメントはFacebookにて受付中!

ローラー倶楽部に関するコメントは
みんな大好きローラー倶楽部 」のグループページへ。

ブログや近況に関するコメントは私のページ へお願いします。