夢がひとつ叶いました。42.195km 走破 | 何かをやりたいけど整理できていない方へ、行動を起こすヒントを伝えるブログ
2010-05-22 23:06:50

夢がひとつ叶いました。42.195km 走破

テーマ:アラフォーのサブフォーチャレンジ

こんにちは


漠然と思い描いていた夢、今日ひとつ達成する事ができました。

いつかは走りたいと思っていたフルマラソン、

家族の協力もあり、本日夕方5時から長時間走にチャレンジしました。


フルマラソン4時間切りを目指していましたが甘かった。

タイムは4時間39分47秒

35kmの壁どころか、28kmの時点で早くもエネルギー切れを起こし、後はふくらはぎ、左もも裏、右もも、右足裏といろいろなところをつりながらもゴールしました。



強みハイライトインタビューアー りょうのブログ

コンビニによったり、途中歩いたりして極端に遅い部分もありますが、13kmを過ぎて私のタイムは右肩あがりにタイムがかかっているのがわかります。

ちなみに18kmの時に7分34秒かかっているのは、自動販売機に立ち寄った時です。

アクエリアスがある~と150円入れて出てきたのは、なんと炭酸入りのアクエリアス。

ショックが尾を引き、その後ペースを回復できませんでした。。。


マラソンは30km ~ 35km 以降は体内のグリコーゲンが完全に無くなって極端にタイムが遅くなるそうです。

私の場合はこれが28Km の時に来ました。

28km で途中歩いて、そこから再び走りだした時に足を前に出す事が気持ち的に嫌になっていました。

ふくらはぎと太ももに3kg ずつの重りを乗せられているような感覚で、足のいろいろなところで痛みが出ました。


もちろん、正式な大会ではありません。


精度90% の距離計での表示。

もしかしたら38Km しか走っていないかもしれません。


でも、私の中では大きな自信となりました。


課題もいろいろ明確になりました。


成果としては、

* 体内グリコーゲンが無くなった時の感覚が体感できた事。

* 痛みが出た場合は、立ち止まって屈伸運動をする事により、痛みを我慢して走るよりも格段にタイムが良くなる事。

* 今後の課題練習が明確になったこと


です。


私の場合、はじめの15km のペースを維持できていれば4時間7分ペースでした。

ここでは、スピードを出している感覚は全くなく、「全然余裕なペース」のつもりでした。

ところが15kmを過ぎた頃からスピードが落ち始め、28kmで完全にダウンでした。


33km で家族に電話して声が聞けた時、体の中から「まだいける」という声が響きました。

37km で再びガス欠になりましたが、10m 毎に増えていく距離計に何度も勇気をもらいました。


今私に足りないのは、後半バテバテになった時脂肪から直接エネルギーをもらえる体にする事。

つまり、有酸素運動を中心としたLSD (Long slow distance) と呼ばれるトレーニングを行う事です。


特にバテバテの38km 以降の7分30秒のペースで行うことが大切。

このペースはまさしく有酸素運動のペース。これよりも早かったら無酸素運動が絡むので効果が半減します。


この事がわかったのも、実際に体感したから。


自分の中の達成感、これは一生の宝物になります。

強み活用コーチ りょうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス