シンプルに生きる。合理主義ばんざい!出産だって痛くない方がいいに決まってる | simp*LIFE*

simp*LIFE*

心も お部屋も シンプルに。
なんだかんだ楽しく暮らしちゃってる
おひとりさまの365日… のはずが、
このたび 国際結婚しました。


テーマ:
少し前、
未来の同居人の妹さんに、
赤ちゃんが生まれました。

そのお産の話をしていたときに初めて知ったこと。

フランスでは
無痛分娩が一般的なんだそうです!

なにそれ!
私もぜったいに無痛がいい!!

思わず興奮してしまいました。

妹さんいわく、
大きな注射(硬膜外麻酔?Epidural)は怖かったけど、
注射の痛みはほとんどなし。
肝心の出産はもちろん痛くなかったし、
産後の痛みもわずかで、
とても元気だったとのこと。

元気の回復度合いは、
個人差もあると思うので
一概には言えないと思うけど、
痛いより痛くないほうが、
そりゃ元気になるのも早いはず。

痛みに耐えるって、
体力使うんですよね・・・
(ぎっくり腰からの経験)

我が子を産む痛みに耐えたいと
そう思う女性がいてもいいと思いますが、
私は自分が産むなら絶対に無痛がいいし、
それについて
他人からあーだこーだ言われたくない。

でもきっと、
あーだこーだ言う人は多いんだろうな。

というのも、
私の周りの無痛選択者は、
「無痛分娩の予定」と言う時、
どことなく言いにくそうな雰囲気でした。

そして
私が心から賛同すると、
みんな一様にほっとした表情になったのです。

それを見て、
胸が痛んだ私。

何なんですかね。

十月十日も身重の体で頑張る女性に対して、
さらにプレッシャーをかける「世間」てやつは。

自分が痛いお産を選択するのは自由だと思う。

でもその選択を他人に押し付けるのは、
間違っていると思う。

シンプルに生きることを決めた私は、
自分がいやならやらないし、
やると選択した以上は自分で責任を持つ。

そんなポリシーで生きているので、
同調圧力に屈することはありませんが、
生きにくいなとは思います。


◆ シンプル・ミニマルなブログがたくさんあります。 にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ

シンプルで豊かな暮らし

シンプルライフ

シンプルかわいい収納・片付け

すっきり暮らす

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

 

◆ 応援のクリックうれしいです↓

  

 

ここさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス