被爆対策簡単まとめ(ver1.04)

テーマ:
自分が実践している被爆対策を書いておきます。参考になれば幸いです。

このページだけで基本対策が済むようにしておきます。対策もVerUpさせていきますのでブックマークを推奨します。
対策は調べるだけでも労力と時間がかかります。また、議論や説得をしている間に仲間が被曝するのだけは避けたいのです。

今回の原発事故はチェルノブイリを越える被害にはなると考えています。
被害のレベルさえ掴めない現状です。

本対策は「生存率を1%でも引き上げる」ということを前提としています。
やはり、ベストな対策は移住して解毒に専念する事だと考えています。
移住が出来ない方や現在準備中の方に向けての対策とします。

【注意点】
記載されている対策は必ずご自身で調べてから実施するようにしてください。
サプリメント等の摂取はどの程度まで被曝しているかによってオススメ出来る商品が変わります。また、持病によっては摂取出来ない物もあります。
例えばスピルリナというサプリがあります。ワーファリンと拮抗、フェニルケトン尿症では摂取はNGです。これらの責任は負いかねますので、ご自身の体調や状況と照らし合わせた上で対策してください。

日々汚染は拡大中です。この対策が最低レベルだと考えてください。
また、4号機の状況や情報が不確定なので、あそこの水は大丈夫や、あそこの野菜は大丈夫という概念自体が一切通用しません。もはや、そういう時代なのです。ご家族の意識を統一しなければ乗り越えられません。

photo:06



以上を踏まえてご覧ください。


【予防】
うがい、手洗い、洗顔は基本ですが、
耳・鼻・目の洗浄をオススメします。
目に関しては特に結膜炎の報告が増えています。アイボン等の洗浄水もRO濾過がメインです。これではトリチウムを取り出すことは出来ないと考えています。
海外のミネラルウォーターをコップに入れてパチクリしましょう。鼻の洗浄で重金属を取り除き、耳は濡らした綿棒で毎日優しく掃除して下さい。


【マスク・外部被曝ついて】
全国的に線量が上昇しています。
既にN95やN100が必要とも言われております。もちろん可能であれば装着してください。
ただし、危険区域に残っている方の大半が理解力と知識の無い人達に囲まれていると思います。
周りの目は気になりますよね。
そんな時は、綿を水に浸して敷き詰めた二重マスクがおすすめです。
マスクと皮膚の隙間を埋めることが出来ます。放射性物質を含んだ花粉はほぼガード可能です。
この方法とN95を併用してコストを抑えていきましょう。
ゴーグルや伊達メガネを使って目の保護は怠らないように。
また、耳にはイヤフォン等を付けて放射能物質の侵入を防いで下さい。耳と脳は非常に近いです。
また、休日の外出時は必ず帽子を被り経皮からの侵入を防ぎましょう。


【家に放射能を持ち込まない】
帰宅時は外で放射能を落としてからお風呂に直行しています。ちなみにお風呂でリンスはつけません。放射能が付着しやすいのが理由です。
シリコンが放射能を吸着し易い状況を作ります。是非、ノンシリコンのシャンプーリンスに切り替えて下さい。
また、鞄やコート、スーツは玄関より先には入れません。
室内での被曝を防ぐためです。風呂場で除染して隔離しています。
室内の工夫として換気口は全てテープで塞いでいます。また、隙間テープがホームセンターや100円ショップにあります。ドアの隙間に張るだけで大事な寝室や子供部屋への侵入を防げます。防寒対策にもなります。つまり、我が家では今季は一切エアコンを付けていません。二月からは都内の瓦礫焼却は本格化します。寒いですがエアコンが盲点になります。
換気は風呂場のみ。お風呂に入る際にも空間の洗浄は必須です。


【線量を下げる為の掃除】
グリセリンと重曹を1:1の割合で調合してクイックルワイパーに塗布して掃除をすれば線量は半分程度まで下がります。もしくはEM酵素での洗浄も良いです。こちらは市販もされています。EMSで検索してみてください。グリセリン重曹やEMSはお風呂にも使えます。
我が家は室内線量は0.05μSv/h程度を保てております。日々の掃除を徹底してください。


【今後の放射能花粉予防について】
財布と相談しながら検討中ですが、もちろん買う予定です。可能であればHEPAフィルタの空気清浄機をオススメします。
スギ花粉がセシウムを纏って飛来します。準備さえ出来れば非常に心強い味方です。ただしフィルタの交換時はマスクは必須です。エアコン同様、小まめにお手入れしてください。

また、より対策を強化される方にはアロマをオススメします。
ちなみにティートリーというアロマは殺菌、消毒作用のほか、消臭効果(デオドラント)にも優れています。
また、細胞回復を免疫賦活作用が助けるとされています。 白血球を活性化し、免疫力をアップし白血球を増やす作用も期待できます。レモンのアロマも同様の効果が得られますのでオススメです。ご気分に合わせて活用下さい。
また、EM酵素を混ぜれば室内に乳酸菌のバリアを張れます。これは非常にオススメです。


【内部被曝の対策について】
もちろんOKFOODをメインに摂取しております。
しかし、可能ならば被曝リスクの少ない海外の製品をオススメします。

魚について
魚は水揚げされた漁港によって産地が変わるので注意です。
つまり、三陸沖の船が千葉の港で水揚げした場合は千葉産ということになります。
三陸から近い漁場では北海道の釧路港も挙げられます。
海に汚染水が廃棄されている為、魚は諦めた方が無難です。

photo:02



肉について
基本的には食べておりません。
食べても鳥肉をたまに食べる程度に留めています。
知り合い等の繋がりをフル活用して、飼料の出処に確信が持てるものに限定した方がよさそうです。

牛乳について
牛乳は豆乳へとチェンジを推奨します。セシウム入りの牛乳は全国各地で見つかっています。国内ならばふくれんの豆乳がオススメです。
また、ベルギー産で牛乳に味が近い豆乳がありました。
こちらは高いですがオススメです。
photo:04



お米について
23年産の米は怖いので古米にしています。ただし尽きるのは時間の問題です。読者の皆様にはストックを推奨します。
ただし都内で出回る事の無いマイナーなお米も地方には沢山あります。
探せば北海道や九州にも信頼に足りうるお米はありそうです。(現在調査中)


【水道水について】
水道水についての正しい情報開示が無い為、まずはトリチウムのリスクを考えて炊事や調理も海外のミネラルウォーターで行なった方が賢明です。
女性は洗顔後にアベンヌ等のミネラルウォータースプレーとコットンで顔を拭き取りましょう。
お風呂にも重曹やグリセリンは有効です。ググッて下さい。


【抗酸化食品・蘇生食】
Twitterで再三述べてきた通り、チェルノブイリや広島長崎で生き残った方の知恵を拝借していきましょう。
広島では味噌汁のエピソードがあります。化学調味料の入った市販味噌では効果は少ないです。生味噌は非常に酵母菌が優れています。
是非日々のメニューに取り入れて下さい。
乳酸菌が腸を保護してガン予防にもなります。
残念ながら漬物はぬかがやられた為厳しいと考えています。
醤油も大豆由来の為、産地は九州や北海道産にした方が良いでしょう。
塩麹を調味料に加える事をオススメします。こちらは幅広く使える発酵食品です。スープや鍋にも使えます。


【放射能物質を体内に取り込まない為の食品について】
事前に同素体を摂取して体内に放射能物質を取り込めない状態を作り出すことが重要です。

放射性ヨウ素=ヨウ素(昆布などの海藻類。安全策として日本海側の北北海道産)
セシウム=カリウム(ココア、バナナ、りんご、納豆等。ほうれん草はNG)
ストロンチウム=カルシウム(モロヘイヤ、ごま、みそ、海外のチーズ。ケール。牛乳はNG)
(※プルトニウムは摂取したら厳しいです。)

【抗酸化食品による免疫力向上】
抗酸化食品の摂取は体内の白血球・マクロファージ・NK細胞が異物をやっつけ、感染症の予防になります。こちらはマヌカハニー、大根、トマト、納豆、アサイードリンク、長芋、小松菜、そば、梅干し、にんにく等があります。もちろん産地は海外産、もしくは九州か北海道にしましょう。
またアサイージュースはザクロMIXがオススメです。子宮の働きを正常化するエストロゲンが豊富です。


【排泄を促進する飲み物】
ミネラルウォーター、ルイボスティー、ココア、ゆず茶等。
また、お酒については可能な限り避けることを推奨します。国内の大手企業も水については余りにも無関心です。ポカリスエットは製造には水道水を利用しています。問い合わせした人の情報です。

【サプリメントの摂取】
細胞は修復酵素とアミノ酸、ビタミンミネラルをある量以上取ると代謝して修復機能向上を行います。
今回紹介するサプリメントは排泄と細胞修復の両面から選びました。
排泄(ペクチンやピタペクト)と細胞修復(マルチビタミンとマルチミネラル)は別での摂取を推奨します。
自分は食前に細胞修復系サプリの摂取を行い、食後に時間をあけてから排泄系サプリを摂取しています。ピタペクトで重金属をキャッチし再吸収を防ぐ効果を狙っています。
また、外出の予定がある場合はスピルリナは摂取しません。重金属を取り込みやすくする為です。飲み合わせをよく考えて摂取して下さい。


・ピタペクト3(排泄系)
生物体内から重金属や放射性物質イオンを除去。セシウムとストロンチウムの体外排出作用を目的に開発される。ウクライナにて製造。

・マルチビタミン(細胞修復系)
食品からの摂取が限定されるので。出来ればドリンク状のモノが良いです。サプリだと酸化しやすいからです。

・エビオス錠(細胞修復系)
ビール酵母。マルチビタミンとマルチミネラル9種ずつ計18種摂取可。食物繊維、乳酸菌含む。本来は胃腸予防の健康サプリメントです。とにかく安いのでオススメ。

・スピルリナ(細胞修復系)
リスクは重金属が入りやすいこと、体質によって合う合わないがあること、ワーファリンと拮抗、フェニルケトン尿症には禁忌です。体に合う場合は野菜不足の解消が可能です。カルシウム、乳酸菌、ミネラル、ヨウ素の摂取も可能な万能選手。

photo:01



【排泄のツボ】
番外編ですが、やれることはとにかくやってみましょう。ミネラルウォーターを白湯にして飲んでから排泄ツボを押すだけでデトックスになります。
利尿効果と便秘に効くツボも良いです。活性酸素を体の外に出しましょう。

排泄ツボ
湧泉(ゆうせん)
5本の足指を内側へ曲げると足の裏側にできるくぼみ。 土踏まずの少し指寄りがツボ。足のだるさをとる。むくみ、疲れの特効ツボ。排泄機能を調整。このツボを両手の親指をそろえて十分に押す。

太衝(たいしょう)足の甲の親指と人差し指の間から、指3本分上がった位置にあるツボ。さすりあげて指が止まるところ。肝を整える。眼精疲労にも効果あり。



腎愈(じんゆ)骨盤の上側を結ぶ線と、背骨が交わった骨から さらに2個上にある腰椎(ほぼおへその高さ)より、指2本分外側にあるツボ。 腎の働きをよくし、水分代謝を高める親指で交互に押したり、もんだりして刺激する。


【脳内物質からのアプローチ】
笑顔。これは大事です。口角を上げるだけでも脳は刺激されます。免疫機能活性化ホルモンが分泌されて細胞の活性化につながります。笑うと免疫力が高まり、セロトニンが分泌されてストレスが溜まりにくくなります。心に安定を取り戻せます。



【排泄促進の為の運動】
これは室内で行なってください。既に外でのスポーツは危険だと考えています。掃除を行なった部屋で20分から30分程度の運動をオススメします。基礎代謝が上がると排泄機能も高まります。


【聴覚からのアプローチ】
自分は音楽の力を信じている一人です。辛い時に元気になる曲ってありますよね。
これは以前に色々なブログで紹介されておりましたが、意味の無いTVを流すよりは良いかなと思ってます。細胞修復の周波数らしいです。とにかく無料だから聴いておきましょう。
528hzと検索してみてください。

【たばこ・セシウム葉使用】
国産タバコは二月から国内の葉を使用しセシウムタバコと化します。喫煙される方は周りへの配慮を徹底して下さい。

今回、このブログを立ち上げた意味。脱原発の為に活動されている方々を一人でも失いたくない。また、子供達を守りたいとの思いからです。対策を調べてきた者の責務として書きました。
文章は稚拙で見ずらいかもしれませんが一先ずはご容赦ください。
私の気持ちは皆さんと同じです。
原発の無い世界でのんびり幸せに暮らしたい。ただそれだけです。
皆さんの健康を祈って。
2012.1.09

photo:03