抗がん剤治療の現状

日本SOD研究会報No.184より

丹羽療法レポート① ~診療室より~
丹羽先生のがん初診診療レポート

丹羽療法レポート②
抗がん剤治療の現状
★━━━‥‥‥‥・・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ‥‥・・・・……━━━★


春のうららかなとある日、新横浜診療所で丹羽先生の出張診療が行われる日でした。

待合室に会報No.91、177号でも記事にさせて頂いた辻田さんがいらっしゃいました。

辻田さんは、シニアの全日本シニアテニスのチャンピオンに何度も輝かれた方です。

以前、丹羽先生の治療を受けられ時は、骨髄異形成症候群で、その時は

急性白血病にまで病状が悪化し、余命数カ月と言われていたそうです。


それが、丹羽先生の土佐清水病院の近隣で民泊しながら通院され

ほぼ1ヶ月で生還されたつわものです。

退院後も大宮の診療所に月1回ペースで通われ、その診察も10分程度と言うほど

順調だと聞いていましたが、今回は新横浜の診療所にいらしたので

もしや具合が急に悪くなられたのかと、恐る恐る、声をかけさせていただきました。


そうしたら、この日は、横浜に住む5歳違いのお兄様の診察に付き添われていらしたとか。

そこで、お兄様とそのご家族(息子さん夫婦)の了解をいただき、

その診療の模様などを取材させていただくことになりました。


辻田さんのお兄様は、現在85歳。

学生時代は野球に打ち込まれたとか。

弟さんはテニスとまさにスポーツ一家でした。

体力には自信があったそうです。

それが去年、肝臓に異変が見つかり、肝臓がんと診断されました。

肝臓は、体内の有害物質の解毒や排出をする重要な臓器といわれています。

と同時に、物言わぬ臓器と言われるほど、自覚症状がわかりにくい臓器だとか。

ですから、異常が見つかった時にはかなり進行しているそうです。

辻田さんのお兄様の場合も、昨年(2015年)夏ごろに肝臓がんが発覚し、

芳しくない状態だと言われたそうです。

そして、当たり前のように抗がん剤治療を勧められたそうです。

85歳での手術は無理があります。

となると残された治療法はおのずと抗がん剤治療になるのでしょう。

抗がん剤治療は、丹羽先生を始め、これまで幾多の世界中の学者の方々が、

百害あって一利なしとおっしゃっています。

それでも目の前の医者に勧められれば、万に一つ、効果が期待できるかもしれないと思うとか。

このときお兄様が勧められたのが、カテーテル手術というものでした。

これは、お腹に小さな穴をあけ、そこからカテーテルという細い管を通し、

患部に直接抗がん剤を注入する治療法だそうです。

 これまでの抗がん剤投与は、注射か服用などで全身に様々な影響を与えていましたが、

カテーテル投与なら患部だけに、しかも直接、抗がん剤が届き、より効果的で

身体への負担が少ないと言われています。

 しかし、この治療法を用いても、お兄様の容態は一向に良くならないどころか、

余計にだるさが増したと言います。

がん細胞が増加していることを示すマーカーも悪く、CTでの画像診断でも

縮小効果はあまり見られなかったとか。


 そこで弟さんの出番でした。

がん、と言われたときから、1日に9包ずつのSODの服用を勧めました。

さらに、丹羽療法を受けるように勧めたそうです。

自身が2度も丹羽先生に命を救われた実体験がありましたから、なおさらでした。

弟さんの場合は、整体師もされていたから、西洋医療と東洋医療、生薬療法などを

合わせた統合医療に対する知識が豊富でした。

だからすんなりと丹羽療法を受け入れることができましたが、普通は、西洋医療の

医者に言われたことが全てだと思ってしまいます。

お兄さんも、頭では理解していても、担当医の勧める抗がん剤治療に一縷の希望を

託してしまうものです。


 そんなお兄さんがようやく丹羽先生の診察を受けようと、重い腰をあげたのが、

この日だったのです。

 ここからは診察室で行われた丹羽先生との会話を紹介します。

(以下敬称略)


先生「(病院の血液検査の表、画像のコピーなどをじっくり見てから)体調はいかがですか?」

兄「あまりよくないです。だるくて」

先生「そうでしょうね。カテーテル手術、医者は、ピンポイントで直接効くからいいというが、あれはね、がんも死ぬが、やっぱり周囲の正常な細胞にもあたってしまうんです。

強い抗がん剤だから、なおさらやられるんです。だからしんどいんです。

注射したりするのとあまり変わらない。

特に肝臓は大事なところだし、ましてやあんたはお年だから、あんたのほうが亡くなってしまうぞ。

他のがんもそうだが、特に肝臓がんは、私の薬が良く効くんです。

というか、西洋医療で、手術のできない末期の肝臓がんで12か月以上生存した例はほとんどないんです。

例え生存できたとしても18か月以上は皆無なんです。平均12か月以内なんです。

しかし、私の治療では平均55か月は生きられる。
(先生が国際がん学会の専門誌に2012年発表した論文でその成果が実証されています。※注1参照)

肝臓がんは、私のところでは、生薬の注射や飲み薬以外にも治療法があります。

たいていの人にはそのために土佐清水病院に入院してもらうのですが、

あんたの場合は85歳だし、体力的にもしんどいでしょう?」


兄「病院の先生は、もう一回、カテーテル療法をやってもいいと言っているのですが」


先生「とんでもない! 通っている病院の医者はそんなことを言っているんですか。

その先生は、目の前の患者さんの身体がどんだけ弱っているか、しんどいか分からないんでしょうね。

数値と画像だけ、がんの部分しか見ていないから。

僕は、あんたがもう10歳若かったら、首に縄をつけてでも土佐清水に連れて行くところだが」


弟「入院はできなくても、飲み薬の処方はしていただけますか?」


先生「もちろん、出します。家からここまで(新横浜診療所)どれくらいかかる? 

1時間か。ここまで来るのもしんどかったでしょう。

できれば毎日来て注射してもらいたいところだが。

それやるとずいぶんラクになるんですよ。週に3回でも来れるといいんだが。

今日、その注射しておきましょう。しかし、もう85歳だから、無理はしないように」


兄「はい。無理しないで余生を送りたいです」


義娘「病院で処方されている抗がん剤の飲み薬はどうしましょう」


先生「ダメダメ。そんなものを飲んだら、私にお金を払っている意味がなくなります」


義娘「今までの先生になんて言えばいいですか?」


先生「放っておいていいですよ。まず、今日薬を出しますから、その薬で様子見て、少しラクになったら、いつでもここに注射しにいらっしゃい」


 ということで、お兄様はこのあと生薬の注射をして、少し顔色が良くなり、私たちに、

「丹羽先生にお会いして、砂漠で水をいただいたようです」

 とにこやかにおっしゃって帰られました。

★━━━‥‥‥‥・・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ‥‥・・・・……━━━★
※注1
 国際がん専門誌に掲載された丹羽先生の論文(会報156号より抜粋) 2012年にがんの専門誌として最も権威のある「IntegrativeCancer Therapies」に、丹羽先生の論文が掲載されました。
これまでも先生の論文は「活性酸素」に関するものを始めとして数多くの医学専門誌に掲載されていますが、がんに関する論文の掲載は初めて。
しかも、抗がん剤や放射線などを用いない自然療法が国際がん学会で認知されたのは、今回の丹羽療法が世界で初めてとなります。
 タイトルは「冬虫夏草を含む天然生薬が肝細胞がん患者に延命効果をもたらす根拠について」。
世界平均延命1年以内の肝臓がんで、6年以上も延命。
しかも、副作用で苦しむことなく人間らしい生活を全うできるという、10年間に及ぶ丹羽療法のデータから導き出された内容となっています。
★━━━‥‥‥‥・・・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ‥‥・・・・……━━━★


丹羽療法レポート②
抗がん剤治療の現状は、次回掲載いたします。

丹羽SODメディカル Web Shop かちかち山
 NEW SOD SPECIAL(ニューエスオーディスペシャル) 90包入り 丹羽SODロイヤル(レギュラー) 3g×120包入   丹羽SODロイヤル(マイルド) 3g×120包入  丹羽 SODロイヤル(レギュラー)お徳用 9g×93包入
当店取扱商品は、全て会員特別価格にてご提供致します。
丹羽博士のアガリクス茸 1.5g×90包   ペット用丹羽SOD様食品 バランスplus   SOD-IST マグニークリーム
 SODロイヤル【乳酸菌発酵・黒胡麻】60包入り   マグニーセラミックボール   SOD-IST オーガニック・ルイボスティー 30包入
 
日本SOD研究会会報  肌年齢を若くする秘訣 活性酸素を除去するSOD酵素