釣り日誌no. 新しいメバリングロッド ハイエンドで気になる竿 | 魚道楽者のブログ~魚ネタがないときは音楽に走ります~

魚道楽者のブログ~魚ネタがないときは音楽に走ります~

熱帯魚道楽者のブログです。魚関連の情報発信と自身の飼育する魚の飼育記録がメインです。その他に音楽・つり・ゲーム・日常についてと幅が広いですが魚をメインに記事を展開しますのでよろしくお願いします。


テーマ:
正月キャンペーンでアングラーズでは注文すれば定価10パーセント
しかもそれでさらにお得なのは
これを機に「SOLTY BRAVE」も折れたことやし新しい竿を検討したい。

尺メバルのトルクは「60~70センチのシーバスと同等」
30センチそこらのメバルはそのサイズになるのに10年以上かかるといいます。

LUXXE・宵姫 華
詳しくはこちら

林釣漁具製作所 TICT ICE CUBE IC-86.5TB-Sis 
詳しくはこちら

YAMAGABLANKS BlueCurrent 83/TZ LongCast
詳しくはこちら

EVER GREEN BB ヒットマン
詳しくはこちら
チヌ用の竿ですが、感度とトルクあり。
0.5~12gまでのルアー対応・78gという軽さ

SHIMANO ソアレエクスチューン
詳しくはこちら
 
DAIWA 月下美人
詳しくはこちら

34 Advancement SBR-74
詳しくはこちら
今ある竿と比較してもルアー許容範囲は変わらないので、なんで?と思うのですが
レングスを利用した飛距離の確保と、抜群の振り抜けで1gのジグヘッドを10m超えの爆風の中でもコントロール良く投げられます。という情報を見て少し興味をもっています。

・選定根拠は
基本的に竿の長い竿で操作性が優れる竿。
理由は遠投性とルアーウエイトの汎用性とバットパワーに信頼がある。
カーボンは衝撃には弱いが、弾性に対するトルクは高いので、繊細な竿でも竿が長いほど
力が分散されるだろうと考えている。

なぜにハイエンド竿?

別に食いさえすればなんでも竿いいじゃんと思いますが、
やはり感度・操作性のアドバンテージはメバリングにおいて差がでると考えています。

10年以上生きているメバルは得に警戒心が高いらしいので、そういったメバルの口を使わせるには
それなりの繊細な釣りが要求される。

逆にそれだけ難しいメバルの口を使わせるゲーム性がすごい魅力ですね。

問題の資金源は何とかしたいと思います。

ブログの更新頻度も見直しがいるよな~

でわでわ

エギンガー・黒豆(春は春イカ狙います!)他アクアリウムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス