口述模擬試験とマンモスと没頭とスペックについて☆ | 司法書士講師・三枝りょうのブログ

司法書士講師・三枝りょうのブログ

司法書士試験の受験情報を中心に、日々考えたことを書き連ねていきます。

皆さんこんにちは,司法書士講師の三枝りょうです。

 

 

口述模擬試験。です。
10月3日発表の筆記試験結果で 『合格』 判定が出た受験生さま,申込みは済みましたでしょうか。

ありがたいことに,2019年も,当ブログサイドバー記載の Yahoo! メール(pandataro_ex)宛に 『合格しました』 のご連絡をいただいております。
繰り返し申し上げますけれども,司法書士試験に合格して講師になっても良いことなど1ミリもありません。が,しかし,唯一,この日,『合格報告』 をいただく日だけが当方にとって救いの日です。
喜びの声が記された報告メールを受信すると,マジ感謝,マジ御機嫌,というですね,ラッパーでもないのにチェケラッチョな気持ちになります。
報告者が想像している以上に私は嬉しいです。マンモスうれピー。いやホント。
発表当日22時過ぎにメールが来て,『これから焼き肉いってきま~す!』 などと書いてあると,普段ならば 『レバ刺しにあたって死にますように。』 と丁寧に呪いをかけるところですが,良いんです,それくらいしんどかった/それをクリアしたということです。おめでとうございます。

で。
報告をくださった筆記試験合格者さまに必ず確認しているのが,上記,『口述模擬試験』申込みしたか?です。
とりあえず,法務省ホームページで自分の番号を確認したら,まずすることが,模試予約です。

司法書士試験は,筆記試験の合格発表からだいたい2週間後に 『口述試験』 が実施されます。
試験官2名に対して受験者1名の,対面方式による試験で,口頭による質問に対し,文字どおり,口頭で解答を述べます。

内容は,筆記試験をパスするだけの知識があれば余裕を持って答えることができるレベルです。
が,しかし,司法書士受験生はここに至るまで机に齧りついて『文字で読んで文字で(あるいはマークで)答える』 作業に没頭してきました。
そうです,『不動産登記の申請情報の記録事項や添付情報の内容について会話をする』 という習慣がありません。

要は。ですね。『慣れ』 です。
知っていることを喋れれば良いだけですから。

緊張し過ぎない,相手の顔を見て話す,要点をコンパクトに話す,など,『社会人としてのスペック』 を身につける,あるいは回復することが,ここから2週間の課題です。
この対策には 『口述模擬試験』 がとても有効です。

資格スクエアなどの新進系のスクールはさて置き,りょうこ先生の受験性時代からある 『LEC 東京リーガルマインド』 や 『TAC・早稲田セミナー』 は,全国店舗展開の利を活かして実施しています。
『予約未了』 という筆記試験合格者さまは最寄りの大手予備校に問い合わせをしてみてください。
LEC さんでは,例年,模試受講者に 『口述過去問題集』 を交付しているとかいないとか。
これ結構使えますので,必ずゲットしてください。

【PR】

人気講師の授業が圧倒的低価格
資格スクエア

 

【PR】
「今,覚えたい」を持ち運ぶ
プチまな

 

 

松井製麺所です。
しばらく前に東京メトロ東西線西葛西駅南口にオープンしました。