越中屋TAIJI(葛城 亮)’S LIBRARY

越中屋TAIJI(葛城 亮)’S LIBRARY

大人の書斎です。何時でも開かれております。
PN : 葛城 亮
BL(ボーイズラブ)愛好家なので、そんな話もポツポツ出てきます。

当書斎(ブログ)について閲覧は自由ですが無断持ち出し(無断転載・コピー・一部抜き出し・加工)は厳に慎んでくださるようお願い申し上げます。ご紹介は記事のURLでお願いいたします。
万にひとつの可能性として「記事を使いたい」ということがありましたら、Twitter葛城 亮のDM、Amebaのメッセージ、または当該記事へのコメントでお知らせくださいませ。
(コメントはAmeba会員でない方も書き込めるように設定してあります。)
記事内容につきまして、文責はすべて書斎主である越中屋TAIJI (葛城 亮)が負うもので、あくまでも個人的な思索・戯言・四方山話であります。また、実在の各団体や個人等に対して誹謗中傷及びご迷惑をおかけする意図は全くございません。
ご意見がございましたら記事へのコメントやAmebaのメッセージ、Twitter葛城 亮のDM等でお知らせいただくようお願いいたします。

テーマ:

 

 

GWも終わって、「よっしゃあ!踏ん張っていこー!」と気合い入れようとしてるところへ、なんなんでしょうねえ……この天候不順…… _(:3」∠)_

 

あ、誰も興味ないとは思いますが、ウチのGWは、ただただひたすら、のんべんだらりとゴロゴロ、またはCS各局の一挙放送などを鑑賞して終わりました。

どこにも出かけてませんよ ( *¯ ꒳¯*)エッヘン 

(↑なんの自慢にもならないグラサン

 

皆さんも散々、おっしゃってるでしょうが、寒くて寒くて、フリースジャケットを引っ張りだしました。

明らかに、自律神経がヤられるパターンです。

思考停止、行動停止、そして食欲不振……にならないところが良いんだか悪いんだか……あせる

 

明日あたりから天候も回復しそうなので、ちょっとはマシになれるかしらん、と期待しようかなっと (* ̄∀ ̄)ゞエヘヘ

 

 

なんか、ホント……ダメですねダウン

書きたいことは、いろいろあるんですけど、一向に文章にならない……。

 

まあ、そんな時もあるわいな! と、急発進はあきらめて、スロースタートに切り換えます。

 

GW中にも、アニメやら海外ドラマや洋画やら、たくさん見たんですけど、通常スケジュールに戻って、今、楽しみなのは、CSアニマックスさんの『のだめカンタービレ』。

平日の20時から毎日2話ずつ放送してます。

 

やっぱり、自分の音楽の最初の根っこはクラシックなんだなあと、つくづく思い知らされます。

バレエは5歳からチョットだけかじって、高校生で再開。

なので、チャイコフスキーの3大バレエ曲(白鳥の湖、くるみ割り人形、眠れる森の美女)は、最も親しんだ曲ですし、バレエ音楽は聴くと頭の中で振付が映像のように浮かんできます。

ピアノは6歳から始めて6年間だけちゃんと教室へ。

ベートーベンは自分のフィーリングにスっと入ってくる、馴染みやすい曲ばかりでしたが、ショパンとかリストは聴くのは好きですが自分で弾くとなると、なかなか寄り添わせてくれなくて。

作中ののだめちゃんじゃないけど、空中に両手の人差し指をかざして交信しないと通じ合えない……。のだめちゃんのような才能は、これっぽっちもないですけどね。

 

疲れてたり、身体が重くてしんどいときは、いつの間にかクラシック音楽に手がのびます。

 

いまの気分は、マーラーの『アダージェット』かなあ。

映画ではヴィスコンティ監督の『ヴェニスに死す』で使われてますし、バレエではベジャール振付の作品があります。

 

『アダージェット』で静かにパッタリして、

明日の朝にはモーツァルトの『アイネクライネナハトムジーク』でスッキリ起きたいです。

(↑希望ニコニコ

 

 

倦怠感さま、はよどっか行ってくだせえまし (>人<;)

 

 


テーマ:

 


高麗屋の白鴎さんが登場する、某ネット自動車保険のCMじゃあないですけど、ここ数年、本当に「大きいお姉さん」の発信力や購買力、そして妄想力で、アニメなどのヒット作が決まると言ってもいいような気がします。

 

この記事を書くに当たって、当書斎(ブログ)テーマのどれに振り分けようか、ちょっと考え込んだんですが、ま、あまり奇を衒(てら)わずにいこうと思いました。

 

 

 

ゲーム作品の『刀剣乱舞』は未だ人気衰えず、全国各地の美術館、博物館、資料館などで刀の展示が行われていますし、2.5次元舞台はストレートプレイとミュージカル双方共に満員御礼。世界遺産の厳島神社での奉納舞台も行われました。

筆者が、ゲームと2.5次元舞台は門外漢(そこまでカバーする資金力がない)なので、あまり偉そうなことは言えませんが、アニメの『花丸』や『活撃』を見て「人気があるのも無理もない」と納得させられました。

2019年には実写映画の公開も予定されているとのこと。まだまだ「大きいお姉さん」のハートを掴んで離さないつもりのようです。

 

 

 

「見た目は子供、頭脳は大人!」と毎週土曜の18時にTVから聞こえてくると「もう、いいから、早く大人にお成りなさいな」と思わずツッコんでしまう「名探偵コナン」。

どうにも「中だるみ感」が拭えなかったんですが、サブキャラクターでとんでもないキャストがいるなと以前から思っていたところへ、とうとう劇場版にまで登場させて人気再燃。

 

 

 

 

そう、赤井秀一(池田秀一さん)と安室透(古谷徹さん)です。

 

 

ついには、サブキャラクターメインの劇場版『ゼロの執行人』が現在絶賛公開中で「大きいお姉さん」たちがTwitterなどでやたら「執行!」「執行された!」とつぶやいていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

『純黒の悪夢(ナイトメア)』の興行収入は63.3億円。これは前作の「業火の向日葵」の興行収入44.8億円から、一気に18.5億円も増収しています。前々作の『異次元の狙撃手』の興行収入が41.1億円で、『業火の向日葵』との差が3.7億円なことを鑑みても、コンテンツとしてさらに「化けた」と言えるんじゃないでしょうか。

『ゼロの執行人』は初動で興行収入13億円、4月22日現在で32億円と、公開2週目にして30億円を超えているそうです。GW中にどこまで数字を伸ばせるか注目されています。

 

 

 

春アニメが始まって、ちょうど1ヶ月。早くも「大きいお姉さん」たちがザワついてる作品が目に付き始めました。

野口サトルさん原作の『ゴールデンカムイ』です。

 

 

 

 

 

2018年4月25日に第22回手塚治虫文化賞、大賞を受賞したことがニュースになりました。

日露戦争帰還兵の杉元が北海道で一攫千金を狙う、というストーリーで、作中にはアイヌの言語と文化が多く紹介されています。

アニメは、筆者も毎週リアルタイム視聴してますが、知っているようで実際はほとんど分かっていなかった、アイヌの生活や風習に触れることができて、本筋の一攫千金よりもそちらが新鮮で目が離せません。

OBABA的にはアシリパさんが可愛くて可愛くて、こんな賢い娘がほしい! プラス、白いエゾオオカミのレタラの虜(とりこ)になっています。

 

 

 

「大きいお姉さん」たちから支持されると、Blu-ray & DVDが、まず確実に売れますし、グッズ展開されれば、ひたむきに御布施に励みます。イベントがあれば、足を運びます。

それだけの資金力と行動力を「大きいお姉さん」たちは持っているんです。

 

ただし、妄想力も豊富なので、二次創作に走ることもしばしば……。原作準拠を守るひとから、とんでもパラレルにシフトするひとまで、実にさまざまですけど、それが人気のバロメーターでもあるため、多くは「黙認」していただいてる状況です。

思えば、公式もたくさんの要素からインスパイアされて物語として生み出されている訳ですから、表現や思想の自由を規制するのも「野暮」なこと、と思ってくださっているのかもしれませんね ^^;

 

 

どちらにせよ、アニメーションをビジネスとして考慮するには、「大きいお姉さん」たちの人気は無視できない状況になっているのは、動かしようのない事実。

それが苦手なひとは、どうか二次だの夢だのの方角には背を向けていただきたいもの。

攻撃はしないでくださいませ m(_ _)m

 

 

予告が公表されてすぐに、ネット界隈ではザワついていたとのこと。

 

なにせ「歴史秘話ヒストリア」(以下、「ヒストリア」という)では、平安時代後期の「悪左府」とも言われた藤原頼長をフォーカスしたこともあるので、「すわ!BL回になるのか! 」と話題になっても不思議ではありません。

 

しかも、声の出演で森川智之さんがクレジットされたものですから、それこそ「帝王」降臨で、最近、攻めてるNHKの面目躍如か、と耳目を集めるのは言うまでもありませんでした。

 

さて、4月25日(水)22時25分、姿勢を正してリアルタイム視聴しました。

 

冒頭の、井上あさひアナウンサーによるイントロダクションを見て、「これは予想とは違う展開になりそうだ」と直感しました。

 

《エピソード1  男と男 900年の物語》では、奈良時代まで遡(さかのぼ)り、大伴家持と大伴池主の歌のやり取りから見える「特別な感情」を推し量るところから始まりました。

そして、やはり登場した「悪左府」藤原頼長。

さらには、戦国武将、伊達政宗の「秘」愛などが語られました。

 

 

《エピソード2  ただ 心のままに生きたい「男が子供を出産」の真相》では、体は女性だが心は男性の「竹次郎」の物語がドラマパートで紹介されました。

 

 

詳細はネタバレになってしまうので書きませんが、2001年放送の「3年B組金八先生 第6シリーズ」で取り上げられた性同一性障害

 

(現在は診断の指標となる米国のDMS-Vが日本でも運用されているので「性別違和」というのが正しい。しかし、日本精神医学会では診断名は「性同一性障害」を使用しているとのこと)

 

に相当するお話が語られました。

 

他には女と女の物語は事件や事故でもないかぎり、記録されることはなかったということ、異性装についてもほんの少しですが述べられていました。

 

 

《エピソード3  "男と男"に秘められた 究極の愛の物語》では、江戸時代のベストセラー作家、井原西鶴の「男色大鏡」について、近年の研究から見えてきた「家制度や経済などに影響されない究極の愛の物語を表現するために、"男と男"の形が取られたのではないか」との解説と、「男色大鏡」のなかからいくつかのエピソードが紹介されていました。

 

 

 

実に「多様な性のあり方」を、率直に、しかし柔らかく取り上げていて、キワモノ的な要素は排除されているように感じました。

NHKはEテレで、教育や医療、福祉など多面的に「性のあり方」をテーマにした番組などを放送していることから鑑みても、ごく自然な内容だったと言って良いのかもしれません。

 

ネットの反応も、概ね好意的で、特に西鶴のパートで紹介された「純愛」は、現在のBLでの直接的な性表現に慣らされた世代には新鮮だったようです。

「見逃した!」と残念がる声も多かったです。

 

再放送は、本日(4月28日(土))の、午前10時05分からNHK総合で予定されていますので、見逃した方や、もう一度見たい方は、ご覧になってみてくださいませ ( ^ω^ )

 

 

 


テーマ:

 

 

昨夜、このニュースに接して、なんて潔い……と思うと同時に、やはりそうか……とも思いました。

 

田村正和さんと言えば、比較的に若い世代の方は、三谷幸喜さん脚本の「古畑任三郎シリーズ」を真っ先に思い出されるでしょうが、子供時代に時代劇を見て育った世代としては、やはり「眠狂四郎シリーズ」などでの圧倒的な美しさを纏(まと)う田村正和さんを思い出します。

 

冒頭の画像は、舞台「乾いて候」のパンフレットです。観劇時に購入したんですが、我が家のタイムカプセル部屋(別名「腐海」または「黒歴史部屋」とも言う)に潜(ひそ)んでるので、同じものの画像をお借りしました。

 

「乾いて候」は、小池一夫先生原作の時代小説で、1980年代にはテレビドラマ化もされました。

田村正和さんは8代将軍吉宗の隠し子で吉宗を毒殺から守るべく、乳飲み子のころからあらゆる毒を含まされて育った、お毒味役の腕下主丞(かいなげ もんど)。将軍吉宗役に田村高廣さん、大岡越前役に田村亮さんと「田村三兄弟揃い踏み」の作品としても話題を集めました。(←だんご三兄弟とは訳が違いますのえ!)

三兄弟のお父様は、大正末から昭和にかけて活躍した時代劇映画の名優、阪東妻三郎さんです。阪妻(ばんつま)の愛称で親しまれた方でした。

 

「眠狂四郎シリーズ」や「乾いて候」の腕下主丞の両作品に共通するのは、殺陣(たて)のときの田村正和さんの佇まいです。

一般的に殺陣の基本姿勢は、日本舞踊などと同様、腰に重心を低く置いて背筋を直線的にするんですが、田村正和さんの佇まいは、重心が少し高くて直線と言うよりはS字曲線のような、なんとも言えない「揺らぎ」があって、それが他にはない「美しさ」と「色気」を生みだしていました。

特にそれが顕著(けんちょ)だったのが、腕下主丞です。

 

「眠狂四郎シリーズ」の方が作品数や再放送も多く、一定世代以上の方ならチャンバラごっこで新聞紙を丸めた刀で「円月殺法」をマネしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

当時の子供たちにとっては「眠狂四郎シリーズ」は見ることがあっても、「乾いて候」は親から見せてもらえなかったかもしれませんね。放送時間が遅かったですし、内容もちょっと大人な雰囲気でしたから。

 

 

 

実は私も初めて「乾いて候」を知ったきっかけは、ある雑誌で紹介されていた、同人誌通販の案内記事でした。

 

 

イラストレーターの小林智美さんが発行された一冊の本です。

小林智美さんと言えば、一般的にはゲームの「ロマンシング・サガ」のキャラクター画やパッケージイラスト、一部の方には「私説 三国志シリーズ」(江守備先生 作)の挿絵や装丁画などでご存じかと思います。

 

初めて購入した同人誌で、郵便小為替と返信用の切手を封入した封書をポストに投函して、届くまでドキドキしながら待ちわびたのが、未だに忘れられません。

この本もタイムカプセル部屋に所在が明らかなのですが、サルベージに体力が削られそうなので、画像は同じものをお借りしました。

 

小林智美さんの「乾いて候」愛が豪華で贅沢に詰め込まれた、とても美しい本で、大奥の実力者、月光院との艶っぽい駆け引きや、吉宗と主丞親子のちょっとコミカルなやり取りも紹介されていて、本当に本当に、宝石のような本でした。

 

 

 

田村正和さんは、真の美しさを知る役者です。

引退を決意したのは、2018年2月17日に放送された「眠狂四郎 Final 」の完成試写を見てとのこと。

TVのスポットCMで、私も放送があるのは知っていましたが、正直なところ「ああ、時は残酷だな……」と感じてしまい、あえて本放送を見るのを回避しました。

田村正和さんご自身も、画面に映る自分の姿を厳しい目で客観視し、引き際を見極めたのでしょう。

なんとも潔くて、美しい決断だと思います。

ファンとしては寂しいかぎりですが、田村正和さんの数々の名演技は、時代劇、現代劇を問わず、日本の芸能史に残っていくと思っています。

 

ファンのひとりとして申し上げます。

 

田村正和さん、

舞台やTVを通して、同時代にお会いできたことが、本当に嬉しいです。

感謝しかありません。

様々な美しい夢を見せてくださって、ありがとうございました。

 

 


テーマ:

 

 

 

いや、あんた、なに言ってんの?

 

と、お思いのことと重々わかっておりますが、

 

ホントに、そうとしか言いようがないんですよ!

 

文字書きのクセに語彙が干上がっちゃうくらいの衝撃でした!

 

と、その前に……

 

えーと、今日はCSファミリー劇場で、第4話がOA(オンエア)される日なので、もろもろネタバレとか大丈夫ですよね!?

別に大した話はしませんけど。

 

ご存知かと思いますが、CSファミリー劇場では毎週火曜日に、

アニメ「銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE」(以下、長いので、公式ハッシュタグに倣って「新銀英伝」という)の放送のすぐあとに、

アニメ「銀河英雄伝説」(以下、シリーズの総監督、石黒昇さんの名前をとって、通称「石黒版」という。銀英伝ファンの間でも「石黒版」で浸透しつつあるらしいです)が放送されています。

 

いやー、もう、CSファミリー劇場(以下「ファミ劇」という)さんったら、粋な計らいというか、勇気ある決断というか……。

思いっきり「どうぞ比較して見て、楽しんでくださいね! ( ^ω^ )ニッコリ 」ってな番組表を組んでくださるのよね。

 

順応力が早くて単純な私みたいなファンもいれば、やっぱり「石黒版」が良いと思うファンもいらっしゃるでしょうし……。

実は、いちばんドキドキしてるのは、多田俊介監督をはじめ、全制作スタッフの方々や、キャストの役者さんなんじゃなかろうか、と余計な心配をしちゃってるOBABAです。

 

そんななか、実はファミ劇さんの第1話先行放送と、レギュラー枠での第1話を見て、

「お!大丈夫だ!これは毎週楽しんで見られるぞ!!」

と確信を持てたので、安心して木曜日のTOKYO MXの枠で第2話と第3話を見たんですが、ちょっと油断してて、画面から一瞬、目を逸らしてたら……

 

「ジークフリード・キルヒアイス大佐ですな?」

 

えっ!? ∑(・ω・ノ)ノ

 

塩沢兼人さん!? 、んにゃ!そんなはずないでしょ、オーベルシュタインは諏訪部順一さんだってば!! 

 

もうね、最初の一声で心臓をガシッと掴まれてズキューンととどめを刺されましたよ、マジで!

 

事前の発表で諏訪部さんがオーベルシュタイン役なのは、わかってたはずなのに、なんだかドキドキして、目と耳が画面に釘付けになっちゃいました!

 

「オーベルシュタインだ……。オーベルシュタインがそこにいる!!」

 

 

挙句の果てにTwitterで「上手く言えないんだけど、ものすごくオーベルシュタインだった」などとお馬鹿さんなつぶやきをしてしまいました。

 

 

以下、マンガ・アニメ好きOBABAのひとり語りを垂れ流しますので、ご注意くださいませ。

 

銀英伝のオーベルシュタインと言えば「帝国印絶対零度の剃刀」とか「永久凍土の石版」と称される人物で、石黒版では故・塩沢兼人さんが演じました。

塩沢さん独特の艶のある声が、感情を表に出さない絶対的な正しさと非情さで、場に緊張感をもたらすオーベルシュタインの存在をより一層際立たせていた、と言ってもいいと思います。

 

新銀英伝のオーベルシュタインを諏訪部順一さんが担当すると知って、イメージだけですけど、すぐに「納得」しました。

近作のアニメ『ACCA13区監察課』(原作:オノ・ナツメ先生)の登場人物、グロッシュラー長官を諏訪部さんが担当されていたのですが、彼もあまり感情を表に出さない寡黙なキャラクターだったので、安心してオーベルシュタインを見られるだろうと思ってたんです。

 

ところが、実際にオーベルシュタインの声を目の当たりにしたら、感情を表に出さないのはもちろん、想像以上に凄みも野心も上乗せして、でも、やっぱり絶対零度で永久凍土な正しさの艶のある声に、背筋がゾクッとしちゃいました。

 

「声」に聴覚から脳を通って延髄から尾骶骨までヤられたのは、ン年ぶりです。

 

諏訪部さんが出演する作品は『庭球版キャ〇テン翼』以外は比較的に見ている方だと思ってるんですが、お歌の王子様とか、黒船来航な幕末Rockとか、弓兵の聖杯戦争とか、キセキの世代最強エースとか、右眼に眼帯の祓い屋一門総帥とか、オタクな自衛官とか、スパイスの達人とか……。

 

特に印象深いのが「GANGSTA.」のウォリック・アルカンジェロ役、「スペース☆ダンディ」のダンディ役、「文豪ストレイドッグス」の織田作之助役、そして「ユーリ!!! on ICE」のヴィクトル・ニキフォロフ役でしょうか。

 

キザなハンサム役から、タフな便利屋、カッコいいんだけどちょっと抜けてる賞金稼ぎ、フィギュアスケートの妖精王さんなどなど。

 

ナレーションで声のお仕事に入った方なので、諏訪部さんご本人は「役者」と言われるのはこそばゆいかもしれませんけど、これだけ幅広いキャラクターの声を担当してこられたんですから、充分に「役者」と言って良いんじゃないかと思います。

 

そう言えば「スペース☆ダンディ」の通称「ロック回」には、ゲストキャラクターデザインとしてマンガ家の上條淳士先生が参加していらしたんですが、実は上條先生の代表作『TO-Y』のアニメOVAで主人公の冬威を演じたのは塩沢兼人さんだったなあ、とか脈絡もなく思い出して、こんな所で時空を超えて繋がってるのかな……なんて意味もなく嬉しくて、つい、ニンマリしちゃったり。

 

長年、アニメ好きやってると、いろんなことに繋がりっていうかご縁を勝手に見つけてしまう喜びを感じちゃうんです。

 

 

新銀英伝は、今夜ファミ劇さんで、第4話の最速放送があります。

せっかく、ウチは見られる環境があるので、横着(?)せずに、ちゃんとファミ劇さんで見て新しい発見をしながら、TOKYO MXさんで、じっくりかみしめて確認するようにしよう! と改めて思いました。

 

 

もう、本当に心臓に悪い罪な声ですよ、オーベルシュタイン as 諏訪部さん! (*-ω-)ドキドキ

 

なんて言うかですね……比較するのはそもそも間違いだろ!って前提で言いますけど、

塩沢兼人さんのオーベルシュタインは、もちろん絶対零度の永久凍土なんですが、例えば元帥府でバッタリ出食わしたら、ピシッと固まるんですけど

「……まあ、いいでしょう」と見逃してくれるような、ある意味母性、わかりやすく言うと「ママ味」があるんですが、

諏訪部順一さんのオーベルシュタインは、元帥府で出食わしたら、後暗いこととか何にもないはずなのに、ヒッ!! って固まって「ごめんなさい!ごめんなさい!! ごめんなさい!!! 」って思わず口をついちゃって

「……何かしたんですね? 話していただきましょうか」って、昭和…いや、明治時代の圧倒的家父長制時代の父性を、いわゆる「おっかないお父さん」な感じがするんですよ。

 

わかっていただけるかしらん( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ

 

 

今からこんなんじゃ、今夜登場する新キャストの声に、無事でいられるかしら、ワタシ……。

 

OBABAがひっくり返ってたら、なにとぞ、AEDで蘇生してやってくださりませ! パタッ_(:3」∠)_

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス