こんにちは

イバンの実を含む数種類の対戦に使える木の実が解禁されたようです
早く使ってみたいです。

ということでさっそく思いついたイバン個体がバンギラスとソーナンス

今回はバンギラスのイバン実装を考えてみました。




焦点化したのは受けループにおけるバンギラス

主にゲンガーメタとして入れるわけですが、残念なことに気合玉ゲンガーに返り討ちにされるケースはかなり増えてきました。

鬼火を警戒してラムバンギを推してきましたがどちらかというと気合玉で押してくるケースが多い様子。
というか鬼火だけでは対面で勝てませんからね。至極当然のことでしょう。

交代際に気合玉を被弾することで突破される、あるいは赤ゲージまで持っていかれ、そのまま次のターンになすすべなくやられるというケースが多いです。それを考えると受けループのバンギはイバンが生きるかもと考えました。

ということで個体詳細


慎重/すなおこし/イバンのみ

H236A116D156
205-169-130-*-154(231)-81

おいうち/噛み砕く/選択/選択


◎上記配分で
C190メガゲンガーの気合玉を7/8でイバン圏内(低い乱数だと25%以上体力が残る)
C222メガゲンガーの気合玉を最高乱数以外耐え


Aに振らないとHSメガゲンガーを落とせないのでHDの残りはA振りが妥当でしょう。
C無振りからC極(補正付きは無考慮)までの気合玉メガゲンガーへ高い確率でイバンからの返しの技を打つ展開に持ち込めるかと思います。
当然バンギを後出しして気合玉を被弾した次のターン、ゲンガーには引くという選択肢がありますが、気合玉を被弾することでHD配分がばれるので受けループの個体ならば追い打ち個体であることは容易に想像がつき、引くという選択は選びづらくなります。

残りの2枠は比較的自由に技を選ぶことができます。カスタマイズ性もそこそこあると言えるでしょう。例えば陽気ガブの地震もイバン確定圏内で耐えるため返し用に氷技を入れてみるなどが考えられます。

受けループ使用目線で言えば縛り性能と上からの圧力がキツイメガゲンガーですが、対抗策の1つとしてこのバンギラスをもう少し考えてみたいです。