今考えうるベストメンバーで快勝!しかし大和が無念の離脱 | 横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

横浜DeNAベイスターズに一喜一憂

No BayStars No Life
今日は負けても明日は勝つやよ!
ベイスターズの試合結果、球団のニュースをポジティブに時にはネガティブに「一喜一憂」しています。
たまぁにベイスターズ以外のことも書きますが、そこは生暖かい目でお願いします。

桑原と伊藤裕が1軍に戻ってきました。
桑原は復帰即1番センターでスタメン出場でした。

【ベイスターズ スタメン】
1(中)桑原
2(右)梶谷
3(二)ソト
4(左)筒香
5(一)ロペス
6(三)宮﨑
7(捕)伊藤光
8(投)上茶谷
9(遊)大和

久々に桑原が入ると、いい感じのオーダーが組めますよね。

その桑原と筒香がセンターフライを追って交錯するという、初っ端からヒヤッとしましたが、2人とも大丈夫だったのでホッとしました。

伊藤光が山田哲の盗塁を刺しましたね。
連続盗塁成功記録を止められた山田哲はリクエスト判定でもセーフとはならず、2塁ベースから動こうとはしませんでした。
明らかに遅延行為だったかと思います。

筒香の先制ホームランはバックビジョンの左でした。
ヤクルトの石川攻略への口火を切ってくれました。

3回には、その石川がボークを取られ難なく追加点が取れました。
9番大和、1番桑原(背番号ではなく打順です)がヒットを繋ぎ、2番梶谷が送りバントを決められたことが石川にプレッシャーを与えられたのかもしれません。

かたや、上茶谷は毎回ランナーを背負い苦しいピッチングが続きました。
3回表には、2アウトからヒットとフォアボールで満塁とされるも、山田哲を真っ直ぐで空振り三振を取るなど要所でナイスピッチングを見せてくれました。
まあ4回に点を取られちゃいましたけどね。
5回表、ノーアウト1・2塁でヤクルトのクリーンアップを抑えられたのが大きかったですね。
バレンティンに打たれたセンターフライぐらい大きかったと思います。


そして、勝負を決定づけた6回裏
ロペス、宮﨑が連続ヒット、伊藤光がフォアボールでノーアウト満塁の大チャンス!
打席には代打の伊藤裕、私のイチオシです。
ここでヤクルトは石川を諦め石山に交代
ピッチャーが代わったということで、伊藤裕に代打佐野を選択したラミレス監督
この交代が功を奏し、石山のワイルドピッチを誘い、佐野がライトへのタイムリー!
代打の代打策が成功しました。


その後は三嶋、エスコバー、ヤスアキで逃げ切りを図りましたが、ヤクルトに3点取られて何とか逃げ切りました。


DeNA 7-4 ヤクルト

勝  上茶谷 7勝6敗
負  石川 7勝6敗

本塁打(De)29号ソロ(ヤ)山田哲34号ソロ


上茶谷が約1ヶ月ぶりの白星となりました。
本人が一番苦しかったと思いますが、この勝利で壁を越えてくれたことでしょう。

桑原がスタメン起用に応えて3安打猛打賞!
結果を出してくれておじさんは嬉しいです。

デッドボールで途中で退いた大和が心配ですが、本人は出る気満々ということです。

さて、中日の大野がノーヒットノーランを達成したようですが、DeNAが相手じゃなくて良かったです。


次戦から、その中日との2連戦でございます。
予告先発は、DeNAがバリオス、中日は山井です。
そういえば山井にノーヒットノーランを食らったこともありましたね。

私も2日間名古屋に滞在いたします。
現地レポートをお楽しみに!
(ドラクエウォークのやりすぎで更新が遅れてしまうこともあります)


それではまた🖐


I☆YOKOHAMA/
 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ
応援ヨ・ロ・シ・ク!!