明日への架け橋

テーマ:

皆さん、
どんなお仕事されてますか?
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

突然何言い出すねん。
って感じですけど、
(笑)

僕が、会社員を退職して、
新しく農業の道へ進んだきっかけ
とも言えない理由をひとつ紹介します。

平均年齢、66才。

こんな言葉聞かれた事ありませんか?

実は、こういう感じの業界って色々あるんですけど、
例えばシルバー人材センターなど。
(≧∇≦)

現役でお仕事されている立派な方々ですね。

今回は、これではなかったんですが、
皆さんもよくお世話になっている職業で、

農業なんですよね。

でも、行政の方って、
アピール下手だと思いませんか?

この数字見て、多分一般の方は、

66才ですか、定年退職直後の方々が現役で
農作業頑張られてるんですね。
農業って大変な仕事ですよね。

で、終わると思います。
(≧∇≦)

じゃ、実際のところ、どうなんでしょう。

行政マンめ、
大事なアピールポイントに棒グラフ使ってやがる。

割合出すのは円グラフが、望ましい。
( ̄ー ̄)

って事で、自ら作り変えたんですけど、
どう感じられましたか?
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

{5549B50C-E466-4BFD-804F-F69502287A01}


今度、6月に大阪で青年会議所の方に講演を依頼されてて、その時に使用する資料なんですが、

20代が、1.4%
30代が、3.5%
40代が、5.1%
50代が、12.5%

公務員って、基本60才で定年なんですが、
59才以下の農家って22.5%しかいないんです。

みなさん、
一度スーパーに行って、国産生鮮品コーナーを見渡してみて下さい。
この売り場の半分の野菜やお肉
牛乳などが、70才以上のおじいちゃん、おばあちゃんが現役で、作られているのです。
(≧∇≦)

70代以上というのも、分かりにくくしてしまう
感じですが、
地元でも、95才のおじいちゃんが現役で農業されてたりします。
足腰しっかりしていて、
杖なしで歩きますし、
ミッションの軽トラ運転してますし、
頭もハッキリしている。

いやいや、
昔話でも、おじいちゃんは山へ芝刈りに、
おばあさんは川へ洗濯に、と、
働き者なんだと感心してましたが、

農業界はそのまんまなんですよね。

39才以下の割合が5%で、
国産野菜の需要は一定以上存在するこの世の中。

商売敵は少ないし、
農業で、稼ぐのも悪くはないなと思ったものでした。

せっかくなので、
良ければ、こちらも。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

{5AA7242E-A8AA-4FA9-9E0A-91F9D06A2AF5}

宣伝でした。

無料だから、許して。
(笑)