字幕がある動画とない動画 | YouTubeファンの平凡な日常

YouTubeファンの平凡な日常

YouTuberが好きなルトンが、PCの話やゲームの話、面白かった話などを綴ります。

正確には字幕が表示できる動画とできない動画があります。

あれってどうやって決まってるのでしょうね。


しゃべりがメインの動画はだいたい自動生成の字幕が出せると思うのですが、コンサートみたいな感じで、音楽メインでたまにしゃべりのような動画だと、出ていないように思います。





字幕が自動生成されるってすごいなと思うのですが、日本語の精度はまだまだ高くありません。Googleドキュメントの音声入力機能の方が、精度が高いような気がします。

YouTubeも、Googleドキュメントで音声入力するような気持ちで話せば、もっと精度が高く日本語に起こしてくれるのかもしれませんね。



字幕で驚くといいますか、すごいなと思うのが、以前よりも楽に世界に発信できるようになったんだなというところです。過去、動画を作る場合は日本語なら日本人対象、もっと世界に発信したければはじめから英語で作るか、英語の字幕をつけるかという感じだったと思います。

(おそらく)自動的に翻訳まではしてくれてないと思うのですが、視聴者がボランティアで翻訳してくれたりすれば、YouTubeの翻訳機能で字幕を表示することができますよね。


予め動画に字幕を組み込むとしたら1言語だけになってしまいますし、ミスがあって直すと動画全体をアップロードし直すことになります。その点、YouTubeに字幕機能がついた(なかったですよね?一昔前は)というのは大きい進歩だと思います。



海外動画も日本語字幕が用意されているものがあり、見ることが少し増えました。