仕事が辛いからフリーランスになろうと思った人は、えらてんさんの動画を見たほうが良い | YouTubeファンの平凡な日常

YouTubeファンの平凡な日常

YouTuberが好きなルトンが、PCの話やゲームの話、面白かった話などを綴ります。

ブラック企業というのは確かに存在していて、そこにい続けてはいけないという会社も間違いなくあると思います。

しかし、精神的に辛いという理由で職を変えたいと思うなら、そこで取るべき選択肢は転職であって、安易にフリーランスになろうなどと考えてはいけないのです。



そんなことが、こちらの動画を見て分かりました。



・・・


と言って、動画をご紹介したかったのですが、えらてんさんの動画がたくさんありすぎて、どの動画を見たのか分からなくなってしまいました。もし見つかったら書き込みます。







さておき、フリーランスというのは自営業。人を雇っていなくても経営者なのです。

自由は得られるかもしれませんが、会社員よりもずっとタフな精神が求められるのは当然です。

なぜなら、経営者は常に決断をしなければならないから。決断するということが、もっとも精神的な負担の大きいものではないかと私は思います。



えらてんさんは会社に所属しないで働いている。でも、それは本人の適性の問題であって、どちらかというと会社で働くことを推奨しているんですよね。

フリーで働いていてそれを勧めないというのは、珍しい気がします(というより、ネットで目につくのは勧める人ばかりなんですよね。フリーで働くことを勧めるビジネスをしている人たちがいるからで、これは当然のことです)。



フリーで働くことを勧めることが悪いとは思いませんし、実際それで自由になれる人もいると思います。

でも、今がきついから、というような理由だと、おそらくうまくいかないのでしょう。

インターネット上ではフリーランスの良い面ばかりが強調されており、その大変さはあまり発信されていないように思います。