民主党茨城県議会議員 佐藤光雄氏の『東海第2原発の安全審査への支援を行うべきだ』発言 | たかが電気の為に。

たかが電気の為に。

脱原発!!被災地の復興が最優先!!


テーマ:

茨城県議会 東電出身の民主議員
原電を全面擁護
「東海第2の安全審査へ支援を」


$たかが電気の為に。

10月8日の茨城県議会代表質問で、民主党の佐藤光雄議員(水戸市選出)は、東日本大震災時に被災した東海村の日本原電東海第2原発の再稼働に向けた支援を県に求めました。
佐藤議員は東京電力の出身です。
$たかが電気の為に。
(茨城県議会 民主党の佐藤光雄議員)

質問で佐藤議員は、
「太陽光や風力などの再生可能エネルギーはコストもかかり、供給が不安定。きびしい国際情勢のなかで生き残り、発展していくためには安定的かつ安価なエネルギーが必要だ」
と前置きしました。

そのうえで、

「本県はわが国の原発発祥の地であり、国のエネルギー政策に大きな役割を果たしてきた」と強調し、「津波被害を最小限にくい止めたのは原電が対策をとってきたからだ」
と原電を全面的に擁護。
「原発が県発展に寄与してきた事実を踏まえ、東海第2原発の安全審査への支援を行うべきだ」
と知事に迫りました。

自民党議員席からは、

「自民党でさえ言えないことを言っている」
という声が漏れました。

(「しんぶん赤旗」首都圏版 2013年10月9日付より転載)
民主党茨城県議会

またまたでやがった!


民主党の原発推進派議員のトンデモ発言!


この男、もと東電社員で地方の県議会議員ではあるが、所謂ところの族議員だ。


東海第二原発を再稼働させたいらしい…

$たかが電気の為に。

今さら言うまでもないが、、もしこの原発が重大事故を起こせば、首都東京も人が住めない汚染地帯になる。


いや、今でさえも汚染地帯だがな!


いまだに


>「太陽光や風力などの再生可能エネルギーはコストもかかり、供給が不安定。きびしい国際情勢のなかで生き残り、発展していくためには安定的かつ安価なエネルギーが必要だ」


などと、バカ丸出しの戯言を涼しい顔で言ってるあたり、『普通の神経』じゃない


今さら原発を再稼働させる理由は無い。


もう、原発無しでも今期の歴史的な猛暑も乗り越えた、


冬の大寒波も乗り越えた。


>「津波被害を最小限にくい止めたのは原電が対策をとってきたからだ」


バカも休み休み言えって…

$たかが電気の為に。

たまたま運が良かっただけだ。東海原発にも津波は迫っていたが、その津波の高さなんて想定外だったはずだ!



だから民主党はダメなんだよ!!


この役立たずが!


支持母体が電力会社の政党はよ!


あの体たらく!おかげで原発強行推進政党の自民党が調子ついてしまった。


まぁどちらにしたって、東海第二原発の再稼働なんて常識的にありえん!


わざわざ老朽しまくりの東海第二原発なんか動かさなくても電気は足りているのだバカヤロー


そういう妄想は床についてから言ってくれやー


ちゅうか辞めちまえ!



山田チャソはランキングに参加中です!
脱原発に一票応援clickをお願いいたします。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
ペタしてね







山田チャソさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス