『自分の人生に責任を持つ』

以前、この言葉に違和感があった。


失敗したら、ダメ。

失敗したら、辞職しなきゃ。

失敗しても責任取れない。


無意識下では、こう捉えていたんだとわかった。


そうじゃない。



『自分が選択したものに、胸を張って生きること』

こういう意味だった。



失敗しても、成功しても、
自分が選んだものに間違いはない。
自分の感覚で選んだのだから、正しい。


こう心底思えるようになったのは、


先日激怒した事があって、
そこで湧いてきた言葉をガーーーっと
口から出しました。


ドン引きされるほどに
暴言吐きまくり。


身体は大喜びしてた。


そしたら、
私への信頼度が凄まじく増していることに
気が付いた。


それが嬉しかった。


自己否定大好きだった私が、
自分への信頼が増して
許せないことに怒れたこと。


自分の感じたものを最優先して、守れた。



自分への信頼があると、
どんな選択もできる。


何かで失敗したとしても
死ぬわけではない。


やり直せばいいのです。


そうは言ってみても、
潜在意識で失敗への恐れがあると
身体が強張って、動けない。




やりたい欲求が湧いてきたことの方が
素晴らしいということに気づいて。



叶ったことをイメージしたら、
身体が熱を帯びてくる。



小さなことから、
欲求を許可して行動していく。


自分への信頼が増してくるから。


そしたら、
本当に小さなことでも

怒れるし、

喜べるし、

泣ける。


感度を上げて、楽しもうよ。


{2187D40A-9246-4A69-BD20-52468C6C8B9F}