不安でいっぱいの時。
人は、物理的なデトックスが始まる。


私は、いつもお腹を下す


いつものサインが、昨日から発動。
トイレに何回行ったことでしょう


「あ、私、空回りしてる…」
「プレッシャーになってる…」
「怖い、逃げたい、隠れたい」

と自覚して、かっこ悪い自分に凹む。


何か、もやもやする時や胸が苦しい時。


女性は、感受性が強い分
言葉にするまで
タイムラグがある。



身体の奥に隠れてる本音。


それを見つけるためには、
今の自分を感じることが大事。



怖いと感じること。

不安だと感じること。


それを感じた先に、本音がポロリと出てくる。




人に「どうしたいの?」
と聞かれても、すぐには本音は出てこない。


男性は
結果や対策をその場で求める習性があると思うけど、
感じて自覚するまで時間をちょうだい。




潜在意識に隠れていた本音を
顕在意識として自覚するまで


感情の波をキャッチして、
感じて、感じて、感じ切る。


なおかつ、言葉として口から出さないと
もやもやの正体もわからない。


口から出す為には、
人がいないとできないから
そこは人に甘えるところ。


自覚さえできれば、
後はそれをやるかやらないか決めるだけ。






今回のもやもやは、

人から見捨てられる恐怖と
人をがっかりさせてしまう不安。


この感情の波にのまれて
上がっては沈み、上がっては沈み。


そして、自覚した。


新しいことに飛び込む時は

怖くて当たり前。

不安で当たり前。




不安で無価値感に襲われても
自分の価値は変わらない。


感情の波にのまれる私は弱いってこと。





弱い=ダメ人間
という思い込みに
無自覚に自分を責めていた。




強さを魅せる人だけが素晴らしいって、
誰も言ってないのに。





人は自分を責めている時、
ほとんどが無自覚だと思う。


無自覚ゆえに、厄介。


自覚するまで、自分を苦しめ遊んでいる。







新しいことをする時、
人は怖くていいんだよ。



不安に押し潰されそうでもいいんだよ。




それでも、前に踏み出していく瞬間が
とっても美しいのだから。




弱さを許して、そのままの自分で進んだとき。




景色が輝いて見えるでしょ。




同時に、あなたも輝いてるってこと。




弱いからこそ、美しい。


{B169B44B-82B8-4B0E-BE5B-88EB8E55C8EA}