99.9THE MOVIE 特典映像 | 天使だもん☆松本潤くん応援ブログ

天使だもん☆松本潤くん応援ブログ

嵐の松本潤くんをひたすら愛でるブログです。 かっこよくて可愛くて綺麗でちょっと天然な天使の潤くん。 毎日好きが更新されています!

ようやく感想が書ける!

いや、時間はあったんですよ。

でもなんか頭の中がまとまらなくて、全然書けずにいました。

と言っても、特典映像もまだ1回しか見てなくてあんまり詳しくは書けないんですけども。

とにかく今回のパッケージがすごくおしゃれで凝ってて、しかもSPドラマのDVDも一緒に入れられるという配慮もあってすごく良かった!

でもわたし今回失敗したなと思ったのが、少し前に我が家のDVDプレイヤーが壊れてしまって、新しいのを買ったんですよね。

その時、ブルーレイにしようかとちょっと迷ったんですけど、結局持ってるのが全部DVDだったのでDVDでいいやと思ってDVDプレイヤーを買ったんですけども・・・

早まったなと。

嵐のライブ映像がDVDでは出ないっていうの、もう少し早く知っていればブルーレイプレイヤーの方を買ったのに!

とめっちゃ悔しい思いをしておりました・・・。

発売は9月15日だとのことなので、とりあえずFCの予約の方は済ませ、手元に来る頃にプレイヤーを買おうと思ってます。

皆さんのように大河に合わせてレコーダーも買おう、という所までは残念ながらいってません。

私にとっては高価なものなので・・・。


あ、99.9の感想でしたね。

映画本編は息子と一緒に見ました!

やっぱり何度見ても面白いですよね。

そしてドラゴンボールは結局7個あったのかというのをずっと息子と話してました。

特典はね、ホント盛りだくさんで。

やっぱり一番良かったのはビジュアルコメンタリーですね。

3人が一緒に映画を見ながら振り返るっていうのが本当に尊いというか。

潤ちゃんと香川さんはともかく、花ちゃんとは撮影始めの頃ではあんな雰囲気ではなかったと思うので、3人が本当に打ち解けあって楽しそうに映画の話をしているあの空間が見られてよかったです。

絶対に第3弾、もしくは映画第2弾があるはずだと思っているのでその時また花ちゃんが出てくれるといいなと思ってます。

撮影中、雨が降って大変だったとか、ここはアドリブだったとか、ここでは明石さんが虫に刺されてたとか・・・

そんな裏話の一つ一つも貴重ですごく楽しかったです。

このコメンタリーを観るとまた本編が見たくなり、本編を観るとまた3人の話が聞きたくなるという無限ループ!

何度でも楽しめる大変お得なDVDでございました!

TLにあふれていた皆さんの感想を見るのもすごく楽しかったです!

今、大河の情報や嵐ライブの情報も合わせてやや情報過多ではありますが、99.9の新しい情報がまだ出てないはず!

と確認しているので、まだまだ終わってないと思いますよ!




ところで。

Twitter見てる方はご存じの方も多いと思いますが、後輩くんが語った潤ちゃんの話でちょっとざわついてますね。

簡単に言うと、後輩くんが「熱い先輩」というので潤ちゃんの名前を上げ、ライブのとき緊張するかという話をしたときに「小さい会場よりも大きな会場のほうが人を感じないので緊張しない」と言ったら潤ちゃんに怒られたと。

後輩くん的には冗談のつもりだったのにその後もずっと怒られ続け、それだけ潤ちゃんがライブに対して熱い人だ、と言いたかったのだと思いますが。

でもこれね、ほんと潤ちゃんにキレられたって話をする後輩くんとかメンバーとかね、ただのネタだろうし潤ちゃんのキャラ的にそういう話がうけると思って話されてるのかなってわたしは感じてるんですけども。

ファン的には何も面白くない。

言い方の問題でもあるんですけどね。

これが、「すごくいい話をしていただいて、勉強になりました」みたいな感じだったら潤担も「ありがとう!」って感じになってたと思うんですよ。

でもただ「怒られた」「キレられた」みたいに言われるとね。

そして1日中ずっと「ありえない」と言われ続けて「そんなガチな感じじゃなかったのに」みたいな話し方を聞いていると、まるで真剣に話していた潤ちゃんが悪いみたいに聞こえますよね。

ファン思いで後輩思いの潤ちゃんの思いが全く通じていないんじゃないかと、悲しくなりました。

そんなにもう若くもない、いい年のしかも作家という肩書まで持っている人が、なんでそんな話し方をしたんだろうと疑問すら感じました。

自分だって後輩に対してアドバイスとかする立場の人なのに、同じような話をしたときに彼は後輩に「大きな会場では人を感じないから緊張しないよ」と言うのだろうか?

それを聞いた後輩は大きな会場でファンを人と思わないのが正解と思うようになるのだろうか?
そのライブに行ったファンはそれで楽しめるのだろうか?

なんだかとっても悲しいしがっかりする話でしたね。




ご訪問ありがとうございます!
お気に召しましたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです!

人気ブログランキング