>「地域の不良少年だと思われていたが、今や英雄だ。私のアイドルになった」と絶賛した。


やはり、ドゥテルテ大統領はすべてを理解しているようだ。


エルドアンに続き金豚まで、これまでユダヤ悪の下僕だった人物の転向が続いた。文在寅にもその気配がある。

あべは愚鈍すぎて、この行動は取れないだろう。


あべが孤立しているというのは事実だが、ただ単に相手にされていないというだけ。

自分はそうじゃないっ!と狂乱しているが。w
 ↓
*哀れ! 南北会談で安倍首相が「蚊帳の外じゃない」と強弁してまわるが、トランプにも北朝鮮にもいいようにあしらわれ
http://lite-ra.com/2018/04/post-3984.html


ユダヤ悪とともに地獄に落ちるのを見るのが楽しみである。


----
*【南北首脳会談】ドゥテルテ氏、金正恩氏を絶賛「不良少年が英雄になった」
産経ニュース / 2018年4月29日 17時20分
https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_wor1804290013/

 

AD

立憲民主党を攻撃する人物は、基本的に日本の敵ですよ。


民進党にはあべ一味と指揮命令系統が同一の人物が多数だし、希望の党はほぼ9割がそれ。


まともな人物は立憲民主党に入党するだろう。


ただ、工作員として立憲民主党に入党しようとする奴もいるだろうが、枝野氏はそれもお見通しで対処するだろうね。


----
RKブログのコメントより(敬称略)


冨永 俊史
2018年4月27日 6:13 AM
【民進党議員:立憲民主党への入党の動き加速】
◆民進離党の動き加速 玄葉、小川氏ら(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018042601001710.html


民進党で26日、希望の党との新党「国民民主党」に参加せず、離党を目指す動きが加速した。衆院で玄葉光一郎元外相、参院で小川敏夫参院議員会長がそれぞれ記者会見し、新党への不参加と民進離党を表明。小川氏は立憲民主党への入党を申請するとし、参院では17人くらいが離党するとの見通しを明らかにした。自らと同様に立民入りを図る議員のほか、無所属で活動する議員もいると説明した。


会見で、玄葉氏は「新党へは参加せず、無所属の立場で活動を続ける」と明言。近く離党届を提出する考えを示した。小川氏は、安全保障や原発問題など新党の基本政策には違和感があると強調した。

2018年4月26日


冨永 俊史
2018年4月27日 6:56 AM
┃立憲民主党が引き続き野党第1党を維持┃
【希望の党・民進党議員:「国民民主党」参加を見送る動き広がる】
◆希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180427/k00/00m/010/135000c
希望の党と民進党は26日、大型連休明けに新党「国民民主党」を結成することを決定した。両党の民進出身議員が結集して与党への対抗勢力を作る目的だが、統一会派結成が頓挫した1月と同様、希望、民進双方の党内では消極論も噴出。新党参加を見送る動きが民進議員を中心に広がっており、四分五裂の状況に陥りそうだ。


民進党は26日の両院議員総会で、希望との合流による新党結成を決め、大塚耕平代表は「5月7日に結党大会を開きたい」と表明した。ただ、両党は政党支持率がともに1%程度に低迷。新党への期待感も薄く、民進党内では、野党第1党の立憲民主党との連携を主張する声も根強い。


民進党の小川敏夫参院議員会長は26日の記者会見で、離党して立憲へ入党する考えを表明。「立憲に行く人が10人くらい、無所属が7人くらい」と述べ、参院会派の民進党(41人)で計17人が新党に参加しないとの見通しを示した。このうち難波奨二氏ら5人は、5月7日にも立憲に入党するため離党届を提出する意向だ。


衆院でも岡田克也元代表が束ねる民進系会派「無所属の会」の約10人が26日に協議し、新党に参加せず会派を存続させることを確認した。岡田氏に近い中川正春元文部科学相は「(無所属の会で)今まで通り活動する」と記者団に語り、安住淳元財務相も27日に新党不参加を表明する。同会派に所属していない玄葉光一郎元外相は、無所属で活動する考えを示した。


一方、希望は26日の両院議員総会で、保守系の松沢成文参院議員団代表ら5人との分党を正式に決めた。さらに、「新党の原発ゼロ政策や安全保障関連法への対応があいまいだ」として、大串博志衆院議員らリベラル系議員が新党参加を見送るという見方が強い。大串氏は記者団に「支援者と相談して慎重に決めたい」と保留した。


希望のうち新党不参加組は、保守系とリベラル系で計15人程度とみられる。また、分党後の「希望の党」に参加すると表明していた長島昭久衆院議員は、参加を見送り、無所属で活動する方針に転じた。


このため希望・民進が合流する新党は、衆院で野党第1党には届かない情勢だ。参加する議員は衆参両院で計70人を下回る可能性が高く、立憲民主党が引き続き第1党を維持しそうだ。
2018年4月26日


--
*花桃が咲き誇る信州から、戦の始まりを宣言します!
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2018/04/26/26545/

 

AD

>「誰もその本質を知らない仮想通貨を通貨と決定した日本政府はおかしくないですか?」


>「これはドル防衛のための詐欺です」


>「日本政府も詐欺の片棒を担いでいるのです」


>「だから、正体不明の怪しげな、得体の知れないものを『通貨』と言ったのです」


>「これから被害者が出ます」


>「多額の円が仮想通貨を通じて消えます」


>昨日の今日で次のニュースである。


>[コインチェック、580億円相当の仮想通貨「NEM」なぜ消失]


----
RKブログのコメントより(敬称略)


穂咲青二才
2018年1月27日11:40 AM


大阪定期講演会おめでとうございます。


 現在、北朝鮮と韓国は急接近中。
それを在日マスコミは極端に危険視した報道に徹する。
他所の国とよその国が仲良くなってはいけないのでしょうか?
仲間はずれ遊びをしていた仲間に逃げられて自分だけが仲間外れになる在日朝鮮悪たちに落ち着きがない。


 北朝鮮への対話路線は「露中」が主張していたものであり、制裁路線は「ユダ米(英)」が強制していたもの。
韓国は単に「露中の路線(一帯一路)」を歩いているのであり、「離れ大陸ユダ米」の強制力が韓国には働かなくなったというだけのことで、驚くべきことではないと思う。


 そんな中、ユダヤ悪IOCが平昌五輪に出場できるロシア選手を発表。

今までドーピング疑惑の無い多くの有力選手が出場できない事態になっている。


 これはユダヤ悪による「ロシアコワイコワイ大作戦」だ。


 ロシアは「脱ユダヤ悪」を果たしている。
そして、プーチン氏はロシア革命の本質を国民によく説明している。
ロシア革命はユダヤ人によってなされた国家転覆であり、ロシア人の意思によるものではなかったと。


 このロシアの偉業を世界に知られたくないグローバルユダヤ悪は、「ロシア制裁」という手段を用いて、「自分らの悪巧みが世界中にばれるのを阻止」している。
ロシアに起こったことが世界中に伝播しないよう、ヒステリックに対応している。


 「ロシア選手、国旗掲げてはダメ 平昌五輪のガイドライン」
1/27(土) 11:02配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000028-asahi-int


 観客席から投げ込まれたロシア国旗を掲げることは許しません――。国際オリンピック委員会(IOC)は26日、組織ぐるみのドーピング違反のため、平昌(ピョンチャン)冬季五輪に個人資格で参加するロシア選手たちへの「行動ガイドライン」を発表した。
以上


 IOCの発狂的なロシアいじめは、「攻撃」的に見えるが実際は「防御」なのだ。


 ユダヤ悪はこれから防戦一方に陥る。
その「防戦」はさらに攻撃的なものになるだろう。
IOCのやっていることを見ればわかる。
今まで自分らが人類に対してやってきたすべての悪巧みが全部ばれるのは彼らにだって恐怖だ。
その恐怖から逃れるべく、ユダヤ悪はISISのようになる恐れがある。
ロシアの「脱ユダヤ悪」はそれほど彼らにとってまずい事態なのだ。
ハートランド構想において、文字通りロシアは世界の「心臓」にあたる。


 その「心臓部」が「脱ユダヤ悪」なら、そこから世界中へ送られる血液は、世界という体の隅々まで行きわたるだろう。


 通貨発行権の私物化を通じて世界を牛耳ってきたユダヤ悪。
その秘密性だけが彼らをして世界の支配者たらしめてきた。
しかし、ロシアの「脱ユダヤ悪」の血が、これから世界中を駆け巡る。


 ユダヤ悪よ!
秘密性を高めるために今更ビットコインでお茶を濁している場合ではないのだ!


 昨日、
「話がききたい」
と、某銀行の支店長さんが見えた。
仮想通貨の話になると、
「みんなで掘ってるっていうやつでしょ!」
と、嬉しそうに掘るしぐさをされた。
それだけの御認識だった。


私が、
「誰もその本質を知らない仮想通貨を通貨と決定した日本政府はおかしくないですか?」
「これはドル防衛のための詐欺です」
「日本政府も詐欺の片棒を担いでいるのです」
「だから、正体不明の怪しげな、得体の知れないものを『通貨』と言ったのです」
「これから被害者が出ます」
「多額の円が仮想通貨を通じて消えます」
というと、


「そうですね、言われてみれば」
と仰る。


 昨日の今日で次のニュースである。


[コインチェック、580億円相当の仮想通貨「NEM」なぜ消失]

1/27(土) 1:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000012-zdn_n-sci


支店長さんもご覧になってびっくりされていると思う。


 講演会のご成功を祈ります。


--
*2018.1.27リチャード・コシミズ大阪定期公演会にご参加、ご視聴いただきありがとうございました。次回は、2月11日(日)RK那覇講演会です!
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2018/01/28/2018-1-27%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%85%AC%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%81%AB%E3%81%94%E5%8F%82%E5%8A%A0/

 

AD

東芝は、半導体メモリ事業を2兆円で売って経営立て直しを図ろうとしているが、ソフトバンクは携帯事業を上場させて2兆円の金を得る算段をしている。


上場というと聞こえが良いが、実態は東芝と同様だろう。


以前の弊ブログ( ソフトバンク終了?: https://ameblo.jp/ruroibrown/entry-12326480227.html )で書いているように、白犬会社の財務基盤は脆弱である。


----
RKブログのコメントより(敬称略)


ハラ
2018年1月15日2:18 PM


>調達資金は、財務体質強化や新規分野への投資に充てるとみられる


巨額な有利子負債の利子支払に充てるのでは?


●携帯会社ソフトバンク上場へ=過去最大規模の2兆円調達―財務強化と新規投資に充当
1/15(月) 8:06配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000010-jij-bus_all
 ソフトバンクグループは15日までに、主力の携帯電話子会社ソフトバンク(東京)を上場させる方針を固めた。年内の上場を目指し、近く東証と本格的な調整に入る。資金調達額は2兆円に達する可能性があり、実現すれば過去最大規模の新規株式公開(IPO)となる。調達資金は、財務体質強化や新規分野への投資に充てるとみられる。


 報道を受けて、15日午前のソフトバンクグループの株価は一時約6%上昇、時価総額は10兆円を超えた。これまでのIPOによる資金調達額は1987年のNTT(約2.3兆円)が過去最大。


 ソフトバンクは、NTTドコモやKDDI(au)と並ぶ、国内の3大携帯電話会社の一つ。固定電話やブロードバンド(高速大容量)の通信サービスも手掛けている。2006年の英ボーダフォン日本法人の買収を機に携帯事業に参入した。年間売上高は約3兆円で、グループ全体の35%を占める。


 持ち株会社であるソフトバンクグループは東証1部に上場している。企業の合併・買収(M&A)を積極化して業容を拡大。傘下に日本のヤフーや米携帯大手スプリント、英半導体設計大手アームなども抱える。ソフトバンクの株式については、議決権の99.99%を保有している。 


-
冨永 俊史
2018年1月16日7:00 AM


【ソフトバンク:楽観できる財務状況にはない】
◆ソフトバンク、携帯上場へ=将来の布石へ積極投資-孫氏「18年は大きな挑戦」(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011501054&g=eco
ソフトバンクグループが、主力の携帯電話子会社ソフトバンク(東京)を年内にも東証1部に上場させる方針を固めたことが15日、分かった。新規株式公開による資金調達額としては過去最大規模の2兆円に上る可能性がある。主に投資に充て、将来の布石を打つのが狙いとみられる。


ソフトバンクグループは2016年、英半導体設計大手アーム・ホールディングスを約3兆3000億円で買収した。過去の借り入れも多く、有利子負債は17年9月末で約14兆6500億円、年間の支払利息は17年3月期で約4600億円に上る。【保有株の含み益も巨額とはいえ、楽観できる財務状況にはない】。


それでも投資を拡大するため、サウジアラビア政府などと昨年5月に10兆円の投資ファンドを設立。共有ワークスペース運営の米ベンチャー企業ウィワークにソフトバンクグループと共に計44億ドル(約4800億円)を出資することで合意したほか、米画像処理用半導体(GPU)大手エヌビディアなどにも出資した。


ソフトバンクグループの孫正義社長は、あらゆる機器がネットワークでつながる「モノのインターネット(IoT)」が急速に普及し、人工知能(AI)が人間の知能を超える「シンギュラリティー」も今後30年以内に訪れると予想している。このため、情報分野に相次ぎ投資することで「同志的結合」と呼ぶ企業群を形成し、同社主導で情報革命を進めたい考え。


孫氏は昨年末、投資について「これまでは助走にすぎない。18年は大きな挑戦をする」と記者団に宣言した。携帯子会社の上場で軍資金を確保し、投資を拡大する考えだ。


ただ、ソフトバンクグループは孫氏の類いまれな投資センスで企業規模を拡大してきた。カリスマ経営者に依存する危うさは拭い切れない。投資先が増えれば増えるほど経営状態を的確に把握できなくなるリスクも高まりそうだ。
(2018/01/15-20:10


--
*2018.1.13リチャードコシミズ 札幌講演会 動画です。
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2018/01/15/2018-1-13%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%80%80%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%80%80%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82/

 

>東芝の株主になっている香港のアクティビスト・ファンド(モノ言う株主)が、同社の半導体子会社売却に異議を申し立てた。


6000億円の増資により債務超過解消の道筋が付いたとして、収益源の半導体売却を行う必要はなくなったと主張している。


>半導体の売却価格2兆円は「事業価値を大きく下回っている」と指摘。半導体子会社の新規株式公開(IPO)を目指すべきとした。


>そのうえで、チャン氏は「東芝メモリの売却を急ぐ必要は、もうないと考えている」と語った。


当然の主張です。


筆者が以前のブログで述べたことを香港の株主が言っています。
⇒ https://ameblo.jp/ruroibrown/entry-12329224153.html


ただそうすると、裏社会に1200億円もの金が流れなくなるので、東芝半導体売却は強行されます。


----
*東芝は半導体事業売却すべきでない 香港のアクティビストが異議
ロイター / 2017年12月11日 18時51分
https://news.infoseek.co.jp/article/11reutersJAPAN_KBN1E50TV/

 

あべ一味の榊原定征に大ブーメラン。


>榊原氏はこれまで、神戸製鋼所や三菱マテリアルのデータ改竄問題を強く非難してきた。


>27日の定例記者会見でも「日本の製造業に対する信頼が揺らぎかねない深刻な事態」と指摘。


>不正があった場合に「発覚時点で公表するのが原則だ」と、各社の情報開示のあり方も批判してきた。


>だが、翌28日午前には、東レが不正の把握から約1年3カ月も経過してデータ改竄を発表。


>他社への批判を繰り返してきた榊原氏にとっては、自らの出身母体に足元をすくわれる形となった。


あべ一味駆除の大きなウネリがきている気がする。


----
*榊原経団連会長の出身企業 社長在任時の不正 公表前日に神鋼や三菱マテ非難も 
http://www.sankei.com/economy/news/171128/ecn1711280045-n1.html

 

で、


>すべての未処理デリバティブの総市場価値は、2007年末の14.5兆ドルで、596兆ドルの推定額の40分の1以下であった。


差額の581.5兆ドルが金融詐欺師のフトコロに入る手口。


来年2018年にこれがハジけると予想する専門家が結構います。


リーマンショックの何十倍もの影響があるだろう。


----
RKブログのコメントより(敬称略)


3838panda
2017年11月27日10:33 PM


前のコメントで紹介した世界のデリバティブ負債推定合計金額に関する英語記事。
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/explainer/2008/10/596_trillion.html
これを翻訳した文です。↓


$ 596兆!


デリバティブ市場は、世界の金融資産総額よりもどのように価値があるのでしょうか?
ジェイコブ・レイベンラフト(NY市場のトレイダー)


アイオワ州の上院議員トム・ハーキン氏は、約596兆ドルと見積もられた「店頭デリバティブ」市場の規制について、火曜日に電話をかけた。対照的に、世界の金融資産(株、債券、銀行預金を含む)の価値は、昨年、マッキンゼーによって167兆ドルに固定された。デリバティブ市場は、世界の金融資産全体よりどのように大きくなりますか?


同じ資産が複数の異なるデリバティブに関与する可能性があるためです。誘導体は、その値は例えば株式の他の株、金利、為替、または油のバレル、何かに依存した金融商品です。デリバティブの1つの種類は、あなたが今から6ヶ月間、指定価格でオイルを購入できる契約であるかもしれません。しかし、石油の価格がどのように変化するかはまだ分かっていないので、その契約の価値を見積もるのは非常に難しいかもしれません。(対照的に、株式市場で取引されているすべての株式の価値を合わせることは比較的簡単です。)


その結果、金融専門家は、これらすべての契約に関わる合計金額について、教育的に推測する必要があります。1つの方法は、デリバティブが基づいている資産の価値を単純に加算します。言い換えれば、私の契約で50バレルの石油を購入することができ、現在の価格が100ドルであれば、その「想定価値」は5,000ドルと言われます。これは私の契約が派生する資産の価値です。デリバティブごとに同じ計算を行い、それらの数値を加算すると、国際収支銀行(Bank of International Settlements)によると、2007年末の世界の店頭デリバティブの「想定価値」は約596兆ドルになります。(「カウンターを越えて」デリバティブとは、取引所を通じてではなく、2つの当事者間で交渉される契約を指す。


しかし、「想定上の価値」は、通常、契約が当事者に本当に価値があるものか、どれくらいのリスクを払っているかを非常によく表しているわけではありません。(そして、他の財政措置と簡単に比較することはできません。結局のところ、5,000ドル相当のオイルを購入する権利は、実際に5000ドルのオイルを所有する権利と同じではありません。)その596兆ドルは効果的に関連するデリバティブです同じ資産 – 1月にユーロを購入する契約があり、4月にユーロを購入する契約を結んでいる場合、同じ通貨を購入する可能性がありますが、想定元本は2倍になります。さらに、多くの場合、「想定元本金額」は、金利スワップの場合には手を加えないベンチマークに過ぎない、最も一般的なタイプの派生物である。同様に、リスクをヘッジするためにデリバティブが頻繁に使用されるため、システム内の多くの契約が互いに実質的に相殺される可能性が高い。


デリバティブ市場の規模を測定する別の方法は、デリバティブの市場価値を計算することです。これは、契約を今日解決する必要がある場合にどれだけの価値があるかを指します。すべての未処理デリバティブの総市場価値は、2007年末の14.5兆ドルで、596兆ドルの推定額の40分の1以下であった。(互いに相殺する契約を考慮すると、その数は約3.3兆ドルに縮小する)


それでも、「概念上の価値」の概念は全く無関係ではありません。1つは、過去5年間に約4倍に上昇したすべてのデリバティブの想定価値の成長は、市場がどれほど速く拡大しているかを合理的に示しています。また、現在の金融危機の中心にあるデリバティブであるクレジット・デフォルト・スワップについては、想定元本総額が2003年の2兆6,900億ドルから今年は546兆ドルに増加したことから、特に大きな伸びを示しています。


今日のニュースについて質問がありましたか?説明者に尋ねる。


解説者は、国際収支銀行のKarsten von KleistとCarlos Mallo、国際スワップ・デリバティブ協会のRichard Metcalfe、通貨監督官庁のKevin Mukri、オハイオ州立大学のRene Stulzに感謝します。


Jacob LeibenluftはワシントンDCの作家です。


翻訳した英語記事は以上です。


--
*リチャードコシミズ名言BOT
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/11/27/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA%E5%90%8D%E8%A8%80bot/

 

 

ソフトバンク終了?

テーマ:

ちまたの印象では、ソフトバンクは通信事業会社であるが、実体は投資会社/ファンドである


巨額の借金(16兆円もある)で、会社を売り買いして利益を得ているように見えるが・・・。


その投資に大きな失敗をすると、もともと財務基盤がぜい弱なので、取り返しがつかないことになる。


下記の記事にあるスプリントとTモバイルUSとの経営統合交渉打ち切りがトリガーになるかもしれない。


2017年9月度の連結B/Sは下記の通り。(ソフトバンクホームページより抜粋)

-
・資産の部  28.0兆円
  現金・同等物       3.5兆円
  営業債権等       2.1兆円
  その他流動資産   1.2兆円
 流動資産計    6.8兆円
  有形・無形固定資産 8.9兆円
  のれん            4.4兆円
  投資              3.8兆円
  その他            4.1兆円
 非流動資産計  21.2兆円
--
・負債の部  22.5兆円
  有利子負債       4.4兆円
  営業債務等       1.6兆円
  その他流動資産   0.8兆円
 流動負債計    6.8兆円 
  有利子負債       11.3兆円 
    投資家持ち分      1.2兆円
  その他            3.2兆円
 非流動負債計  15.7兆円

-
・資本の部   5.5兆円

-
・負債&資本 28.0兆円

-
ここで特筆すべきは、有利子負債が15.7兆円もあるということ。


これの原因は、非流動資産の有形・無形固定資産8.9兆円、のれん4.4兆円、投資2.6兆円(資産の投資3.8兆円-負債の投資家持ち分1.2兆円)の合計15.9兆円にある。


この15.9兆円の内に不良資産がどれだけあるかが問題である


資本の部が5.5兆円しかないので、巨額なのれんや投資の減額、不良資産の処分などが生じれば、あっという間に債務超過に陥る状況である。


東芝と同じことが起きる可能性があるということだ。


----
*ソフトバンク、終わりました。
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/11/05/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%80%81%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82/

 

これまで、1%連中に妨害され、すすまなかったロシアと日本を結ぶ天然ガスパイプラインのプロジェクト。


これが完成すれば、日本のエネルギーコストは劇的に下がる。

天然ガスだけに絞れば10分の1くらいになることが期待できる。


日本相手にエネルギー分野で暴利をむさぼってきた1%連中と子飼いの企業(日本企業も含む)が立ち行かなくなる。
原発推進する根拠も消える。

朗報である。


----
RKブログのコメントより(敬称略)


ハニトラTシャツSサイズ希望@NY
2017年3月30日 9:58 AM


デイビッド悪魔大帝ロックフェラーがおくたばりになられたのを受け、いよいよロシアと日本を結ぶ天然ガスパイプラインのプロジェクトが現実味を帯びて参りました!
https://jp.sputniknews.com/business/201703293485504/


どんどん新しい時代に向けて動いているのを感じます♪ (^^)/
時代遅れな事を言っている/やっている連中は、デビ爺が無限地獄にまとめて引っ張っていって下さると信じています (お仲間がいないと寂しいもんね)。
ありがとう、デビ爺!!!(合掌)


--
*日本会議が「早く戦争をやろう!」と反日集会。共謀罪で全匹、逮捕しろ。
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/03/30/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E3%81%8C%E3%80%8C%E6%97%A9%E3%81%8F%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E3%82%84%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81%E3%80%8D%E3%81%A8%E5%8F%8D%E6%97%A5%E9%9B%86%E4%BC%9A%E3%80%82/
 

客船の製造途中の火災とか遅延などで、1872億円の損失をだしたが、今度は、南アフリカの火力発電事業の損失を巡って、日立と押し付け合いを始めている。


金額は、7600億円!!。


2016年12月末の三菱重工の純資産は、2兆円ほどあるので、まだ余裕がある。
ただ、これ以外にもなにか巨額な損失が出てくれば危険だね。
 ↓
*日立vs三菱重工、7600億円を「押し付け合い」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170209-00157712-toyo-bus_all

 

更に、例の小型ジェットMRJの開発も遅れまくっているので、社内での損失もふくれあがっているはず。

 ↓

*債務超過のMRJ、納入予定7年過ぎ5度目の延期でゼロからやり直し…大量キャンセル懸念
Business Journal / 2017年2月14日 6時0分
http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_309811/

 

 

一方の日立は、2016年9月末の日立の純資産は、2兆6千億円ほどあるので、こちらは余裕。