長女*十歳(ととせ)の誓い* | ママもキャリアも諦めない!働きママのこころマネジメント術【山口・下関】

ママもキャリアも諦めない!働きママのこころマネジメント術【山口・下関】

仕事も子育ても、どちらも頑張っている働きママが
より自分らしく輝くための
心と思考のバランスを整えるセルフマネジメント術


テーマ:
こんにちは。


働きママのこころマネジメント
パーソナルコーチのしらさわるりこです。


昨日は小学校の参観日。

今年度最後の参観日ということで、
どのクラスも1年の成長を披露する
ミニ発表会が催されていました。



なかでも長女の4年生は
1/2成人式ということで

【十歳(ととせ)の誓い】

として、将来の夢=
なりたい未来の自分について発表しました。




どの子も自分の考えや気持ちを
素直に表現していて
本当に素晴らしい発表ばかり。


その中でも強く感じたのは、
親の影響力。


その子がこれから大切にしていきたい、
自分でもっと伸ばしていきたいという想いから

ご両親が大切に伝え続けてきた
価値観を垣間見ることができました。



もちろん、うちの長女も例外なく。



《私は将来、子どもと接する仕事がしたい。
その子どもらの将来を幸せに出来る大人になりたい。
優しさをもっている大人になり、その優しさを生かして、これから関わる子どもたちが幸せな気持ちになれるような、小学校の先生になりたいです。》
(ちょっと要約)実際は約1分間のスピーチでした✨

小学校の先生にはビックリですが…


普段から、お友達から
『ママが怖いから家に帰りたくない』と聞くと


「マザーズコーチングのチラシをちょうだい!」
と言ってくる長女。
(もちろんチラシはあげませんけどガーン



ママが怒ったり叱ったりするには
そのママなりの理由がきっとあるはずだし

その人なりに愛情は
たっぷり注いでいると思うのです。

ただ、伝え方や
コミュニケーションの取り方を
学んでいないだけ。



だから、マザーズコーチングのチラシを
持っていってあげるんだ!という長女は
間違いではないとは思うのだけどね。


それはともかく、



子どもの将来を幸せにするためには
怖さではなく、優しさが大切なんだ、
(優しさにもいろいろあるけど)

と受け止め、それが出来る大人になりたいと言う
長女がとても誇らしかったんですよね。




私の子育てが良かったのか悪かったのか
今はまだわからないけれど、

私が大切にしていること、
夫婦で伝えたいこと、

ちゃんと伝わっているんだな、と嬉しかったな。




もちろん、私や私たち夫婦の価値観が
正解なのかどうなのかはわかりませんが

子どもたちは、私たちの価値観を
良くも悪くもしっかり受け継いでいるわけで。



親の価値観というのは
言葉でどうこう伝えるよりも
普段の生活の中で伝わってしまうもの。


それは価値観だけでなく、
思考パターンや口ぐせなんかもそうで。





娘の【十歳(ととせ)の誓い】を聞いて

私も娘たちの親として、
これからも頑張んなきゃ!と力をもらいました♡






とはいえ。

実は発表の数日前には、
『ママみたいな大人にはなりたくない!』
なんて言われた私です滝汗


どんな発表するのかハラハラドキドキでしたが

『ママみたいな大人にはなりたくない!』
発見の真相は


『ママみたいなおデブな大人にはなりたくない』
だったそうで笑い泣き




ホッとしたやら、ムッとしたやら……
なんとも言えない気持ちになりましたとさニヤニヤ







白澤るり子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ