こはく18回目の月命日

テーマ:
今日はこはく18回目の月命日です。

昨年11月の今日、新しい眼科の仕事を見つけ、採用され、2つの仕事を掛け持ちでこの1年一生懸命働いてきました。

なかなか過酷で、2週間に1回やっと休めるそんな生活…

それでも不思議と体調崩すこともなく、苦に思うこともなく、過ごせました。

こはくの導きあっての眼科の仕事が、私にとってはとてもありがたかったんです


そして、今日、6年勤めてきた公文教室での仕事を年内で辞めることになりました。

理由は、私の人生を見つめ直したい。

こはくママ、今年38歳!

今からでも遅くはない!

やりたい事を探し、挑戦しよう!

そのために、自分のための時間をつくりたい。

公文教室での仕事はとても好きだったけど、私は変わっていかなければいけない。

だから、これから自分らしく生きていくために、土台を作ろう、そう思います。

こんな考えが持てるようになったのも、たくさんの偶然が重なり、挑戦できる機会をもらえたから。

これもまた、こはくの導きのような気がします。



こはく〜ありがとう

こはくがいつも見守ってくれている、ママは心から感じているよ。

ママ眼科の仕事がんばりながら、ママらしい人生を送るために努力するね。

来年の今日、きっとママは何かを見つけているよ!


こはくとの写真をMIRUAさんこと、まいるくんママさんに描いていただきました。同じように我が子を天国に見送ったママさん。
絵を見るたびに心があたたかくなり、勇気をもらえます

minneで作品紹介されています。
MIRUAで検索できます







こはくのメッセージ

テーマ:
この1年、毎日でなくてもよくこはくが夢に出てきてくれました。

悲しい夢であったり、楽しい夢であったり。

でも、ここ数ヶ月は全く…。

こはく、ママ少しは大丈夫になったかな?と思って、お空でのんびりしてるのかな




そして、今日とても久しぶりにこはくの夢を見ました。

こはくは夢の中で生き返っていました。

私はうれしくて、おやつをあげたり、なでたり、抱きしめたり、でもこはくの体の事が心配で、こはくが生きてる事を実感したくて、心がいろんな思いでいっぱいでした。

こはくはあの頃のように、私のひざの上で寝息をたてて寝ていました。

そして、私は夢から覚めました。




夢から覚めて、ベッドでぼーっと携帯を見ていたら、ふとあるパグちゃんの写真に目が止まりました。

そのパグちゃんの写真をクリックすると、そこにはパグ脳炎の文字がありました。

こはくが旅立ち、つらくて、パグ脳炎という言葉さえも直視できず避け続けたこの1年。

偶然目に止まった写真のパグちゃんは、パグ脳炎でした。

そして、その子は今日闘病の末、お空に旅立ちました…。

月子ちゃんという、赤ちゃんのような顔のかわいいパグちゃん。




思いました。

こはく、私に知らせたかったのかな。

ママ、月子ちゃんという子ががんばって病気とたたかったんだよ。
今ね、こはくと一緒にお空にいるんだよ。
こはくのともだちだよ。

そうこはくが言っているように、感じました。




どれほどの時間がたっても、悲しみがなくなることはありません。
でも、その悲しみがうまれたその瞬間に立ち止まっていてはいけない。

こはくはどんな時も、今だけをみつめて生きました。

こはくは大丈夫!
ママも、こはくのように生きて!

そんなこはくのメッセージが聞こえたように感じました。






















こはく17回目の月命日

テーマ:
今日はこはく17回目の月命日です。

久しぶりに仕事がお休みで、今日はこはくとばぁばとおいしいものいっぱい食べ歩きました!

帰りにお花💐とケーキ🍰を買って、今さっき帰宅〜。

疲れちゃったね、こはく



あるパグちゃんが、老衰で自宅で眠りながら息を引き取ったという話を聞きました。
家族はいつものように寝ているだけだと思ったそうです。

こはくにもそんな生き方、旅立ちをさせてあげたかった。

愛する家族のそばで、他の子たちと同じくらいの時を生き、穏やかな旅立ちをさせてあげたかったです。

でも、みんな同じ生き方なんてできない。

こはくはこはくにしか送れない特別な時間をこの世で送ったのだと思います。

こはくは幸せだったし、今も幸せだとママは強く信じているよ