こんにちは。

 

瑠璃色の世界へようこそ 管理人Rinkoです。

 

今日は、2月に行ってきた神社をご紹介します。

 

大阪府東大阪市にあります 石切劔箭(いしきりつるぎや)神社

 

です。

 

ここは、母方の祖父母がお詣りに行っていた神社で、

 

私も物心ついたときから、「石切さんへ行くよ。」とよく連れられて行ってました。

 

(母方の祖父母とは、奈良の大神神社や成田山不動尊大阪別院にもよく行っていた人たちで、この祖父母の影響で、私たちもこれらの神社仏閣へお詣りに行くようになりました。)

 

 

この神社は、「石切さん」と呼ばれ、「でんぼの神様」として知られています。

 

「でんぼ」とは、「腫れ物」、「でき物」のこと。

 

体にできた「腫れ物」、「でき物」のことで

 

この神社は、

 

癌になった人が、癌を取って下さい(癌というでき物を取って下さい)、

 

とお詣りに行ったり、ご祈祷を受けに行ったりする人が多いと聞いたことがあります。

 

 

後、私の印象では、お百度詣りをしている人が多いです。

 

いつ行っても、たくさんおられます。

 

多分、ご自身や家族の病気(癌等)を治して下さい、と切に願って

 

お百度詣りをされてる人が多いのではないでしょうか。

 

(ちなみにこの日受けたご祈祷でも、「病気平癒」の人が多かったです。)

 

入口の鳥居をくぐると、正面に本殿があり、本殿に向かって左側に大きな御神木があります。

 

 

 

 

大きくて、カメラに入り切りません・・・汗

 

 

ちょっと離れて、何とかカメラにおさめようとして取った写真がこちら↓

 

 

 

まだ入ってませんね(笑)

 

 

この御神木が好きです。

 

御神木は全部好きですが・・・この御神木にも、惹きつけられました照れ

 

本殿でお詣りして、この御神木の近くにしばらく佇んでいました。

 

 

この神社のご祭神は、

 

天照大神の孫と言われる瓊々杵尊(ににぎのみこと)の兄、饒速日尊と

 

その子、可美真手命(うましまでのみこと)です。

 

大和の建国に尽力された方々です。

 

神社名は(石切神社のHPによれば)

 

神武天皇が饒速日尊の功績を讃えて剣を与えられ、

 

この神社の神様が、強固な岩をも切り裂く偉大な力をお持ちの様を表しているそうです。

 

神社名は、正に、岩(石)をも切り裂く剣 ということですね!

 

 

M師匠は、ここでも神様の姿を見て、会話していました。

 

「ここの神様は剣を持っていて、(すぱっと断ち切る)強い力を持っている。」

 

(記憶が曖昧ですが)こんなことを言っていたのを覚えています。

 

また、本殿に向かって左側に池があり、そこに亀がいます。

 

M師匠が行ったときには、その池のあたりに神様がいた、そんなことも言っていました。

 

昔からお詣りさせていただいているので、ここぞ、というときに、

 

この神社の夢を見ることがあります。

 

今回、母の夢にこの神社が出てきたので、お詣りに行ってご祈祷を受けてきました。

 

その経緯は次回の記事で。

 

それでは、今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。