NOTE15に投稿しました 



あの水平線へ沈んでいく哀れな
一隻の船を見つめている

ここから見た海辺は大変寒々しく
私と彼の身体は冷えきっていた

「寒うないか」

コートの内へ強引に入れた彼は
頬の赤みを私へ移していく

ここで見た夕焼けは矢張寒々しく
私と彼で身体を温めていった
NO DON'T DOUBT
THE GROUND I'M ON IS FAILING ONE MORE HIT AND I GO DOWN I GO DOWN

WHAT WAS RIGHT?
THIS PAST IS NOT WORTH SAVING I DON'T WANT ANOTHER ROUND NOTHING TO BE FOUND