ご無沙汰しております。真樹です。

 

9月にブログの記事を書いてから、怒涛の日々を過ごしておりました。

ですがそれは、2年越しの夢を叶えるためであり、おかげで素晴らしい時間を過ごすことができました。

こちらのことはまた改めてお話しようと思います。

 

今年もまた多くの素晴らしい出会いがありました。

このようなお仕事をさせて頂いていると、シンクロニシティは日常茶飯事とも言える頻度で起こったりもするのですが、それでも、やはり天の采配としか言えないような偶然・不思議に驚かされます。

確かに自分の意志で選択し行動しているにもかかわらず、何か目に見えない力によって、そうするように導かれたかのようにすら思うときもあります。

 

それは日々の精進の成果でもあるかもしれませんが、多くの方々のお力添えと、目に見えない存在たちのサポートがなくては起こらない、本当にありがたいことです。

 

ですがいくつかのお別れもまたありました。

とても悲しく残念なことではあるのですが、私はそうした方々は、ベールを隔てた隣の世界に移っただけであり、望むならいつでも再び言葉を交わすことができると信じています。

 

嬉しいことも悲しいことも、全ては学びです。

謙虚に受け取り、更に精進していきたいと思います。

 

セッションにお申し込みくださった方々はもちろん、私という存在に関わるすべての方々、そして目に見えない存在たちに、心からの感謝を捧げたいと思います。

今年一年、本当にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

真樹

 

晩秋の京都・東寺にて