高校入試の国語の長文を解く力 | 素敵な絵本でハッピーライフ♪

素敵な絵本でハッピーライフ♪

大好きな絵本のこと、子どもたちとのこと、
学校司書としての活動など綴っています


テーマ:

ご訪問ありがとうございますオカメインコルチノー(ピギャー)ハート

 

すっかり暖かくなりましたねキラキラ

少々激しい春の嵐でしたが汗

春一番も吹き、

着々と春に向かっています赤梅

 

昨日は、中2の息子の参観があり、

その後、学年最後の懇談会がありました。

 

主に、3年生になって早々にある、

修学旅行の説明会がメインだったのですが、

その前に、少しだけ先生方から、お話を・・・

だけど時間が無いので、どの教科がいいですかはてなマーク

となって、保護者の挙手の数で多かった、

国語と英語の先生からのアドバイスをいただけました。

 

気持ちは、修学旅行音譜という感じだったのですが、

先生方の話が始まると、

一気に引き締まり、やがて危機感へと変わりました滝汗あせる

 

1年間を振り返って、生徒たちの特長、

そして今後入試までの心構えや勉強法について。

 

短い時間でしたし、

淡々と、静かなものではありますが、

先生方の心の叫びのようでしたゲッソリ

 

国語で、高校入試で大切な力は、

長文の読解力。

読解力は読書によって身に付きますが、

 

今から、本を読んでいても

もう間に合いませんビックリマーク

 

と、いきなり(;^_^A

 

この部分は、他校ですが

図書室のお手伝いをしている私も

大きく反応してしまいました。

 

やはり、高校入試の長文の読解には

読書力が問われます。

 

ですが、これは、ちょこっと

本を読むぐらいでは、

到底身に付かない力です。

 

集中しながら短時間に文章の内容を理解し、

要点を掴み、登場人物の心情を察する・・・

これは、訓練が必要で、

どれだけ本を読んできたかが問われます。

 

だけど、もう遅いビックリマーク

 

これからするのは、

長文読解の問題集の数をこなすこと、

とのアドバイスでした。

 

そして、子ども達に伝えてくださいと・・・

 

『活字から逃げるなビックリマークと。

 

ビックリマークを付けたのは、

私には、この位ドーンと来た言葉だったからですが、

先生は、穏やかでした(^^;)

 

本当に、その通りですねあせる

 

 

そして、英語。

 

力を付ける必要があるのが、

与えられたテーマに沿って、

英語で、まとまりのある文章を書けるようになること。

 

英語の勉強はもちろんですが、

自分の考えが無いと書くことができない、

ということです。

 

普段から、みんなの前で自分の考えを発表する

プレゼンやスピーチの機会を作っているとのこと。

 

自己PR、自分がどんなことに興味を持っているか、

普段から考えておく必要がある。

 

日記を付けるなどすると良い。

 

・・・と、こんな感じでした。

 

英語、というよりはまず

『自分の意見を相手に伝わるように言える』

ということが大切なのだと。

 

これは、これから試験問題の傾向としても

必要になっていく力だそうです。

 

教科としてはお二人の先生でしたが、

他の先生からも、

『主体的な行動や判断力』

が大切とのお話がありました。

 

こうやって聞くと、

想像力を鍛えたり、知識を増やしてくれる、

読書から身に付けられることは多いと感じます。

数学も、読解力ですし。

 

我が家で取り組んでいたのは、

娘も息子も小学校の時に

公文のプリントをしていたのと、

かなりの量の読書をしたので、

読むのはめちゃくちゃ早いです。

 

あと、うちでこだわったのは、

読書感想文コンクールへ参加すること。

 

学校の宿題として出された年もあったのですが、

我が家では自主的に読書感想文に取り組み、

年に一度だけは、一冊の本に向き合い、

とことん考え抜く、ということをしました。

毎回親子バトルでしたが笑い泣き

 

国語の成績は、決して上位ではありませんが汗

それ程苦労せず、まぁまぁの点数は取れています。

母としてはもうひと頑張りして欲しいところですがあせる

 

だけど、読解力はまさしく積み重ねというのを

改めて、考えさせられました。

 

娘も息子も中学生からは部活で忙しくて

決して読書量は多くなかったのですが、

少しでも読むように働きかけていました。

 

息子も、中学校に入ってからは

部活ばかりガーン

 

1・2年で読んだ本を挙げてみると。。。

 

君の名は。

君の膵臓を食べたい

陸王

金メダル男

レ・ミゼラブル

火垂るの墓

十五少年漂流記

織田信長炎の生涯

シートン動物記

海底2万マイル

 

そして、漫画も入れていいですかねにひひ

君はどう生きるのか

聲の形

orange

ドラゴン桜

 

サッカーばっかりしていたという

記憶がありますが、

私が把握しているのを挙げてみると、

短い時間の中で、まぁ読んだかな、

という気もします(^^;)

内容が幼い気がしますが・・・あせる

本当に、興味の持ったものしか読まず、

映画やドラマの影響は大きいです。

 

その他は、自分から本を買いに行ったり図書館に、

探しに行くこともほとんどなく、

私が買った中から、興味を持ったものを

手に取る感じで、読書の優先順位は

かなり下です。

 

学校の、朝読書の時間は

15分とはいえ、大きいと思います。

この時間用に、本を買ったりしましたし、

学校で学級文庫として置いていた

つばさ文庫や青い鳥文庫も利用していました。

 

これは、お安くて大きさも手ごろなので

中学校の図書室でもたくさん揃えられている

学校も多いと思います。

 

朝読書は、最近はその時間さえ、

別のことに使っているのが残念です汗

 

とはいえ、これではあまり

長文の読解力を鍛えるには、まだまだかと。

もう少し大人っぽいものも読んで欲しい母でした汗

 

・・・んん、だけど、私のやれるだけのことは

やったかなうーん

あとは、本人次第なところが大きいです。

 

やはり、国語の力は積み重ねですよね。

今、子ども達と本を繋ぐお手伝いをしている立場でもあり、

その責任としてもちょっと身が引き締める思いです。

 

だけど、だけど、これは中学校の図書室では

限度があるのも事実。

 

もちろん、今からでも

本好きになるよう働きかけています音譜

 

本には、自分が問い続けている答えが

必ず書いてありますキラキラ

本から、自分の答えを見つけられるような人になれるよう、

手助けをしたいと思っています。

 

読む力は、やはりその前に

付けられるのが理想ですね。。。

 

中学校の図書室に来るのは、もともと

本が好きな生徒さんが多いです。

 

中学校で本を読む子は、

まず、小学校で本を読んでいた子でしょう。

 

宝石赤小学校で本をたくさん読む子にするには、

最適な文章量の、面白い本を大人が手渡してあげること。

 

宝石ブルー手渡した本を読める子は、

絵本や児童書をたくさん読んできた子。

 

宝石緑絵本や児童書の楽しさを知っている子は、

面白い絵本や児童書を大人から手渡された子。

 

宝石白文字や文章の楽しさを知っている子は

たくさん読み聞かせをしてもらった子。

 

もちろん、放っておいても、本好きになる子もいます。

字も、読み聞かせをしなくてもいつか覚えます。

だけど、自分の力でできるお子さんは数少ないです。

 

その数少ないお子さんでない場合、

要領良く、最短コースで

本好きにさせるには、働き掛ける順序が必要。

その最初が『読み聞かせ』ですキラキラ

 

最初からスタートできなくても、

今のお子さんに適したところから

スタートすればいいですし、

いつでも遅くはないですウインク

 

幼稚園や保育園、小学校のボランティアさんからなど

読んでもらう機会もあると思います。

 

だけど、理想は家庭から。

読み聞かせを始める前の

赤ちゃん期には子守唄をおねがいキラキラ

 

この時間は、お子さんに残せてあげられる

とっておきの財産であり、宝物プレゼント

 

その後の、努力は本人次第ですが、

土台作りの手助けとなります。

 

中学生になると、親の言うことは

聞き入れなくなりがちですし、

もう、見守るしかなくなりますよねしょぼん

 

本好きにする土台作りで、親が積極的に働き掛けられるのは

やはり小学生までかと思います。

 

私が参考にしていたのは色々あるのですが、

その代表的なものをご紹介しますキラキラ

 

本公文式の推薦図書一覧

  ☝公文のHPの国語の教材のコーナーで

    誰でも見ることができるものです。

    対象年齢はアルファベットで表していますが、

    Aが小学校1年生、Bが2年生、Cが3年生で、

    1年ごと前後していきます。

 

本フィンランドメソッド100冊日記

   

 

 

これも、大変お世話になりましたデレデレ

 

以前に記事にした時のものです。

鉛筆フィンランド・メドッドで本が好きになる【100冊読書日記】

鉛筆小学生100冊日記【ダレンシャン】【シャロットのおくりもの】

 

 

うちの子たちは、本格的に読み聞かせを始めたのは

娘が年長、息子が2歳の時です。

 

読み聞かせは、いつ始めても遅くはない、

と言っていただいて始めたのですが、

もっと早く知って、

赤ちゃんの時から始めたかったな笑い泣き

 

とはいえ、今は

読み聞かせの大切さを比較的

早い時期に知ることが出来て

本当によかったと思っています。

 

読み聞かせは継続しつつ、

文字が読めるようになれば、

適した絵本や児童書を与えました。

 

残念ながら、読み聞かせで

終わってしまって、

文字が読めるようになったら

親の役目は終わり、

というママ友さんも多くいましたが、

その先が肝心だと思います。

 

・・・だけど、そういうことを

教えてもらう機会って少なくないですかはてなマーク

 

私は、知ることが出来てラッキーだったと思います。

 

私がお手伝いしている中学校を見ても

本を読めるお子さんは、本当に少ないのが現状です。

 

私なりに子どもに本を与え続けてきたのですが、

娘、息子が、どのように成長しているかというと、

2人とも、将来を見据えて

自分が出来ることを一生懸命探すことをしています。

 

成績はさておき汗

今のところ、自分の考えをしっかり持ち、

立派に育ってくれていると

自負していますウシシ

 

まあ、佳境に入ったとはいえ、

子育てもまだまだ途中ですがねあせる

 

大学生や大人になっても

本から答えを導き出し、自立した考えを持ち、

自分から行動できるような人になって欲しいな照れ

 

大人から読み聞かせをしてもらう体験は

学習面でのメリットだけではありません。

 

また、そのことにも

触れられたらいいなと思いますラブラブ

 

長い長い文章となってしまいましたあせる

 

私も文章を要点を絞り、

短く纏める技術を学ばないと(^^ゞ

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたseisei

 

 

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

ruraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス