ルパのパステル日和@指で描くパステルアート教室・大阪

ルパのパステル日和@指で描くパステルアート教室・大阪

指でくるっと♪描く。
誰でも楽しく絵が描けて、
ココロとカラダがリラックスする
新しいアートです。
★http://rupa-pastel.jimdo.com/

はじめまして。
心を育むパステルアート『ゆびまるこ』のルパです。



2009年にパステルアートと出会い、心から楽しくって、嬉しくて。
それからずっと夢中で描き、お伝えする活動をしています。


パステルアートを描くことで自分の心を取り戻し、元気になった経験から、

「たくさんのこどもたちに、ありのままに表現できる楽しさを」

「頑張っているママたちに、頑張らない時間を」届けたい!


その思いで、
2011年に独立しました。


それから指で描くパステルアートと心の変化や成長を、
臨床心理士の先生と検証を重ね

2015年に、心を育むアートプログラム『ゆびまるこ』を共同開発
(小規模事業者持続化補助金採択事業)

新たにスタートしました。


現在は、
・心を育むパステルアート教室(おとな、こども)
・自己回復プログラム
・認知症予防アート活動
・ゆびまるこ講師養成講座などの活動を通し、


~自分にOK!みんなにOK!
『みんなちがって、みんないい』思いの種まきしています。


毎日が楽しくなる!みんなに喜ばれる!
指でくるくる『ゆびまるこ』♪
みんなで、パステルアートしましょうね。


ルパ 高雄良子
(ゆびまるこ http://yubimaruko.net)

テーマ:

「これはどうやって食べるものなのですか?」

 

 

 

自分でも驚いた事実。

先日の忘年会での出来事。

目の前のものがチーズフォンデュであることはわかる。
しかしそのまわりに美しくデザインされた野菜たちはいったい何なのか?


・・・・これはサラダ?
・・・・これもチーズにつけるのかな?


・・・・ジャガイモとトマトとブロッコリーはチーズINだろう。
・・・・ではこれらの葉物野菜はなんなのだろうか?

私の頭の中で瞬時に行われていた脳内会議。


「固形燃料だから、チーズ食べてくださいね」


勇気を出して言ってみました。
「これはどのように食べるのですか?」と。


驚かれました。
「ええええ!!!」

しかし知らないことを伝えられたことが、ほっ。


やはりわからないことは聞くのが一番。教えていただくのが一番。
知らないことは悪いことではないので、知っている人に教えていただきましょう。



しかしふと自分のことを振り返ってみました。
私はこれまでにたくさんのお料理をいただいてきました。

フランス料理も懐石料理も
日本料理も目の前であげてくれる天ぷらも。

接待されたり、接待したり。
会員しか入れない高級レストランやいろいろ。


「私の食事の歴史って、仕事がほとんどなんだな」
食事をすることも仕事なので、

様々なスタイルで食事をすることには慣れてはいましたが、


「・・・・チーズフォンデュは、接待にはなかった」
大発見でした。


では私は何を自分から食べてきたのかな?と考えると
仕事以外の外食はほとんどなくて、
あっても「いつものお店」で「いつものメニュー」。
それ以外はお家ご飯。

地鶏屋さんで焼き鳥。
もつ鍋屋さんでもつ鍋。
タイ料理。


いつものプレール。

クリスマスプレート。

美味しい♪♪

 

 

きっと何を食べるのかよりも

どこで、だれと食べるのかが大事なんでしょうね。

 

 

だけど、これからは

自分が「食べたいものを食べる経験もしていきたいな」と思うのです。

いろいろ、食べてみたいです。

 

 

ちなみにチーズフォンデュは20年ほど前に食べたことがある。

もっと前かもしれません。

 

それは覚えているけれど遠い記憶、思いでとなっております。

誰と食べたかは覚えていないですが、日本人ではなかったような。

 

あれ?それともフィンランド料理屋さんで食べた?
やはり遠い記憶。
 




 


テーマ:

今日はゆびまるこのAさんとパステルアート。

福祉施設にお勤めで、施設の活動でスタートしていく準備。

 

 

高齢者のみなさんの「できた!」を育てるアートのあれこれ
お話ししながら描いておりました。

 

 

楽しい。

IMG_20181212_193243224.jpg

 

話の向こう側にたくさんの人がいて、

いろんなおじいちゃん、おばあちゃんたちがいて、

みんなの個性があって、笑っていて。

 

そんな光景が浮かんできて

楽しい。

 

 

ゆびまるこは、絵を描くことが目的ではなくて、

表現することでその人自身の中に「できた」を育て、

その人本来の力を引き出すワーク。

 

 

パステルアートはあくまでも表現するためのツール。

そのツールを使って、その人の今の気持ちやその人の心にふれていくことが

とっても大切。

 

 

年齢は関係なくて、

なかなか自分のことを表現しない大先輩だからこそ

アートを通して、出会える部分もあって

それがとてもうれしくて、感動的で。

 

 

・・・・そんな話を共有できるのが嬉しい。

 

今日のアートは、

「クリスマス」と来年に向けた「富士山」。

 

IMG_20181212_193243224.jpg

 

クリスマスアートはたくさんあるけど、

このドーナツリース♪

 

 

飾り付けがとても楽しい。

 

 

IMG_20181212_193304726.jpg

 

富士山は、

みんなの心にある大切な日本の心。

 

 

みなさんから生まれてくる富士山がとっても楽しみです。

 

 

 

 

私は過去に、97歳の認知症のおばあちゃんが、

富士山を描いていた時に、昔の幸せな記憶が鮮明に戻った瞬間に立ち会ったことがあります。

 

 

目をキラキラさせて、おじいさんとの思い出をお話ししてくれました。

ふたりで見た真っ赤な富士山。

新婚旅行で見た壮大な富士山。

 

 

何十年たっても

ひとりになっても

その時の記憶は残っていました。

 

 

富士山を指で描いたことで、

記憶がつながる。

 

 

指で描く、自由に表現する。

そのシンプルでいて、奇跡のスイッチのような動作が

それから私はとても大切で、その深さに魅了されて、今も続けているんだなって

思い出しました。

 

 

パステルアートのおかげでたくさんの奇跡と出会え

たくさんの出会いがあり、笑顔があり、

今の私がいます。

 

 

きっとこれからAさんも、そんな瞬間を見ていくんだろうなって

思うと、これまた感動。今も感動。

 

 

たくさんの人に描いてほしい。

たくさんの人に届けてほしい。

 

 

 

来年からはゆびまるこの養成講座します。

人材育成していかないとね。

 


テーマ:

ただいま、せっせせっせと断捨離中のルパです。

といっても、モノが手放せないので断捨離にはなっていないのですが。

 

 

それでも過去にないくらいに

古くなったもの

着なくなったもの

「いつか」のためにとってあるもの

そんな過去のものと、未来の不安の為に残しているものは

 

 

さようなら。

さようなら。

感謝とともにさようなら。

 

 

だいぶんとスペースが開いてきました。

気持ちいい。

 

 

整理しながら、こころも整理されていきますね。

何が今で、何が過去になっているのか。

一緒に並べているとそれさえもわからなくなっていました。

 

 

大切なものが、

そうでないものに埋め尽くされていました。

 

 

今、向かいたいものが

しなくていいものたちに隠されていました。

 

 

 

そしてそれらを整理していくうちに

見えてきたものは

 

 

今とこれから。

何を来年に持っていくのか。

 

 

そんなにないのです。

そんなに持ってはいけないのです。

 

 

 

まだまだ身軽になれそうです。

冬至まであと少し。

せっせと整理続けます。

 

 

IMG_20181210_184815157.jpg

 

疲れたらケーキ♪

あ。わたしの体もいらないものは絞らなきゃ。

 

 

だけどこころはゆったりと。

好きなものは、好き。

 

 

好きなものに囲まれて暮らしたい。

ひと、もの、こともすべて。

 


テーマ:

パステルアートで自由を味わう!
そんな素敵な思いがこめられた『自由を楽しむパステル』サークル。

 

 

今日は、火曜日ママ部の活動日。

ママたちが赤ちゃんと、小さなお子さんと一緒に来られます。

 

 

「少しでも描けますか?」

もちろん、ウエルカム。

ほんのひとときのママ時間は大切です。

子どもたちは子供たちの世界で、遊んでくれます。

 

 

同じ空間で、ママの時間、こどもの時間。

見守りながらも自分だけの時間になります。

 

 

IMG_20181211_190625865.jpg

 

12月はクリスマス。

キャンドルを描いていると、心の中にもぽっと灯りがともるようで

ほっとします。

 

 

あたたかい。

自分で自分の心に灯りをともす作業になりますね。

 

 

IMG_20181211_190729892.jpg

 

みんな、とってもあたたかい。

クリスマス気分が盛り上がってきます。

 

 

 

2019年のイノシシさんも、来年の目標に向かってスタート準備。

さあ、その旗はなんの目印?

 

目標があるのはいいこと。

ひとつ目標を定めてスタートしたいなって思います。

 

 

 

IMG_20181211_190650059.jpg

 

「わーい。北海道のお土産♪」

白い恋人、やっぱり美味しいです。

 

いつもありがとう。

 

 

 

2019年のスタートは、1月15日(火)です。
第3火曜日になります。

 

 

今年もありがとうございました。

来年もよろしくね。


テーマ:

 

鶴野つどい場活動。

今年も終わり。

 

 

これまでの活動記録をファイルにしました。

何をしてきたのか、写真を見れば一目瞭然。

 

 

みんなの笑顔が宝物。

本当に楽しい場になりました。

 

最初は不安のほうが大きくて、

私たちも、来る人たちも、「なに?つどいば?」といった感じでしたが

ゆっくりと

すこしずつ

 

話して、運動して、笑って、アートしていくうちに

仲良くなって、楽しくなって

 

今ではファミリー。

 

 

鶴野つどい場はひとつの大家族のようで

毎週木曜日にみんなが集まって、わいわいわいわい

顔が見れることがうれしくて、ほっとする。

 

やっぱり地域の小さなコミュニティ。

私が年をとっても、この場がずっとあってほしいなと願うばかりです。

 

 

『地域で地域を支える』

 

 

支える―支えられるという関係ではなくて、

「みんな一緒に、楽しく、年をとる」でいいんじゃないかな。

 

できることはする。できるひとがする。

それでいいんじゃないかな。

 

いくつになっても、できることはある。

いつくつにあっても、やりたいこともある。

そういうひとつひとつを大切にしていきたいなと思います。

 

 

鶴野つどい場は、ゆびまるこメンバーが運営していますが、

誰が運営といった感じでもなくて、

スタッフもみんなも一緒に運営しています。

 

 

それがとってもいい感じ。

やっぱり、鶴野つどい場はいい感じ。

 

 

来年度に向けてこれから新たなチャレンジが始まります。

つどい場チャレンジ♪私たちもみんなと進化していきます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス