東京マラソン当落事情

テーマ:

16日配信のBEST RUN! の「ランニングアンケート」は、東京マラソンの当落調査でした。途中経過はこちら ―。


コメントボードの掲載数はたぶん過去最高。皆さんなにか一言、言いたいらしいです。。。


 当たらん、当たらんという話ばかりですが、4年連続当選!の人もけっこういます。不公平じゃないか!という4 年連続落選の人の声もわからないでもなく、、、まあ、いろいろな意味で公平とは言い難いのは確かです。


 ただ、一部の方が疑っているような「不公正」ってことはまず、ないですよ―。


 4年連続当選の確率は、大雑把に1000分の1=0.1%!4年連続で申し込んだ人が5万人いたとしたら、50人くらいはいることになります。奇跡的だ!とか、インチキだ!とかいうほどの数字ではないですね。普通にあることでしょう。私の周囲では2人確認しています。

 4年連続落選の確率は、、、


 公正という意味では、抽選に恣意的な部分が絡んでいることはまずありません。そんな面倒なことはやっていません。地方は有利だとか不利だとか、東京在住は有利だとか不利だとか、夫婦で出すと当たりやすいとか、はっきり言ってそういうのはないです。


 ただ、あまりに人数が多いことから、一部分では偶然にもなんらかの傾向が出ることはあり得るでしょう。ある走友会は全滅だったとか、あるクラブは3人に1人くらい当選しているとか―。サイコロの目が3回続けて「6」が出るようなもんです。


 あるのは「陸連登録」と「女性」~登録者はスタートブロックが限られていますので、そこに収容できる人数も決まってきます。極論すると、登録者○○○名、一般○○○名と、総数の振り分けが決まっていると考えても良いでしょう。 んで、結果的に登録者の方が倍率が低い(申込者の割合が少ない)―ってことです。


 また、女性はちょっと優遇されています。昨年が7000人枠とかだったと思いますので、今年はもうちょっと増えているかな。7,500人くらい?4分の1は女性を走らせようということで、思惑らしい思惑はコレくらいでしょうか。


 これは、そもそも女性の申込者が男性に較べ、圧倒的に少ない、ということによります。ランニングブームは若い女性が支えているような印象を受けますが、メディア的にそうで、商業的なターゲットではあっても、実際にそこいらを走っているのはやはり全国のおじさんランナーが中心です。。。女性はまだまだ優遇処置が必要なようです。

  

 そんなんでこんなんで、女性の陸連登録者は、3倍程度の倍率になっている印象があります。連続出場者もけっこう多いですね。ちなみに前述の私の周囲の4年連続出場者も、2人とも女性の陸連登録者です。



 不公平論は、一理あるかと思います。まあ、何をして公平なのか、そこから議論しないといけないですが。

 

 まず、一度走った人は外せ!連続落選者は優遇しろ!というご意見。ごもっともですが、これは過去データを利用できないんだそうです。個人情報保護の観点から、毎年破棄ってことで、誰が連続落選者かは、把握できないらしいですね。



 次に、練習している人を出せ!シロートは外せ!というご意見。これもごもっともです。対策としては、ボストン方式とも言われている、<年齢別参加標準記録>の設置とか、いろいろあるにはあり、やる気になればやれます。

 

 が、現時点での東京マラソンは、「ランニング愛好者に限ってサービスを提供するイベントではない」というところに鍵があります。シロートさん、大歓迎なわけです。もっともっと、より広く、そしてポジティブな評価を一般の人々から求めている段階ってことでもあります。



 また、芸能人を出すな!というご意見―。ちなみにこれは「広報枠」という、抽選とは別枠の優先権があります。ちなみにこれは裏枠ではなく、ちゃんと公表されていますよ。別枠ですから芸能人を落としても、誰かが代わりに繰り上げで参加できるわけではありません。

 

 で、この広報枠があるのも、より広く―マラソンなんかに興味がない人にも目を向けてもらおうということが目的です。そのためにパンダになって走っていただこう、ということです。繰り返しますが、ランナーだけ集めて楽しければ、それでいい―というイベントではないわけです。


 あとスポンサー枠というのがありますが、これがいちばんいいかげんかも知れません。どう、いいかげんなのかは、とても書けません。もちろんこれも別枠です。


 

 たいへんな倍率ですが、ひやかし申し込みも年々増えているためか、期日までに入金せずに「辞退」となるケースもけっこう!あります。実質倍率も、実はかなり低下するみたいですね。

 その結果、繰り上げ当選!がまだ残っているわけでなんですが、繰り上げの辞退と、再繰り上げもまたあって、昨年もけっこう直前までガタガタしていました。数週間前に「当選通知」が来た人もいますので、最後まであきらめず、練習して待っていましょう!


 考えてみると、このひやかし組がいちばん失礼で迷惑だぞ。。。