March 28, 2011

元気があれば何でもできる!?

テーマ:東日本大震災

こんにちは☆


本業は執筆業なのに、
まったく筆不精な坂本ですあせる


みなさん、震災から約3週間、いかがお過ごしですか?
知らず知らず肩に力が入り、緊張感が抜けないショック!
身体がだるい、疲労感が抜けない……という方々も多いと思います。


私もトレーニングに行ったら、首から肩、頭までカッチカチッ!叫び 
そんなに頭も使っていないし、別に体調は悪くないのですが、
やっぱり身体は正直なんですね、全身がバリバリに緊張していました。


なので、少しでも自分で自分の身体を労わって欲しいなぁ~~。
身体を労わってあげると、きっと身体はラクになり、
心も優しさを取り戻し、多くの人たちに元気を分けられるはず。


普段はメンテ要らずのランナーのみなさんも、
こんなときは、無理に元気を出して、頑張るだけでじゃなく、
少しだけ自分の身体を労わり手をかけてみませんか?
身体がラクになると、

自然と腹の底から元気が湧いてきますアップ


ってなわけで、私が取材でお世話になり、
その後もなんだかんだと自分の身体メンテでもお世話になってきた、
お二人のブログに簡単に出来るメゾッドが掲載されていたので、
みなさんも、ちょっと覗いてみて目


まずはコンディショニングトレーナー・有吉与志恵先生のブログへGO!
http://ameblo.jp/y-con/day-20110318.html


避難所でも出来る簡単なコンディショニング法が動画で見られます。
コンディショニングは、体調を整えるエクササイズで、
私の喘息を改善したり、
冷え性を改善したり(中には1℃も体温があがった人も)
猫背を改善したり、(あっ、ちょっとウエストにくびれを作ったり)
あと、むくみとかだるさを取り除いてくれましたチョキ


それから、A-YOGAクリエイターの山本邦子さんのブログには、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)の改善法の
ひとつとして呼吸法が紹介されています!
http://ameblo.jp/kuniko-ayoga/entry-10835170567.html


呼吸法って難しい!!!!! と思う人は、
まず自分の呼吸を意識するだけでもいいから、
吸って~~~、吐いて~~~を感じてみてね。
あっ、イラっとしちゃう人は無理せずにあせる


ちなみに、コンディショニングもA-YOGAの呼吸法も
ランのパフォーマンスアップにもひと役かってくれま~す。
このお二人はトップアスリートのトレーナーも務められているので、
今の不調も、今後のランにも活かせるはずで~~す。

あっ、パフォーマンスアップについては、また後日ね。


では、みなさん!
コンディションを整えて、HAVE A GOOD RUN音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
March 21, 2011

赤ちゃんの受け入れ

テーマ:東日本大震災
こんばんは
白滝です。

ランガールには、ママがたくさんいます。
ランガールナイトにも、ママランナー走る人がたくさんきてくださいました。

わたしは未婚で、子供もいませんが、兄が22歳、わたし20歳のとき、
ヤンキーの兄がバツをつけて、子供つれてかえってきました。

そのこは、なんとシラー1歳のおとこのこと。

赤ちゃんって、大変だなーと思うと同時に、あかちゃんって、なんてかわいいのドキドキ
と夢中になりました。

そのまま兄貴におしつけらるまま世話して、面倒みてきました。
大変で、くたくたになっちゃったけど
世話してくれる家族があって、仕事もあって、家もあって、
さらに、保育園、学校、ご近所の人など、社会にも大変おせわになりながら育ち
今、19歳、2浪決定あせる

去年のランガールナイトでは、掃除のお手伝いをしてましたDASH!

自分のことは、客観的にみれないのでわからないけれど、
甥っ子をみるたびに人って育っていくには、たくさんのたすけが必要なんだと感じています。


今回の震災でも、多くの小さな命が悲鳴をあげています。
ミルクがない、おむつがない、そんな報道をみるたびに、ぎゅって胸がしめつけられます。

人が育っていくために、大切な環境がすべて、
この震災で破壊されてしまいました。

特に、大勢の人がなくなった今、新しい命は当たり前だけど、大切にしたいですね。


そんな中、素敵な活動を見つけました目

以下のサイトは、かお赤ちゃんのいる家族、妊婦さんのいる家庭と、
そういった方々を受け入れたいと申しでている方をむすぶサイトです。

右矢印mama to mama ~被災地のママと受け入れママをつなぐサイト~

右矢印被災者 避難or疎開 受入れ情報


ご自身も赤ちゃんがいる家庭が多く、ベビー用品もあるからどうぞと、声をかけています。
赤ちゃんのいるご家族は、こういった所から、避難所を探してみるといいなぁと思ってます。


1日も早い復興をお祈りするとともに、自分にできること、常に模索して、
時間を無駄にしないようがんばります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
March 18, 2011

わたしたちにできること 

テーマ:東日本大震災
※このブログを書いた後、今たくさんの物資が集まりすぎて、一時受け取りを中断されているそうです。
 ですので、みなさん、支援物資は、東京都へ。



ご無沙汰しています。STEPの白滝です。
今回の震災でお亡くなりになられた方々、ご冥福をお祈り申し上げます。
そして、被災地のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

今回の東日本大震災に対して、ランガールでも会議を開き、いろいろと話し合っています。
・・・後日、きりこさんかうだちゃんからちゃんとした発表もあると思います。

さて、わたしは、きょうランガールメンバーの間庭さんと一緒に、
NPO法人の日本ユニバーサルデザイン機構 に、救援物資を届けにいってきました。

こちらは孤立被災地を中心に支援しています。
例えば、ボランティアをおくったり、
必要な所に必要なものが届くよう仕分けてから、物資を運んだりしています。

孤立被災地も自衛隊や消防につながれば、助かる可能性は大きいのですが、
津波のせいで自治体自体が消滅してしまい、政府や自衛隊に支援の要請をだせず、
救出がおくれているところもあります。
そんな状況下で、活躍しているのが、日本ユニバーサルデザインのようなNPOです。

阪神大震災の教訓で、個人の物資提供は、仕分けにも困るという考えがあります。
その仕分けをしてくれるのが、日本ユニバーサルデザイン。
1個2個と細かい単位の個人からの物資提供も受け付けて、
それを仕分けてくれます。


現地では、圧倒的に物資が足りないようです。
義捐金も大事ですが、まずは、物資とガソリンを手に入れることが急務のようです。
そのためここでは、医療品、衛生用品、食料、飲料、生活用品、衣類も受け付けてくれます。 

くわしくは、こちらのサイトをみてください
http://www.npo-uniken.org/shinsai_busshi.html

場所は、皇居のすぐ近く。大手町、竹橋からもいけます。

● 受付場所
〒101-0054 千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォーム1階
日本ユニバ震災対策チーム 支援物資受付窓口(直接持ち込みは1階ウッドデッキ)


わたしは、とあるランニングクラブのためにつくったTシャツ、50枚近く新品で予備があったので、
それをもっていきました。
あと子供用マスクと大人用マスク各50枚。

またマニマニは、エコバッグ、100個近く、チャックつき。
物資を分けたりするのに、役立つと思います。そしてカイロも。
また、あたたかそうな靴下を100円ショップでかってきました。
それとおうちにあった割り箸を100本ほどかき集めてきました。

また同じくランガールの青木ちゃんから、特大のウエットティッシュ6~7個、大量のマスク、
なども預かってきました。 
マニマニの力もちっぷりにびっくり。(普通女の子は、一人じゃもてない量でした ww)


わたしたちがいったときは、絶えず誰かが物資の提供にきてました。
5キロの米1袋を抱えてくる人、消毒液ダンボール1箱もってくる男性、
サイズごとにきちんとわけた子供服(袋に身長100cm~110cmとかかいてあった)、お水、
車できて、大量の生活用品、ティッシュ、トイレットペーパーなどを置いていった人...
本当に、さまざまな物資が集まってました。

ボランティアの方々に、ちょっとお話をきいたところ、こんなにまとまった量じゃなくても、
乾電池1個、缶詰1個からでも受け付けてくれるそうです。


なにかしたいけど、なにもできない。
そんな自分の心も慰めれます。自己満足に思われるかもしれませんが、
その自己満足を役立つかたちにかえてくれるのが、ユニバーサルデザインの人々です。

この震災のために、何かできることはないだろうか・・・。

この1週間、そう思ってすごしてきた方、多いと思いますが、ありますよ!
東京都でも、きょうから救援物資の受付はじめましたね。
交通の便利なほうで、もちろんいいと思います。

あと、企業にも寄付をよびかけてほしいそうです。
わたしは、さきほど、歯ブラシをつくっている会社にメールをおくって、
このユニバーサルデザインのことをお知らせして、そちらに寄付して欲しいとお伝えしました。

また沢山の人数はいらないそうですが、仕分けや受取を手伝ってくれる人も募集してます。
直接その場にいって、申し出ればOKです。
もし、足りているようだったら、皇居ランしてかえってもいいですよね。


すごい長い文章になりましたが、最後に、
日本ユニバーサルデザインが募集しているアイテムも、ホームページをチェックしてください。

★「命の危険がある」壊滅的な被害を受けた孤立被災地で、生死を分けるアイテム
ガソリン、粉ミルク(月齢が低いもの)、断熱性のあるレジャーシート、畳、カイロ、
大人用紙おむつ&子供用紙おむつ、ウェットティッシュ、ガスコンロ、炭、しちりんなどなど、
他にもいっぱい


★壊滅的な被害を受けた孤立被災地で、枯渇しているアイテム
コンタクト用品、女性用生理用品、ポータブルトイレ、ゴミ袋、アルコール、除菌クリーナー、
ペット関係、電池(各サイズ)、懐中電灯、ろうそく、
たんぱく源 ―肉類、魚肉ソーセージ缶詰(そのまま食べられるもの)、
鍋などの調理道具、調味料、自転車


~などなど、これは本当に一部で、えっ?こんなものも?
というようなものがたくさんあります。

わたしももう一度、家の中を見直して、物資を運びたいです。
また企業のみなさん、ぜひ迅速に動いて命を助けてくれているNPOをサポートしてください。
ついつい迷惑にならないようにと、寄付の方法も考えてしまいましたが、
今回は過去の震災とはまったく性質が違うようです。
その辺は、日本ユニバーサルデザインにまかせて、ぜひ、寄付にいきましょう。


ちなみに、何が一番たりないですか?って質問したら、答えは、
「粉ミルク」でした。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)