さいたま国際マラソン「女子ビギナーの部」特典練習会レポート | RunGirl★Blog

さいたま国際マラソン「女子ビギナーの部」特典練習会レポート

こんにちは晴れ

 

先週末は3連休の方も多かったと思いますが

いかがお過ごしでしたか?

 

私たちRunGirlは、連休初日の土曜日、

今年全面プロデュースさせていただいている

さいたま国際マラソン』“フルマラソン 女子ビギナーの部”にエントリーされた方が

無料で参加できる特典練習会を実施しました!

 


 

会場は、浦和駒場スタジアム。

なかなか走る機会のない競技場のトラックに、みなさん気分もアガっている様子でしたアップアップ

 

講師はRunGirlメンバーでオリンピアン、
現在はランニングアドバイザーとして活動している大島めぐみがつとめました。


まずは、実は知らない方も多い、正しいランニングシューズの履き方。

そしてテニスボールを使って、走れる足を作るエクササイズを。

足の裏をテニスボールで刺激することで、きちんと足を使えるランニングができるようになります!

 

 




 

今回みなさんと同じくフルマラソン 女子ビギナーの部で2度目のフルマラソンにチャレンジする、

RunGirlメンバーでモデルのくらさわかずえも練習会に参加させていただきましたグッド!

 

 

元陸上部のくらさわ、トラックを見ると走らずにはいられない!?


 

その後、トラックで正しいフォーム作りのためのドリルを。

 


 

そしてメインは、“自分が設定した完走タイムのペースを意識して走る”練習走る人走る人

 

そう、このさいたま国際マラソンに限らず、たいていのフルマラソンのレースには

交通規制の関係でコース途中に何ヶ所か”関門”が設けてあり、

指定された時間までに通過しないといけません。

 

また大型のフルマラソンのレースは、通常ブロック分けされてスタート地点に並ぶのですが、

号砲からすぐにスタートゲートをくぐれるのは、前方のブロック、つまりエリート選手や申告タイムが速い人だけ。

最後尾がスタートゲートを通過するまでには20〜25分かかるとも言われています。

 

さいたま国際マラソンの制限時間は”号砲から6時間”。

・・・なのですが、5時59分59秒でゴールするペースで走っても、

制限時間以内には完走できないのですアセアセ

 

そこも考慮して、ご自身の設定ペースを決めて、そのペースで走ってみる!

という練習をしていただきましたグッド!

 

まずは、いつもの自分のペースで1000m(トラック2周半)走り、

次に自分の目標ペースを考えながら1000m。

最後は、目標ペースにできるだけ近づけるよう調整しながら1000m。

 

 



 

 

合計3キロのランも、みなさんクリア合格

気持ちよく汗をかいたところで、クールダウンタイムに。

 

この日サポートで参加したRunGirlメンバーが、

「もし12/8のさいたま国際マラソンを走るなら、何を着て、何を持って走るはてなマーク

という想定で、それぞれコーデや持ち物を披露。

 

 

自分の走る速さにあわせて

半袖、ランパンで走るメンバーもいれば、

しっかり長袖にカッパを着込むメンバーも。

レースが12月あたまなので、暑さ寒さを調節しやすいウェアー選びがポイントです。

 

それぞれのフルマラソンの経験をもとにお話しさせていただきました!

 

その後、アスリートフードマイスターの資格も持つ大島より、

レース前日にNGな食事、レース当日の朝食からレース中の給食や給水の摂り方を伝授!

 

フルマラソン初心者の方がなるべく不安なくスタートラインに立てるよう

さまざまなアドバイスさせていただきました。

 

 

心配していた雨にも降られず(RunGirlは晴れ女なのです晴れ晴れ晴れ)

朝、昼、午後と3回にわたって練習会を無事開催することができました。

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございましたお願い

楽しく42.195キロを完走できるよう、残り2ヶ月半頑張ってくださいね筋肉

 

レース当日私たちRunGirlは、26キロ地点の「女子ビギナーの部専用エイド」でお待ちしていますドキドキドキドキ

 

第5回さいたま国際マラソンは、2019年12月8日(日)開催です!