わたしたちにできること  | RunGirl★Blog
March 18, 2011

わたしたちにできること 

テーマ:東日本大震災
※このブログを書いた後、今たくさんの物資が集まりすぎて、一時受け取りを中断されているそうです。
 ですので、みなさん、支援物資は、東京都へ。



ご無沙汰しています。STEPの白滝です。
今回の震災でお亡くなりになられた方々、ご冥福をお祈り申し上げます。
そして、被災地のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

今回の東日本大震災に対して、ランガールでも会議を開き、いろいろと話し合っています。
・・・後日、きりこさんかうだちゃんからちゃんとした発表もあると思います。

さて、わたしは、きょうランガールメンバーの間庭さんと一緒に、
NPO法人の日本ユニバーサルデザイン機構 に、救援物資を届けにいってきました。

こちらは孤立被災地を中心に支援しています。
例えば、ボランティアをおくったり、
必要な所に必要なものが届くよう仕分けてから、物資を運んだりしています。

孤立被災地も自衛隊や消防につながれば、助かる可能性は大きいのですが、
津波のせいで自治体自体が消滅してしまい、政府や自衛隊に支援の要請をだせず、
救出がおくれているところもあります。
そんな状況下で、活躍しているのが、日本ユニバーサルデザインのようなNPOです。

阪神大震災の教訓で、個人の物資提供は、仕分けにも困るという考えがあります。
その仕分けをしてくれるのが、日本ユニバーサルデザイン。
1個2個と細かい単位の個人からの物資提供も受け付けて、
それを仕分けてくれます。


現地では、圧倒的に物資が足りないようです。
義捐金も大事ですが、まずは、物資とガソリンを手に入れることが急務のようです。
そのためここでは、医療品、衛生用品、食料、飲料、生活用品、衣類も受け付けてくれます。 

くわしくは、こちらのサイトをみてください
http://www.npo-uniken.org/shinsai_busshi.html

場所は、皇居のすぐ近く。大手町、竹橋からもいけます。

● 受付場所
〒101-0054 千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォーム1階
日本ユニバ震災対策チーム 支援物資受付窓口(直接持ち込みは1階ウッドデッキ)


わたしは、とあるランニングクラブのためにつくったTシャツ、50枚近く新品で予備があったので、
それをもっていきました。
あと子供用マスクと大人用マスク各50枚。

またマニマニは、エコバッグ、100個近く、チャックつき。
物資を分けたりするのに、役立つと思います。そしてカイロも。
また、あたたかそうな靴下を100円ショップでかってきました。
それとおうちにあった割り箸を100本ほどかき集めてきました。

また同じくランガールの青木ちゃんから、特大のウエットティッシュ6~7個、大量のマスク、
なども預かってきました。 
マニマニの力もちっぷりにびっくり。(普通女の子は、一人じゃもてない量でした ww)


わたしたちがいったときは、絶えず誰かが物資の提供にきてました。
5キロの米1袋を抱えてくる人、消毒液ダンボール1箱もってくる男性、
サイズごとにきちんとわけた子供服(袋に身長100cm~110cmとかかいてあった)、お水、
車できて、大量の生活用品、ティッシュ、トイレットペーパーなどを置いていった人...
本当に、さまざまな物資が集まってました。

ボランティアの方々に、ちょっとお話をきいたところ、こんなにまとまった量じゃなくても、
乾電池1個、缶詰1個からでも受け付けてくれるそうです。


なにかしたいけど、なにもできない。
そんな自分の心も慰めれます。自己満足に思われるかもしれませんが、
その自己満足を役立つかたちにかえてくれるのが、ユニバーサルデザインの人々です。

この震災のために、何かできることはないだろうか・・・。

この1週間、そう思ってすごしてきた方、多いと思いますが、ありますよ!
東京都でも、きょうから救援物資の受付はじめましたね。
交通の便利なほうで、もちろんいいと思います。

あと、企業にも寄付をよびかけてほしいそうです。
わたしは、さきほど、歯ブラシをつくっている会社にメールをおくって、
このユニバーサルデザインのことをお知らせして、そちらに寄付して欲しいとお伝えしました。

また沢山の人数はいらないそうですが、仕分けや受取を手伝ってくれる人も募集してます。
直接その場にいって、申し出ればOKです。
もし、足りているようだったら、皇居ランしてかえってもいいですよね。


すごい長い文章になりましたが、最後に、
日本ユニバーサルデザインが募集しているアイテムも、ホームページをチェックしてください。

★「命の危険がある」壊滅的な被害を受けた孤立被災地で、生死を分けるアイテム
ガソリン、粉ミルク(月齢が低いもの)、断熱性のあるレジャーシート、畳、カイロ、
大人用紙おむつ&子供用紙おむつ、ウェットティッシュ、ガスコンロ、炭、しちりんなどなど、
他にもいっぱい


★壊滅的な被害を受けた孤立被災地で、枯渇しているアイテム
コンタクト用品、女性用生理用品、ポータブルトイレ、ゴミ袋、アルコール、除菌クリーナー、
ペット関係、電池(各サイズ)、懐中電灯、ろうそく、
たんぱく源 ―肉類、魚肉ソーセージ缶詰(そのまま食べられるもの)、
鍋などの調理道具、調味料、自転車


~などなど、これは本当に一部で、えっ?こんなものも?
というようなものがたくさんあります。

わたしももう一度、家の中を見直して、物資を運びたいです。
また企業のみなさん、ぜひ迅速に動いて命を助けてくれているNPOをサポートしてください。
ついつい迷惑にならないようにと、寄付の方法も考えてしまいましたが、
今回は過去の震災とはまったく性質が違うようです。
その辺は、日本ユニバーサルデザインにまかせて、ぜひ、寄付にいきましょう。


ちなみに、何が一番たりないですか?って質問したら、答えは、
「粉ミルク」でした。

RunGirl★Blogさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]