1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
March 28, 2011

元気があれば何でもできる!?

テーマ:東日本大震災

こんにちは☆


本業は執筆業なのに、
まったく筆不精な坂本ですあせる


みなさん、震災から約3週間、いかがお過ごしですか?
知らず知らず肩に力が入り、緊張感が抜けないショック!
身体がだるい、疲労感が抜けない……という方々も多いと思います。


私もトレーニングに行ったら、首から肩、頭までカッチカチッ!叫び 
そんなに頭も使っていないし、別に体調は悪くないのですが、
やっぱり身体は正直なんですね、全身がバリバリに緊張していました。


なので、少しでも自分で自分の身体を労わって欲しいなぁ~~。
身体を労わってあげると、きっと身体はラクになり、
心も優しさを取り戻し、多くの人たちに元気を分けられるはず。


普段はメンテ要らずのランナーのみなさんも、
こんなときは、無理に元気を出して、頑張るだけでじゃなく、
少しだけ自分の身体を労わり手をかけてみませんか?
身体がラクになると、

自然と腹の底から元気が湧いてきますアップ


ってなわけで、私が取材でお世話になり、
その後もなんだかんだと自分の身体メンテでもお世話になってきた、
お二人のブログに簡単に出来るメゾッドが掲載されていたので、
みなさんも、ちょっと覗いてみて目


まずはコンディショニングトレーナー・有吉与志恵先生のブログへGO!
http://ameblo.jp/y-con/day-20110318.html


避難所でも出来る簡単なコンディショニング法が動画で見られます。
コンディショニングは、体調を整えるエクササイズで、
私の喘息を改善したり、
冷え性を改善したり(中には1℃も体温があがった人も)
猫背を改善したり、(あっ、ちょっとウエストにくびれを作ったり)
あと、むくみとかだるさを取り除いてくれましたチョキ


それから、A-YOGAクリエイターの山本邦子さんのブログには、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)の改善法の
ひとつとして呼吸法が紹介されています!
http://ameblo.jp/kuniko-ayoga/entry-10835170567.html


呼吸法って難しい!!!!! と思う人は、
まず自分の呼吸を意識するだけでもいいから、
吸って~~~、吐いて~~~を感じてみてね。
あっ、イラっとしちゃう人は無理せずにあせる


ちなみに、コンディショニングもA-YOGAの呼吸法も
ランのパフォーマンスアップにもひと役かってくれま~す。
このお二人はトップアスリートのトレーナーも務められているので、
今の不調も、今後のランにも活かせるはずで~~す。

あっ、パフォーマンスアップについては、また後日ね。


では、みなさん!
コンディションを整えて、HAVE A GOOD RUN音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
March 25, 2011

ランガール★ナイト Vol.2の開催について

テーマ:ランガール★ナイト
このたびの東日本大震災により、被災された皆さまとそのご家族の方々に
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く被災された地域が活気を取り戻し、
皆さまに笑顔が戻るよう、切に願っております。


こんなとき、ランガールとしてできることはないだろうか。
ひとりひとりができる、節電や物資の寄付、義援金の寄付以外に
何ができるのか。
みんなで考え、話し合いました。


そして、たどり着いたのは、私たちの原点でした


ランガールの活動の核になっているのは、
「走る女性のパワーで毎日を豊かに」
というメッセージです。


走ることで得られるものは数えきれません。
肉体的、精神的な充足感や強さ、そして人と人とのつながり。


今回の震災では帰宅難民になったメンバーも多くいました。
でもそんなとき、「走っていてよかった」と全員が感じました。
自宅まで10キロと聞いても、動じない。
自分で体得した距離感覚は、冷静さをもたらしてくれました。
自分の足で10キロでも、20キロでも移動することができるという
自分の身体に体する信頼と体力的な自信。
そして、精神的な強さ。

「走ることで人生は豊かになる」
と実感し、走る女性を応援してきたランガールは、
今回の震災を通じて、
「走ることで、人は強くたくましくなる」
ということも学びました。

そこで、ランガール★ナイト Vol.2を予定通り、9月18日(日)に開催することにいたしました。

走ると人は前向きになります。
前向きな人は、周囲を明るく照らします。
明るさをもらった人は、きっとその周りを明るく照らしていくでしょう。

今回の震災で被災された方々を元気づけるためにも、
まずは走る私たちが元気になり、自分の周りを明るく照らしていく必要が
あるのではないでしょうか。
だから私たちはやはり、走る人を応援したい。  

そして、ランガール★ナイト Vol.2の開催を、東日本大震災の復興支援につなげます。
私たちの大会はチャリティーを一つの核としておりますが、
今年はさらにそれを広げ、エントリー費の一部を被災地への義援金とする他、
チャリティ商品を企画し、その売り上げをすべて寄付いたします。


まだ余震も落ち着かない状況ではありますが、
安全な大会の開催を目指し、できる限りの努力と準備を重ねて行く所存です。


エントリーの詳細等については改めて
ホームページやツイッターにてお知らせいたしますので、
今しばらくお待ちくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。


一般社団法人ランガール
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
March 21, 2011

赤ちゃんの受け入れ

テーマ:東日本大震災
こんばんは
白滝です。

ランガールには、ママがたくさんいます。
ランガールナイトにも、ママランナー走る人がたくさんきてくださいました。

わたしは未婚で、子供もいませんが、兄が22歳、わたし20歳のとき、
ヤンキーの兄がバツをつけて、子供つれてかえってきました。

そのこは、なんとシラー1歳のおとこのこと。

赤ちゃんって、大変だなーと思うと同時に、あかちゃんって、なんてかわいいのドキドキ
と夢中になりました。

そのまま兄貴におしつけらるまま世話して、面倒みてきました。
大変で、くたくたになっちゃったけど
世話してくれる家族があって、仕事もあって、家もあって、
さらに、保育園、学校、ご近所の人など、社会にも大変おせわになりながら育ち
今、19歳、2浪決定あせる

去年のランガールナイトでは、掃除のお手伝いをしてましたDASH!

自分のことは、客観的にみれないのでわからないけれど、
甥っ子をみるたびに人って育っていくには、たくさんのたすけが必要なんだと感じています。


今回の震災でも、多くの小さな命が悲鳴をあげています。
ミルクがない、おむつがない、そんな報道をみるたびに、ぎゅって胸がしめつけられます。

人が育っていくために、大切な環境がすべて、
この震災で破壊されてしまいました。

特に、大勢の人がなくなった今、新しい命は当たり前だけど、大切にしたいですね。


そんな中、素敵な活動を見つけました目

以下のサイトは、かお赤ちゃんのいる家族、妊婦さんのいる家庭と、
そういった方々を受け入れたいと申しでている方をむすぶサイトです。

右矢印mama to mama ~被災地のママと受け入れママをつなぐサイト~

右矢印被災者 避難or疎開 受入れ情報


ご自身も赤ちゃんがいる家庭が多く、ベビー用品もあるからどうぞと、声をかけています。
赤ちゃんのいるご家族は、こういった所から、避難所を探してみるといいなぁと思ってます。


1日も早い復興をお祈りするとともに、自分にできること、常に模索して、
時間を無駄にしないようがんばります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /