トレーニング

テーマ:
先日親子トレッキングのことを書いたら2歳児を抱っこして歩いたことに驚きのコメントをいただきました。

たしかに、すでに15キロを超えている息子を抱っこして歩くのはかなりきついです。さらに山道を歩くなんて、普通に考えると・・・っ感じですよね。ははは。





でも、私の中で、これはちょっとしたトレーニングと思ってるんです。今はジムに通う時間もないし、楽しくできるトレーニングです!


ちなみにトレーニングしてるのには、私なりにちゃんと理由があります。


1つは何かの時に、自分以外の人も助けられるくらいの体力をつけておきたいという理由。ちょっとおおげさかもしれないですけど。何かあった時には最低でも「自分+子供」はなんとかしないといけないですしね!


8年前にネパールに行った時、山岳地帯で生活している人たちに出会いました。標高が富士山よりもかなり高いところに住んでいる人たち。当然ながら車なんて上がれない。日本の山小屋もそうだけど、必要な荷物は背負ってあげるしかない。ものすごい荷物を背負って軽々と山道を歩く人たちに驚いた。極端だけど、人間にはあのくらいできる能力が誰にでもあるのではないか?と、ネパール旅以降思うようになりました。何かの時には、常に文明の利器に頼れるわけではないし、彼らを見習って、体力をつけておかなきゃ!なんて思うのです。


もう1つは単純ですが、子供とたくさん遊ぶために体力をつけておきたいという理由。


これは、私が育った環境、母からの影響が大きいと思います。私が子供の頃、母親はよく、私たち兄弟を連れてサイクリング、ランニングをしていました。(ほんと運動系ばかりの母だった!)母は普通のママチャリ(当時は電動でもなくギアもない重たいママチャリ)に私を乗せて(当時はまだ自転車の二人乗りがそんなに規制されていなかったんですよね。)よく三浦半島をサイクリングしていました。もちろん今みたいにチャイルドシートみたいのもなかったので、後ろの荷台に座布団を敷いてそのまま乗せられてました。知っている人はわかると思いますが、三浦半島は結構な坂なんですよね。よくあんなことしてたなーと思います。



そんな親に育てられたから似ちゃったのか、私も大好きな自転車、ランニング、トレッキングは、子供がいるからと諦めたくないな、と、思っているのです。無理は良くないけど。今は子供が一人でできないから、抱っこするなりママチャリに乗せるなりで、できる範囲で楽しみたいな、と。


今日は天気も良いし、塩船観音寺に行ってから、霞川のウォーキングコース~岩倉温泉~黒沢~青梅コースをママチャリで。

電動だし、余裕ー、と思ってましたが、『坂、キツっ!』でした。よきトレーニングになりました!


小さい子がいて、自分が体を動かす時間が取れないけれど、なんとか工夫して、トレーニングしていきたいと思います!




今塩船観音寺はツツジが満開!

今日は例大祭で火渡りもしました。





サイクリング中もお花が綺麗。南国風な風景。

いい季節。