ファーストエイド講習会 | スーパーランバイク選手権

スーパーランバイク選手権

全国初となる固定会場、固定コースレイアウトで開催されるランバイクレース


テーマ:

先日モータースポーツのメッカ、岡山国際サーキットで毎年開催されている事故現場や傷病者への対応と応急手当の講習会にスーパーランバイク選手権のスタッフ3名で参加しました。

この講習会は、モータースポーツ・ライフセービング機構=LSO(MOTOR SPORT Life Saving Organization)によって開催されています。
レース中のみならず、観戦者や日常生活の中でも、突発的な事故現場に居合わせた際に、第一応答者になることが出来るように、丸一日を使って訓練していきます。
もちろん、ランバイクレースでも何が起こるかわかりませんし、その際に緊急対応できるスタッフが複数名いるということは頼もしい限りです。

スーパーランバイク選手権はサーキット場内で開催されることから、看護師や併催イベントによっては医師がサーキット場内にて待機してくれていますので、万が一の際には早急な救急救命対応も可能ですし、状況によっては救急車やドクターヘリによる病院搬送も可能です。
でも、突発的な事故現場は、イベント会場内で発生するのか?入場ゲートで発生するのか?わかりませんので、その際に最寄りに対応出来るスタッフを配置出来ることは主催者としても安心出来ます。
スーパーランバイク選手権も来年からシリーズ戦として多くのレースを開催予定です。様々な状況に対応出来るよう万全を期すのはもちろんですし、ご来場いただく皆様も万が一の事故等に遭遇した際にはスタッフにお声がけ頂ければ幸いです。




 

スーバーランバイク選手権さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス