「酵素 ファスティング」で検索すると、たくさんの酵素ドリンクが出てきます。

値段も安いものから、高いものまで様々です。

酵素ドリンクにも製法で種類があるって知ってました?

今はペーストで出しているCOACERの酵素ですが、実は最初の試作品は酵素ドリンクでした。

最終的にペーストで製品化したのには理由があります。

今日はファスティング用の酵素の種類を、なるべく公平な視点から書いてみますね。

{7D734910-DFC2-4CDC-97C5-9FC31D3A4039}



ファスティング用の酵素は大きく分けて3種類。上の表はそれをまとめたものです。
(ペーストは比較のために、ファスティング用ではない酵素原液を表に加えています。)

※名称はわかりやすいように私が付けたものなので、正式なものではないです。

A 酵素ジュースタイプ

手作り酵素ジュースと一緒の製法がで、野菜やフルーツに砂糖を加え、発酵させたものをろ過し、液体だけを抽出しています。
綺麗な澄んだ色をしています。

発酵期間が短いのが特徴で、熱に弱いので(酵素は48度以上で死にます)、製品化の際の殺菌で酵素は死んでいます。正確には発酵ドリンクといったほうが近いかも。
酵素が死んだといってもそれが悪いわけではなく、乳酸菌や酵素が死んでから働く菌もあります。


B 酵素原液ドリンクタイプ

Dの酵素原液タイプを果汁や水などで薄めて作っています。最初の試作品は実はこのタイプでした。当初薄めているとは知らなかったのですが、製造元の担当者がうっかり口を滑らせて作り方が発覚したという裏話も。
酵素ペーストを溶かしているため、黒っぽい色の液体です。

Bのタイプの中には特殊な製法で殺菌しなくても製品化に成功しているものもあり、生きたままの酵素が入っている製品もあります。

なぜこのドリンクタイプで製品化しなかったのかというと、
①瓶が高く、ごみになる。
②わざわざ工場で薄めるくらいなら、自分で薄めたほうが安く製品化できる

と考えたからでした。


C 酵素ペーストタイプ

たくさんの野菜や果物を3年以上の長期発酵させたもの。Dの酵素よりも水分量が多く、まるごと発酵したものを繊維ごとすり潰してペースト状にしています。
飲みやすい味や粘度に果汁やかんきつエキスで調整したものもあります。

COACERの酵素はこのタイプになります。
(6年物の酵素原液使用)


D 熟成酵素タイプ
熟成を重ね、水分を蒸発させています。年数が長いほど吸収に優れているといわれていますが、水分が少ないからと言って、熟成期間が長いとも限りません。
野草が多いので健康に役立つ反面、飲みにくいものも多く、水に溶けにくいため、ファスティングには適しません。





比較表では大手ファスティングメーカー、酵素メーカーの価格の比較も付けていますが、
各社でファスティングのやり方が違い、一食分の量も違えば、酵素だけでするところ、酵素以外のものも使うところもありますので、単純にこの値段でファスティングができるというわけではありません。



COACERの酵素は、キレイに痩せられるファスティングができるだけではなく、日々の健康維持のためにも使えるようにと、エラスチンを配合し、ドリンクと酵素原液のいいところをとったペーストタイプを、できる限り価格を抑えて作りました。
結果エラスチンが入ってるのに、他社メーカーより安い最高の酵素ができました。

先日この酵素を使ってファスティングをスタッフ全員でしましたが、飲みやすく、すごく楽にファスティングができました。痩せただけでなく、全身の肌もつるつるになりましたよ♪



{7008DA8F-9D73-4080-8B71-E8C0239A6D45}

エラスチン&酵素原液
とても美味しく評判です♡


AD