最近、男性からのお問い合わせも多いファスティング。
以前は私も講師としてセミナーをさせていただいていましたが、遠方の方も多いので、ファスティングについて詳しくブログにまとめたいと思います♪

長いくなるけど、この記事だけですべてがわかる!くらいにまとめるつもりです(≧∇≦)

{5783299C-2082-4A8D-B42B-10163DDD2918}


■ 生活習慣病

生活習慣病での死亡率がなんと60%
最近では、2人に1人ががんにかかると言われています。
実はわたし、今から20年前に、アメリカンファミリーの代理店に勤めていたことがありました。
その20年前のがんの罹患率は、4人に1人でした。

たった20年で、ここまでになったのは何故なのでしょう?


■ 食べすぎなのに、栄養失調な現代人

大昔、今ほどのカロリーを摂取しなくても、遠くまで歩いて移動をしていた時代がありました。
戦国時代など、干し米や味噌、梅干しなどの粗食で、重い甲冑を背負い戦った時代がありました。

そもそも私たちは、そんなにカロリーを摂らなくても、生きていけるのです。

メタボリックの原因は、栄養価の低い、高カロリーな食事だと言われています。
太っているけど栄養失調って辛いですね(T ^ T)


■ 添加物だらけの加工食品

コンビニやファストフードだけではありません。
スーパーで、添加物のない食品を探すのはとても大変です。
手軽さや便利さを求めてきたことにより、私たちの食生活に添加物はなくてはならないものになってしまいました。
加工してないように見える野菜も、農薬や化学肥料で生産されていて、もはや加工食品。
化学物質を避けては生きにくい世の中になりました。

口から摂取した添加物は、男性なら肝臓、女性なら子宮や乳房など、脂肪の多いところに蓄積されます。

出産はデトックス

あまり知られていないけど、流産経験がある女性はかなり多いです。
母体を守るために、女性は出産時に胎児や母乳で身体の中の悪いものをデトックスすると言われています。
母親が身体に蓄積した添加物などは、胎児や母乳で排出されるのです(T ^ T)
若い女性には、特に、出産がデトックスにならないように、添加物を避け、定期的なデトックスをオススメしたいです。

男性は、排出されることがほとんどないため、女性よりもがんの罹患率が高いのですね。
また、無精子症や精子の異常なども不妊の理由としてあげられています。

{487AD9F2-7177-48E1-974B-66D329206D17}
これらもすべて添加物や環境ホルモンが原因だと言われています。

添加物は避けては通れない時代

だからこそ、
定期的なデトックスが必要なのです。


■ 血液と腸内環境

すべての病気は血液の汚れから

{8A1C5EC3-91BD-43F4-BD4B-DD40C933BC8D}

血液が生命のもとである細胞を養っており、血液が汚れてしまいその質が悪くなれば、血液は全身を巡り全細胞に行き渡り、多大な影響をあたえてしまうのです。

血液の汚れの原因は
1.食べ物
2.運動不足
3.ストレス
4.外気汚染
5.水
6.薬

腸を綺麗にすると血液がサラサラになる?

骨髄で日々大量に作られる血液のために、様々な栄養素が必要となります。
食事で摂取する栄養素が、いいものであることはもちろん、消化吸収がきちんとされていることも大切なポイント!

でも…

ほとんどの現代人は、腸内環境がいいと言える人は少ないのでは?

{DDF6BA65-5B50-477E-88E3-F74C01BBCF41}


■ 腸内細菌と腸内環境


この写真は善玉菌優位の腸内細菌を撮影したものらしく、色とりどりで、まるでお花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内環境を悪化させるもの、よくするもの。
それは全て食事で変わります。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌という言葉を聞いたことがありますか?

① 善玉菌
ヒトの身体に有用な働きをする菌

② 悪玉菌
腸内の中を腐らせたり有害物質を作る菌

③ 日和見菌
善玉とも悪玉ともいえない菌で、その時に優勢な方に味方して作用する菌

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスで維持されていますが、逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、もっとひどいことには、有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になることもあります。 

バランスの悪い食事や、添加物、加工食品、動物性の脂肪類を多く摂ることで、悪玉菌が優位になります。

逆に、植物性の乳酸菌が多く含まれる発酵食品(プロバイオティクス)やそれをサポートする食品(プレバイオティクス)を多く摂ることで、善玉菌、腸内フローラを優位にさせることができます。

48度以下の生の食材に含まれる酵素も、善玉菌をサポートしてくれます。


日本古来から伝わる、味噌、醤油、漬物などの発酵食品は腸内環境を良くするものとして、改めて注目されていますが、市販のものは保存料をはじめとする添加物が多く含まれるので、逆に悪玉菌を増やす手伝いをしていることもあります。

できる限り手作りの、本物の発酵食品をとりたいものですね!

■ 体内酵素

悪玉菌を撃退してくれるのが、体内酵素。
食べ過ぎや、添加物などの摂りすぎで、体内酵素が無駄遣いされがちです。

そもそも体内酵素とは?

① 消化酵素
食べたものを身体に吸収しやすいように消化させるためのもの。この酵素の働きで分解された栄養素が、小腸で吸収され、身体の中のエネルギーになります。

② 代謝酵素
吸収された栄養素をエネルギーとして働かせるもの。運動、呼吸、脳の働き、老廃物の排泄、ウイルスの撃退などの免疫機能、新陳代謝など。
身体のあらゆる活動に代謝酵素が働いています。

食べ過ぎや添加物の摂りすぎで消化酵素が多く使われると、代謝酵素が応援にまわり、代謝が下がります。
また、病気などで代謝酵素を消費すると、消化の応援ができなくなり、消化が悪くなります。

これら体内酵素のバランスを整えることも、現代人の私たちにはとっても必要なことです。

■ ファスティングとは?

お待たせいたしました!ようやく本題です。

ファスティング=断食

Breakfast(朝食)という言葉は、みなさんご存知ですよね?
この言葉に含まれるFastこそ断食という意味。
Breakブレイク(破壊する) Fastファスト(断食) 
何も食べない状態を破ることが、Breakfastの語源なのです。

ファスティングは、食べないことで消化酵素を休ませ、代謝酵素を活性化させることと、体内からの添加物などのデトックスを行う二つの目的を持っています。
また、酵素を摂りながらのファスティングは、腸内環境を整え、善玉菌優位の腸にあっという間に戻してくれます。


ファスティング業界では有名なこちらの本。
私も、ファスティング後の健康診断は全く悪いところがなく、本当に健康になりました。


ファスティングは、細胞の入れ替えや再生をスムーズにし、溜まっていた毒素を排泄するのに最適な方法。
腸、血液、細胞の三位一体。
腸が汚れると血液が汚れ、細胞が汚れると病気になります。
ファスティングは、腸を休ませて綺麗にして、身体を病気になりにくい状態にしてくれます。


■ 我慢しないファスティング

断食というと、苦しいとか、意志の強さとかが必要だと思われがちですが、私たちが実践している酵素断食は、我慢とか根性とかとは無縁の誰にでも気軽に自宅でできる安全な方法です。

酵素ドリンクがここ数年で爆発的にヒットして、粗悪な添加物だらけのジュースも販売されています。
ファスティングの本当の目的は、デトックス。
ダイエットは、その副産物として実現するものなので、「食べないから痩せる」という安易なものとしては取り組んで欲しくありません。

まずは、安かろう悪かろうの精神で、商品を見極めてほしいものですが、最近では高いからと言っても良いものとは限らなくなってきているので、商品選びは難しいですよね。

{F53BE40F-3C08-44F8-9029-D4DD3487A019}

栄養価の高い、安心安全な原料を白砂糖を使わずに長い年月発酵させた、酵素原液を私たちは使用しています。
工場や、生産者と直接会ったり、気軽に質問や相談ができるのも、原料選びの大切なポイントにしてます。

また、腸内環境を改善すると同時に、血管や体内組織を修復させるエラスチンを配合することで、短期間でさらに健康で綺麗な身体を取り戻すことができます。


ファスティングをはじめてされる方には、Facebook、LINEなどのSNS、メールや電話などでしっかりサポートさせていただきますし、同じ時期にファスティングをされる方々とチームで取り組んでいきますので、不安なこともすぐに解消され、日々スッキリとしていく体調と、酵素だけでここまでやれるのか!?ということに、驚きと喜びがあると思います(≧∇≦)

楽ちんなのに、本当に達成感があるんですよね!


こちらのページのまとめ買いは、1週間ファスティング(準備期間から回復期まで)が実現できるセットになっています。

なぜ、1週間をオススメするのか?は、以下のページをご覧くださいね♡


さて、長くなりましたが、ファスティングのお話、いかがでしたでしょうか?

健康のためにも、美容のためにも、
ぜひ、ファスティングに一度はチャレンジしてみてくださいね!