鈴鹿県境稜線軌跡。 | 歩いて走って登って、毎日ビール(・・・日本酒も)。

歩いて走って登って、毎日ビール(・・・日本酒も)。

体を動かすのは好きなのです。
体を動かした日でも。
動かさない日でも。
・・・ついつい今日もまたビール!
・・・いや最近は日本酒にはまり中・・・。


テーマ:

なんとなく梅雨に入ると鈴鹿のお山もひと段落な気分になってしまうのです。

①、雨。

②、ヒル。

③、蒸暑い。

④、花があんましない。

⑤、景色はぼんやり。

根性なしなのです。

今年はさらに⑥、御在所ロープウェイとアゼリア周辺お休みもあるかも~。

 

今日も雨だし。

何となく今まで鈴鹿にお邪魔し始めて何処歩いたのか調べてみた。

GPSログをさらえるとこんな感じでした。

八風峠からずーっと下ってるのはGPS切り忘れですが。

三池岳~鎌ヶ岳間は踏破~!

 

結構歩いたつもりの鈴鹿県境稜線、思ったより歩けてなくてしかも途切れ途切れで笑。

御池岳カタクリ峠から藤原岳頭陀ヶ平の残り区間はまあ割に簡単に歩けそう。

三池岳竜ヶ岳間もなんとかなるか~。

御池岳鞍掛峠から三国岳、烏帽子岳間は人少なそうでやや不安。

竜ヶ岳藤原岳間はちょっと大変そうな。

鎌ヶ岳の先の宮指路岳仙ヶ岳あたりは全く知らない山域だし、

途中には難関そうなあの鎌尾根のギザギザ稜線もあるなー。

 

そして三重県側認定な鈴鹿セブンマウンテンはクリアしたけど、滋賀県側認定の鈴鹿10座はまだ四つも残ってて。

イブネはまだしも、銚子ヶ口、日本コバ、天狗堂は地理的イメージすらつかめないし。

鈴鹿のお山はまだまだ長く遊ばせてくれそうです。

 

さてさて雨だしあじさいでも見に来ますか~。

 

 

 

 

 

ビール党さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス