子宮内膜症をちゃんと考えよう! | しあわせな不妊治療をあなたに ~ for You

子宮内膜症をちゃんと考えよう!

菊の節句です ガーベラ


またの名は重陽の節句

陰陽の概念が生まれた中国では
奇数は「陽」の数とされています。

その陽数の極の9が2つ重なるため
「重陽」と言うのです。

とってもおめでたいクラッカー
とされていますよ。

ただ、極めると陰に転じるため
邪気払いもしなくちゃ、とされてます。

そして菊の季節なので
菊の花びらを杯に浮かべた菊酒で
お祝いしたそうです。

9月9日、風流な節句ですね祭


夜は早く日が暮れるようになり
虫の声も大きくなりました。

秋といえばお月見ですが、
今月は14日、今週の土曜日が満月満月

その前日13日が中秋の名月です。

晴れるといいですね音譜

お月見ができますようにニコニコ





さて、今日は子宮内膜症
についてお話しします。



きっとベビ待ちさんなら子宮内膜症や
チョコレート嚢胞のことはご存知のはず。

でもまだ一般的には女性のあいだでもよくは知られてないのです。

生理痛がひどい人はたくさんいるのに我慢するしかないとか
薬を飲んでやり過ごすという方が多いですよねえーん


内膜症が原因で卵管が詰まってしまったり
卵巣のチョコレート嚢胞が破裂してしまったり
ひどい貧血になってしまったり


すべて不妊の原因になることなのに
まだ妊娠を考えていなかった若い頃は治療どころか我慢するしかないと思い込んでいたのです爆弾

内膜症は突然発症するのではなく、
若い頃から始まって血液成分が貯留していくので加齢とともに症状がひどくなっていくのですね。


この病気をもっと早い段階で知って適切に対応していくことが解決につながるため、中学や高校の教育過程で丁寧に教えないといけないと思います。

将来の不妊につながることも重大ですが、なによりも重い生理痛を我慢しないビックリマーク
ということが大事だと思いますひらめき電球


これほど多くの女性が悩まされている病気なのに、原因がわからないままです。

それでまた対処しにくくなってしまうのかなという気もします。

たくさんの患者さんを診てきましたが、東洋医学的な診断も交えて、考えていることを書きました。

こちらをご覧くださいね下矢印

 ⇒ https://rumishinkyuu.com/page/faq/cat4/314.php
  「子宮内膜症かもしれない?」

 

 

 

スマホスマホ、携帯の方も見やすいですよハート

  ベル 当院のホームページですNEW     

おNEW! リニューアルしましたよ おNEW!

 ぜひご覧になってくださいね目      

こちらです ⇒ ホームページ

キラキラ子宮内膜症でお悩みの方、ぜひご相談ください♪

 

NEWSFacebookページですfacebook  

   ⇒ 鍼灸サロン for You

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療相談・支援(業者)へ