いじめを軽視する学校③ | 観葉植物好きのブログ

観葉植物好きのブログ

私に関わる全ての事を日記として吐き出します。
そして、同じように悩む方々のお力に少しでもなれたらと思います。

おはようございます。

前回の続きを書かせていただきます。

娘が部活顧問に自分にいじめ行為をする
女子生徒に指導して欲しいと伝え、当日
呼び出し、部活顧問2人で話をしたそう
です。

私に電話連絡があり、報告がありました
が、話は真面目に聞いていた。

名指しで話をしたので、重く受け止めて
いた雰囲気ではあった。

指導はしたが、話だからと言って直ぐに
何がが変わるか、と言われたら直ぐには
変わらないと思う。

友達との距離感をつかむのが、下手な子
だから、相手に嫌な思いさせても理解で
きない子なんだと思う。

との事でした。

だから?と私は思った。

人との距離感をつかむのが苦手で相手の
気持ちをくみとることが理解出来なかっ
たら、いじめ行為をしてしまっても仕方
ないのか?

学校側は保護者に対して気を使いすぎで
はないかと思う。

モンスターペアレントが怖いのか、わか
らないけど、間違った事を何故正せない
のだろう。

言葉のいじめで不登校になってしまう子
壮絶ないじめによって自死を選択してし
まう子、沢山心痛くなるニュースを見て
どうして徹底的に一貫性を持ち指導して
いけないのだろうか、と不思議でたまら
ない。

娘が通う学校は家庭と学校で連絡を取り
合い、連携して、と言うが、それはウチ
だけではなく、相手の家庭とも連絡を取
って連携し、子供に指導していけばいい
のでは?と思うのですが。

不信感が募ります。

指導をしていただいてからは娘が思い悩
むような行為はないようですが、逆に、
ベタベタしてきたり、馴れ馴れしい態度
に変わって気持ち悪い。嫌だ。と娘は言
ってました。

このまま落ち着いてくれたらと思う反面
人間はそう簡単には変わらないのは経験
上、よーくわかっているので、何があっ
てもいいように構えときます。

#いじめ
#加害者