リアル犬猫活動「ボルゾイ犬の続き❗「Twitter情報」」 | 埼玉県朝霞市NPO法人にゃいるどはーとブログ

埼玉県朝霞市NPO法人にゃいるどはーとブログ

埼玉県朝霞市を拠点にて特定非営利活動法人にゃいるどはーとのブログです。
猫ハウスには保護猫が沢山います。
吉見町では犬たちの現場にて奮闘中

にゃいるどはーとの東江です




Twitter情報にてたどり着け昨日からボルゾイ犬の件ににゃいるどはーとは関与致しました

日中に医療を含めお話しにいき
夜に戸田市にありますあーぽっく動物病院の青木獣医と往診20時に再度訪問の約束にて
動きました。
往診をして検査日時を調整
検査結果によって
入院が必要ならば入院
通いならば通い 
2頭に真っ先に医療と考え
一旦私共に2頭を預けて頂き
医療処置をまずは施す段取りを決めるための往診の形です。

夜向かってる途中に家主さんから電話がきました。マスコミが来ていますと、、、
時間は19時、、
マスコミ対応は考えていなかったですが
来ちゃったならばしょうがない

とにかく向かうからと、、

家主さんも私と相談しながらと
マスコミを待たせて居ました。

20時、
情報番組でした。

撮影許可するかいなかは正直マスコミは早いかと思いましたが、家主さんと相談を重ね
現段階の状況をきちんとお伝え頂けるならばと
往診の様子を含め撮影許可を決断しました

今日放送されるかいなかはわからないので
番組名は伏せさせて頂きます。

私も家主さんも互いの立場での思いがありますが、、昨日もお伝えしたとおり
真摯に受け止め改善をするため行動をおこしております家主さんを攻めるだんかいではなく
これからを見守って欲しいと切に願います。

その裏付けとなればありがたいです
一昨日までは確かに酷い状況でした

では今日は? 
これからは?

改心していると信じて見守るのもひとつです

保護して終わり、それだけが解決策ではないです
保護せざるおえないケースもあります。
1頭は保護する、もう1頭に100パーセントの愛情を引き続き注いでもらう。
環境整えるだけでは解決には迎えない
優先順位もあります。
犬を見れば医療が正しく優先順位です

遠回しに伝えても伝わらないから

犬は飼い主が1番好きなのは間違いなく
飼い主も犬に愛情はあります
ただ様々な生活環境や人生には様々な事があります
この五年は愛情をかけてあげれなかったのは事実。皆様が動画にてTwitterに拡散された画像をみて酷いと思うのは当然で何を言われても仕方ないと飼い主は反省の心をお持ちです。

信じられないと思うならば
先ずはこれからをお見守り頂けませんか?

犬の状態は緊急性はありません
ただ検査をしっかりやらねばなりません
心配してくださっています医療は私共が
青木獣医さんご協力の元 
近々にやらせて頂きます
それもブログでご報告致します。

犬や猫の後ろには必ず人が居ます
そして生活もあります
犬や猫だけをみただけで様々な推測が
進行してしまうのは危険です
それは犬猫だけではなく人も巻き込まれていき
危険、、生活を脅かす、、人生すら狂わす
大変危険な事です。

事実をしっかり発信します
飼い主さんの擁護ととらえられても構いません
ご家族様を追い込む形は避けたいです
私共はあくまでも添いながら善き方向へ
皆が円満になる解決を模索しながら動いています。
言いたい事、言葉だけならいくらでも並べれます。

だが事実とこれから向かう方向は否定せずに見守り頂きたいと願います。

放送されたらどうなるか
わからないです
今の現状を家主さんと共に
精一杯お伝えはしました。

王子くん11才から12才雄去勢なし


ロイ君11才~12才雄去勢なし

昼間の病院の段取り会話中です🔻

王子くん、、目の回りが酷く見えますが
この子が動画の子です


改善へ向かっています
犬たちが善き方向へ 
ご家族も善き方向へ

まるっと皆がハッピーになる方向へ

どうか暖かい目でお見守りください

「共感は力なり」

追伸
日中に保健所と新座警察が立ち入りに入りました。現在行政側に「NPO法人にゃいるどはーと」関与中は伝達されております。