リアル猫活動「悲惨、、これが多頭飼い崩壊の現実❗❗後編」 | 埼玉県朝霞市NPO法人にゃいるどはーとブログ

埼玉県朝霞市NPO法人にゃいるどはーとブログ

埼玉県朝霞市を拠点にて特定非営利活動法人にゃいるどはーとのブログです。
猫ハウスには保護猫が沢山います。
吉見町では犬たちの現場にて奮闘中


テーマ:
犬猫カレンダー 

おかにゃんは
体重計に乗らないほうが良いって~~ガーン

にゃいるどはーと保護猫ファミリー

にゃいるどはーとの東江です
先出ブログの続きを書きますね

動いている、、
首はもぎ取られてても
手足は動いている

とっさに母犬のもとに赤ちゃん子犬を
私は置きました

すると母犬は、、
手足を動かす首のない我が子の
お腹を舐めています

優しく舐めてるんです

私はそれをみて
涙が出てきました

今も書きながら涙が出ます

1番悲惨を目にしてしまいました

おかあちゃんに聞きました
私が発した言葉は怒りと無念の声です
「何で❗❗何で❗❗
首がないのに手足は動いてるの?」

平然と答えるおかあちゃん
「心臓がまだ動いてるからね」

言葉が見つからない

何度も、何度も、何度も、何度も
このような場面を目にしたのだろうか?
日常茶飯時で起きていたにちがいない

母犬は心臓が止まるまで
1分だったか2分だか
私は時間感覚さえわからない

首のない我が子を舐め続ける母犬、、

やがて赤ちゃん子犬は動かなくなった

最後に母犬が優しく舐めてくれたのは
赤ちゃん子犬はきっとわからないが
目の前には人の姿をしているがこの母犬のような愛情のカケラモない人間はいるのです。

動かなくなった赤ちゃん子犬をタオルで包みました、、
段ボールを持ってきてもらい
生き残った兄弟3頭とこの子をいれました

母犬は、、興奮しはじめました
赤ちゃん子犬を取り上げたと思ったのでしょう

直ぐ様育児ルーム「離れに移動する為」に
子犬赤ちゃんを段ボールに入れました

今や現場で最も安全な場所が育児ルームです

興奮している母犬におやつをやり
回りの興奮した犬たちへもおやつをやり
少しだが、、犬たちも平常になりました

そして私はこたつの下を探しました
赤ちゃん子犬の頭を探しました
見つからない
頭が見つからない

もげた箇所は綺麗に切り取ったようだ、、
首に牙をいれてそして
頭は丸飲み、、、

このような残酷な現実を
私は見てしまいました

赤ちゃん子犬をやった犬が悪いんではない
この家中の環境、衛生、があまりにも酷い
こんな場所にギューギューに押し込まれては
「ストレス」しかありません。

私でさえマスク無しで10分居るのがやっと❗❗
匂いに耐える苦痛は半端ない
ブログでは全く伝えられない、、

家中より外に繋がれている犬たちが
まだまだよっぽど増しなんです

左のケージへ母犬と生き残った3頭は居ます
ひとまず安全な場所に移動して、、

母犬🔻

ご飯を食べた母犬は3頭に乳をあげながら寝ました、、安心した顔で❗

首がない赤ちゃん子犬を犬たちがいない敷地で
Tと穴を掘りました。


ブログに画像あげるか迷いました
でも現実としてしっかり受け止めたい読者様もおられるはずです。ブログの最後にモノクロに加工した画像を載せます。
次回7月7日の私共セミナーにてこの現実をお伝えします。今までこの子以外にどれだけの犠牲があったのか?
多頭は10年前から既に始まってます
私は最後の犠牲はこの子、、
最後にしたい、、、

この現場が100頭になっても構わない❗
このような犠牲がないならば
今回で最後ならば❗❗
例え
1000頭になったって構わない❗
もう、、犠牲はいらない

赤ちゃん子犬は身をもって今までの犠牲を
私共に事実として教えるべく犠牲となりました

この目で見ました。脳裏に焼き付いてます
多頭飼い飼育崩壊を野放しには出来ない

はじめて同行したTが言いました
家主はきちがいだと。。

そう、人の姿をしたきちがいはまだまだ
沢山居ます

だけど現場は
家主に問いただす事や
責め立てても何の意味もありません。
それをすれば「救えなくなります」
沢山の様々な案件がありますが
着手している方々は「我慢」しかないと 
思います。

救った後にいくらでも言いたい事は言えますからね。

ひとつわかったのは、、家主さんといくら
連携がとれても
やはり相手は普通ではないのは確かです。
それをより自身の肝に命じてより慎重に接して行かねばならないこと。。相手がわかったと理解したんだとけして信じてはいけないこと。。
家主さんが私に首無し赤ちゃん子犬を埋めておくと言いました

私は断りました
埋める筈がないと感じたからです。

早く家中のストレスが限界を越えている
40頭あまりの犬たちから離れに快適な場所を作り
移動をさせねばなりません。

それを
今回の出来事にて非常に強く思います。 

5月19日の雄犬10頭去勢手術すれば
繁殖ストップにはなります
19日はしっかり着手しなきゃなりません。

犬の多頭飼い飼育崩壊現場は 
修羅場、、生半可な精神では良き方向へは
導けません。

辛い現実にしっかり両目を見開き
沢山の犬たちを引っ張って良き方向へ導く姿を
飼い主は手も口も出せずただただそれを見ているだけで良いのです。

読者の皆様には私共から事実を伝える為に
ブログを書き続けます。
読んで感じる事を、、

それを大切になさってください。

注意
🔵ブログ最後下にモノクロ加工した画像1枚あります。自己責任にてご覧ください🔵

「共感は力なり」

繁殖ストップ基金を立ち上げ
全71頭「+3頭」
全74頭の現場となりました
うち11頭は赤ちゃん子犬です
の避妊去勢手術と共にその他医療等を施す為の基金となります。
現在🔻
「その他医療含む「避妊手術2頭、雄犬11頭
マイクロチップも済み。
ワクチンは63頭に摂取済み」


🔵医療費ご支援頂く方々は通帳確認し
金額含めて
ブログにてご報告致します🔵
🔵基金一部から医療費用として既に使わせて頂いています🔵

ご支援金のパワー🔻
口座名義共通名義
「特定非営利活動法人にゃいるどはーと」
郵便局
記号10360 番号77440551
ゆうちょ
店番 038「ゼロサンハチ」
番号 7744055
郵便局振替「窓口」
00170―5―603541
埼玉縣信用金庫
支店名 朝霞支店
普通預金
口座番号 6116348

どうか皆様のご支援パワーを
宜しくお願い致します❗

🔵ご支援物資のパワー🔻

最低でも120キロが1週間の餌として多頭飼い崩壊現場の犬たちは消費します。
どうか物資の方のご支援パワーも引き続き宜しくお願いします

🔴来週5月16日木曜日は多頭飼い崩壊現場へ犬たちの餌を運びます🔴

にゃいるどはーと猫ハウスには沢山の保護っ子がいます
そして医療を施している
ムサシ君と負傷猫ポンちゃんも居ます❗

現在
保護っ子「猫」
ウエットフードSOS」です。

物資はクリック🔻🔻🔻



5月19日はふれあい里親会開催
毎月第1第3日曜は12時よりふれあい里親会を開催しています。
是非❗❗にゃいるどはーとの保護っ子たちに
逢いにきてください。

🔵お待ちしてますね🎵🔵






必ず自己責任でご覧ください🔻




















東江ルミ子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ