こんにちは。

さんぽ(産業保健)、さんぽ(日常散歩)にほめ達!

miruyumeです。


今月は数回、健康講話を集中して行う月です。

      今年のテーマは「禁煙」🚭

健康のテーマの中で、一番燃える(煙だけに?😊)テーマ、しかし一番会場のリアクションが薄いテーマです。


準備段階から、2年前の光景が思い浮かび、ため息がでていました。なぜかというと、、、

タバコたばこと話すので、終わる頃には皆さんニコチン欲しくなり、こぞって喫煙コーナーへゾロゾロ…(-。-;

少々ショッキングな体験でした😊


ある意味、仕方ないのです。

聞きに行けよーと職場から出された、禁煙する気では来ていないスモーカー達🚬

今や喫煙は、ニコチン依存という疾患なので、ちょっとやそっとではたばこをやめられない方々に話をする。


ほめ達の話のように、途中から参加者の「背中がはがれる」ような瞬間を得るのは、非常に難しいのです。


しかし、ほめ達をお伝えするのと負けないくらいの想いはあります。

心の底から、ニコチン束縛から解放されて、心も体も健康な状態で仕事をしていただきたい。

その一心でお伝えしました。


そして、2年前の体験をネタにして笑っていただき、「今日は喫煙所に寄らずに作業に戻ってくださいよぉ〜、その一回をまずがまん出来たら、自分をほめましょう〜!」

と伝えたら、帰りの喫煙所の人はまばらでした✨心根はいい方たちばかりです。


今年はこちらの本もご紹介。

もちろんタバコの害や受動喫煙、加熱式たばこも有害というきびしい話もしますが、

禁煙は苦しいことでなく、脳がニコチンから解放され、自由になれることへのワクワクを持ってする。そんな切り替えのできる本です。

タバコへの誤った認識を、1人1人が変えられるような、そんな講話を目指して、この後も頑張ります!


ロングセラーの『禁煙セラピー』こちらは、イラスト版で楽しく読み進めます。


こちらも参考になります『あいうえお卒煙』



NPO京都禁煙推進研究会のホームページより拝借いたしました。

こちらも、参考資料におすすめです。

『日本肺癌学会 禁煙のススメ』
自分と大切な方を、タバコと受動喫煙から守りたいですね。