画像の透過 | Blenderでドリトス3D

画像の透過

テクスチャで透明部分と不透明部分を設定する。

Blenderでドリトス3D-れんだ
(メモリの線以外の部分が透明になっている)

ここで使用するのはPNG画像、すでに32bpp(ARGB)で製作して透明部分の情報を持っている。
これをポリゴンに貼り付けるときマテリアル設定でアルファ値を0にし、スペキュラも0にする。

Blenderでドリトス3D-マテリアルパネル

テクスチャ貼り付け作業を通常に行いTEXTURE-imageのplemultiplyにチェックを入れると
PNGのアルファ値が透過データとして読み込まれる。
(この段階ではあくまで画像に対して透過が適用された状態)

Blenderでドリトス3D-pre

influenceでアルファにチェックを入れると完了。バーの値をいじる必要はない。

Blenderでドリトス3D-alpha