「安さ」へのこだわり | こどもと家族の記念写真。神戸の公園撮影会、ルカフォト

こどもと家族の記念写真。神戸の公園撮影会、ルカフォト

神戸の公園で、こどもと家族の記念撮影をします。スタジオでは泣いてしまう人、緑の中で撮りたい人は必見!


テーマ:
年の数だけ、写真と過ごしてきました。
いいことも、よくないことも。
二世カメラマン、みやがわよしえ。
 
「低価格」を守った、父のスタジオ
 

「かぞくしゃしん」の相場はいくらだろう。

 

よそさまのスタジオのことは、よくわからない。

豪華な衣装や、数時間も貸切のスタジオをみると、

「あぁ、高いのかなぁ」と想像してしまう。

 

我が家の生活費で、レジャーに回せるお金はそんなにない。

ドレスとメイクアップで娘にお姫様をさせてあげたいけど、

予想外の出費は、主婦としてイタイ。

 

↑ドレスサンプルの撮影依頼をうけて、仲間のカメラマンさんに行ってもらったときの写真。

 

 

 

 

こども撮影

 

スタジオをやっていた父が、ずっと値上げをしなかった商品がある。
 
大きいプリントの高級レザー台紙セットが、父のスタジオの売れ筋だった。
単価も高く、利益も大きい。
休日は父のスタジオに駆り出されていて、私は、これを販売するのが得意だった。
 
片隅にある、少し小さいサイズの紙台紙は単価が安く、
しかもレザー台紙より原価が高いことを知っていたので、
 
私は率先して売らなかったし、
大半のお客様は高い商品を買った。
 
ある日、展示スペースを改めながら、父に提案した。
「紙台紙降ろして、豪華なの飾ろうか?」
 
そしたら父は、たった一言、
「それしか買えない人もいるんだぞ」と言った。
 
 
写真のことは、父からあまり教わってない。
撮影に駆り出されるわりには、私の写真は、よくボツになった。
 
でも、とても大事なことを教えてもらった。
「利益だけを求めるな」
 


経験を積むにつれて、作家の金額は上がっていく。
 
でも、父が大切にしてきたことを、守りたい。
誰のための、かぞく写真か。
 
 
 
愛情にあふれた写真を残すのに、
ドレスも、数時間スタジオを貸しきることも、そのための高額な対価も、必ずしも必要なものじゃない。
 
 
あったかい家族写真を残したいと思う人は、
ドレス写真館に通える人数より、はるかに多いと思う。
 
 
父の方針は、私の中で、軸になっている。
 
http://www.rukaphoto.com/

■この写真を撮った人■
ルカフォト・宮川よしえ
写真館の家庭で育つ。結婚式場の写真スタジオで修業ののち、フリーカメラマンへ。自身の子育てをきっかけに、屋外でファミリーの遊ぶ姿を撮る、ルカフォトを立ち上げる。ファミリー撮影の他、ブライダル、舞台、スクール、WEB用の撮影など。現在二児の母

ホームページhttp://www.rukaphoto.com/

 

こどもと家族の記念写真。神戸の公園撮影会、ルカフォトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス