詩人 瑠冠 Official Blog prologue~comma~詩と詩集のブログ 電子書籍・ツイッター・歌詞・五行詩

詩人 瑠冠 Official Blog prologue~comma~詩と詩集のブログ 電子書籍・ツイッター・歌詞・五行詩

詩を綴っています。
詩を日々更新中。詩、三行詩、五行詩、歌詞などなど。
電子書籍で著作の公開も。
電子書籍 無料 公開中。
ツイッターもやってます。
ごゆっくり。

数あるブログの中から


このブログにどうぞお越し下さいました^^



よろしければポチポチ応援よろしくお願いしますブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
瑠冠の【電子書籍】→ 【kobo】   【ブクログのパブー】

詩人 瑠冠 Official Website「OVERTUNE」


↓公式HP
別館 OVERTUNEへ
綴った詩を載せています。(無断転載禁止)
Copyrightⓒ 2009-2017 瑠冠. All rights reserved.

(ここに載せている詩作すべてに関して)


近年の詩はこちら→【カテゴリ:詩-word-】

(旧)詩はこちら→【カテゴリ:詩】

五行詩はこちら→【カテゴリ:五行詩】

三行詩はこちら→【カテゴリ:三行詩】

日記のみはこちら→『日記』
拍手御礼はこちら→『拍手御礼』

あなたの心に触れる一言がありますように。




電子書籍はkoboブクログのパブーにて公開中。

----------------------------------------


【Biography】

2010年2月3日 FM NORTH WAVE(北海道)

「SMILE MARCHE(スマイルマルシェ)」内にて
私の書いた詩「colored pencil」が朗読されました。



2011年6月 書籍「3.11心に残る140字の物語」に
ruka00のハンドルネームにて参加しました。

現在インターネット(ブログ、ツイッター、ホームページ)を
中心にした詩人活動中。

----------------------------------------


有料電子書籍

「Sence of wonder」
Sence of wonder
詩を21編収録。うち5編が書き下ろし。
価格:500円
koboでの購入はこちらからどうぞ。
-----------

無料電子書籍

「Blossom~花と咲かせて~」

Blossom~花と咲かせて~
詩を25編収録。うち3編が書き下ろし。
著者撮影の写真も8枚収録。
価格:無料
Requiem~comma~
$prologue~comma~詩と詩集のブログ 歌詞・三行詩・電子書籍・ツイッター-requiem
Prelude~shine~
prologue~comma~-prelude

「Real heart」
$prologue~comma~詩と詩集のブログ 歌詞・三行詩・電子書籍・ツイッター


全て書き下ろしの詩&写真付き詩集。
詩7編・写真7枚を収録。
価格:無料
2011.5.12公開。
--------

↓無料で詩集をダウンロードできます。kobo対応。


「double-edge」
PDF版ダウンロード(無料)
$prologue~comma~
時に言葉は諸刃の剣。
それがどうか希望の力へと傾くようにと。
そんな思いを込めて。
全12編(その内一編は未公開詩)。
140Words twnovel ~LOVE&HOPE~
140Words twnovel ~LOVE&HOPE~
Twitter小説集電子書籍。ツイッターノベル100作品収録。


ちょっとした読書にどうぞ。
無料で閲覧&ダウンロードできます。
2011.6.25公開。

------------



眩い光に手をかざし
不意に浮かんだ微笑み

瞳に透ける朝日は
なお美しく
この世界に降り立つ

時は遂に来た
駆け抜ける風は
全て君に味方する

心の奥底から
尽きぬ力を感じながら
一歩一歩を踏みしめてゆけ




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

管理人のザ・インタビューズpage

人気ブログランキングへ



拍手掲載詩は現在5種類。拍手のお返事は日記にて。

↑押していただけると励みになります





テーマ:

 

 

忘れない

 

その事に

強要も強制も

何もない

 

ただ忘れたくない者が

忘れないと誓うだけ

それだけなんだ

 

忘れたくない者だけが

忘れなければ

それでいい

それ以上でもそれ以下でもなく

静かにその事実だけが流れていく

 

あなたの事を思い出す時

時間とは

どんなに長い歳月をかけても

無力だと知る

 

忘れないという自由を

今日も守ろう

一生抱えて

生きていきたいんだもの

それが一番

真っ直ぐ生きられるんだもの

僕らは

 

誰の意見も

聞かなくていいよ

心の中は

自分で決めていい

数少ない場所なんだから

 

記憶よりも深い場所

生命で僕らは忘れない

たとえ記憶を失っても

魂に刻まれたものは

忘却に飲み込まれない

 

いつでも心の中にいること

言葉にしなくても

寄り添うだけで僕ら

知っているから

 

忘れないという選択が

全面的に

許される時が来ているなら

色んな声を軽くいなして

自分だけの感覚を

手放さないままでいい

手放さないままでいるさ

 

あえて言葉にしなくとも

そういうことさ

 

 

 

 

 

 


テーマ:

心の鬼が

顔をもたげる

そんな事を言ったら

おまえは

どんな顔をする


それはまるで

綺麗な鏡の前

みたいなもので

善と悪

このどちらにも転びそうな

焔を俺は

今になって恐れては

目を逸らしている


刃はいつも

自分にだけ向くものだと

そう思ってきた

それが今

鏡を通して

おまえを向いているような

そんな気がして


自分を痛めつけても

自分だけが痛いと

思ってきたのに

そうではないと

知る事が今

震えるほど怖い

俺は一体

どうすればいい


地獄を知るかどうかなんて

表層の言葉なんかで

判断できるはずもない


気丈さが本物な事なんて

万にひとつのものくらい

分かっていたはずなのに

まだ俺は

疑う


分からぬ事しか

なくたっていい

声は届いている

おまえの声は

届いている

いつだって


その事実がいつか

俯ける日に

光になるようにと

俺は

それだけを

強く

強く

祈った





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス